食糞防止にパイナップル?!


 どの犬種にも食糞する子っていると思いますが、我が家にもそんな困ったちゃんがいます、それも親子で遺伝なのか、親の背中を見てそのように育ったのかは分かりませんがこの二匹だけが食糞大好き、チョッとした隙を逃さず食べ、舌舐めずりしています。

 食糞に関しては色々な説があるようですが(血統的なもの、環境によるもの、はたまたイヌ科としての習性とか)、止めてくれるに越したことはない。我が家の場合は本人は自業自得というものの、食糞すると便はゆるくなるわ、ひどい時にはもどすわで目にも鼻にも悪い。何とかならないものかと昔からよく聞く、DETER(今は8in1/エイトインワンというらしい)を試してみましたが、うちの子にはサッパリ効果なし
 
 困ったものだと思っていたら、たまたまブリーダーさん達の間でその話題が出てきて、「パイナップル(ボストンならテーブルスプーン一杯くらいの刻んだパイナップルを餌に混ぜる)が効くわよ」と。缶詰しかダメと言う人もいれば、生しかダメって言う人、はたまた両方共効くと言う人もいて、ようはパイナップルをやってみれば良いのねということで試してみることにしました。飼っている全ての犬にやらなくてはなりませんが、人が食べるものだし、お財布にも缶詰ならサプリをやるより優しいですものね。わんちゃんによってはパイナップル自体を食べてくれない子もいるようですし、まだ効果のほどはわかりませんが・・・試してみて効いたわという方がいらしたら教えて下さいね。

s351H2858_convert_20120530125225.jpg
ヤンチまん、女の子のお尻を嗅ぐのを止めましょう。

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers HP

スポンサーサイト

ストさんに会いにロスへ


 ヒューストンからソルトレイクを経由してロスへ一年ぶりのストさんとの再会です。

 ストさんとの一年ぶりの再会はとても楽しみでしたが、今回それ以上に楽しみだったのがストさんの初めてのパピー達。一体どんな子達なんだろうとワクワク良い子達だと良いな~
 
 ショウドッグってどんなにリングで輝いていても、どんなに華々しい経歴を築こうが、一旦引退したらすぐに「過去の犬」となって人々の記憶から忘れ去られてしまいます。でもそれはタイトルやランキングの「勝ち負け」だけに拘った場合で、ドッグショウの本来の目的であるその犬がいかにスタンダードに近く、また次世代に繋げる資質を持っているかを審査するという観点からみたら、ショウドッグとしての真価が問われるのは次世代を生み出すようになってからです本犬自体も素晴らしく、また子孫に沢山のチャンピオンを作出した犬が高い評価を受け、長く人々の記憶の中に生き続けるのですから
 話がずれてしまいましたが、そんな理由もあって今回のストさんの子供達を見るのが本当に楽しみでした

 で、こちらがストさんの初パピー達。もう見た瞬間

CIMG4269_convert_20120526013952.jpg

Striker+girl_convert_20120526014144.jpg

CIMG4272_convert_20120526014312.jpg

この中から未来のチャンピオンが生まれてくれると良いな・・・その前に一匹、欲しい~~~

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers HP 

  

ドッグガーデン・スパニエルにてBBQ & 誕生会


 ロスの日記の前に先日の日曜日の出来ごとを書きたいと思います。

Garden+Spaniel_convert_20120524114806.jpg

 いつも素晴らしいArashiさんのドッグガーデンで、お世話になっているハンドラーのMitsukoさんがコッカー・ファンシャーの皆さんとBBQを楽しまれるという催しにお誘い頂いたので参加させて頂きました。

CIMG4281_convert_20120524115221.jpg
いつもながら手入れの行きとどいた芝や奇麗なお花に囲まれて犬達も大喜び

s351H3560_convert_20120524115818.jpg
走り回ったり・・・

s351H2999_convert_20120524120150.jpg
飛んだり・・・

sR0016980_convert_20120524120405.jpg
のんびりと傍観したり・・・笑 思い思いに楽しいひと時を過ごしました。

 そしてこの日は同月にお誕生日を迎える子が三匹ということでケーキでお祝い

CIMG4306_convert_20120524120929.jpg
Chieちゃん、美味しいケーキの手配を有難うございました

398840_291631210929257_100002471404837_605619_1199103869_n+-+繧ウ繝斐・_convert_20120524121953
お祝いして頂いたのは左からトレソン君(14歳)、スヨンちゃん(8歳)、そして我が家のヤンチ(3歳)

Happy Birthday to Treyson, Suyon and Yankee いつまでも元気でいてね

皆様、素敵なひと時を有難うございました

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers HP

ヒューストン(ナショナルウィーク) 最終日2


 ナショナル展に出かける楽しみはお友達や沢山のボストンに会うこともさりながら、なんといってもボストングッズshopping!! おかげでお財布は軽~く薄くなりますがそんなことは無視(笑)

 今年の私の最大の目玉はこちら
CIMG4102_convert_20120523182403.jpg
 今アメリカでキャンペーン中のMatt(今年のウェストミンスターのBOB犬)のオーナーでありハンドラーでもあるAdrienneが描き、Patton家の子供たちが塗ったという絵。題は"Love Brings Eli Home"で、なんでも中国からEliという男の子を養子に迎えるための資金集めの一環としてオークションにかけられました。ボストンテリアに漢字で「愛」なんて良いなって

 そして最終日の夜には恒例の打ち上げパーティ。可愛いテーブルセッティング(大分ズラしちゃってるけど

CIMG4148_convert_20120523184748.jpg

今年は開催地がテキサスということもありメインはメキシコ料理。デザートが可愛かった 

CIMG4152_convert_20120523185022.jpg
チョコにボストンが

あぁ、もちろんこの人もシッカリきてましたよ(笑)

576833_3668772755188_1150905422_32857021_173451553_n_convert_20120523185340.jpg

 
 楽しいひと時の後は、みんなに「また来年あいましょうね」、「気をつけて帰ってね」と御挨拶。また一年お別れです。

See you all in Chicago next year!!!

 さて、明日はストさんに会いにロスに向かいます

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers HP

ヒューストン(ナショナルウィーク) 最終日


 今日はとうとうBISS(Best In Specialty Show)が決まる日です。ドキドキ

 今年のジャッジはDr.Steven L. Keating氏(ペキニーズのブリーダーさん)で、なかなかのショウマン(賛否両論有り)というか唐突に"Best in specialty!!"と叫ばれた時には本当にビックリしました。
 通常BISSを決める時はBOB(Best Of Breed、こちらではチャンピオンクラスのこと)に前日に選出されたWD(ウィナーズ・ドッグ)やWB(ウィナーズ・ビッチ)等が加わり、初めは牡・牝別々に審査、選考が繰り返され(これをCut/カットと呼んでいます。大体2nd Cut、多くて3rd Cut位まで選考して候補を絞っていきます)、最終的に選ばれた牡・牝の中からBISSが決定されます。その時になると本当に「固唾をのんで見守る」という言葉がピッタリなくらいリングサイドのギャラリーもシーンとしてその瞬間を待ちますが、今年はシーンとする間もなく、突然"Best in specialty!!!"と叫ばれ、一瞬エッと・・・寝ぼけた頭も起きましたよ、本当に

 今年のウィナーはCAN CH Dorkay's Mack Daddy カナダから来たブリンドルの奇麗な男の子でした。カナダ出身でアメリカンCHでもない子が勝つのは珍しいことだと思います。

405177_10150833891301234_579411233_9759770_284196129_n_convert_20120523173752.jpg
BISS CH Dorkay's Mack Daddy, owned by Kathy, Leigh and Mari McCracken

 MackをハンドリングしたのはKathyの美しいお嬢さん、Sarah

BISS+CAN+Ch+Dorkay+s+Mack+Daddy_convert_20120523180234.jpg
Congratulations Sarah & Mack!!

 その他の結果はこちら

BOW/WB: Tara Oaks Georgia On My Mind, owned by Stella Jowers.
BOS: GCH CH Victory Taylor Made For Back Nine, owned by Pat and Loretta Phillips, Kathy Hulstein and S. Hartwig.
SD: GCH CH Ken's Welcome Back Horshack, owned by Jennifer and Chad Duffy.
SB CH Gumbo's Stargazing At Northern Lights, owned by Candice McEnaney and Jami & Robert Mangum.
AOMs(AMOは同位ではなく、AOMの中にも順位があります)
1. CH S-K Danson's With The Stars, owned by Susan Krouse.
2. GCH CH Distinguished O'Leary Of Zipper, owned by Connie Erbele, Brianne Henderson and Sally Hartman.
3. GCH CH Fiveforks' Geometry Matters At Kayas, owned by Adrienne Hullender and Ruth Rauherz.
4. CH Al-Mar's Eazee Ryder, owned by Sue Kennedy and Lloyd Amodei.
5. GCH CH Chaseland's Wellona Weltona, owned by Chad Howard and Colleen Brossard.
6. GCH CH Tara's Mango Madness, owned by Barbara Grizlo.
7. CH Tara's Mangolicious At Niken, owned by Nicki O'Connor and Barbara Grizlo.
8. GCH CH Gunther's Gussied Up Edna, owned by Brook Berth.
今年のAOMは8頭と多かったです。

Best American Bred: Kayas Winning Matters To Me, owned by Sherry Colliatie.
Best Veteran: CH Ken's Loos' Lips Sink Ships, owned by Ken Roux.
Best Puppy: Tara Oaks Georgia On My Mind, owned by Stella Jowers.
Best Stud Dog: CH Sunwoods Axle Driven To Victory, owned by Kathy Hulstein
Best Brood Bitch: CH Martini's Slightly Dirty, owned by Linda Martin

Congratulations to all the winners!!!

ヒューストン(ナショナルウィーク) 四日目


 何故かこの日の記憶がポッカリ抜けています

 今日行われたのはDog(牡)とBitch(牝)のクラスとジュニア・ハンドラーの部。とりあえずこの日の結果だけ載せておきます。

WD: Dab's Fast N Furious For T-Bo, owned by Teresa Hendrix and Beth Griner.
RWD: EQ Touch Of Rembrandt, owned by Jani Martin

WB: Tara Oaks Georgia On My Mind, owned by Stella Jowers.
RWB: Dorkay's Handles Like A Porsche, owned by Sarah Gulbransen.

Best Junior: Thomas Carter

 お友達がシェアしてくれているこの日の写真がこちらで見れますので、興味のある方はどうぞ。

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers HP

ヒューストン(ナショナルウィーク) 四日目(悪夢の早朝)


 連日バタバタとした毎日を過ごしていましたが、まさかこんなことが起ころうとは予期もしませんでした。

 朝の5時に突然鳴り響いた「緊急事態発生」を告げるアナウンス。最初は夢かと思いましたがしつこくアナウンスされる「直ちに避難して下さい」に徐々に寝ぼけた頭も反応、それでも「こっちは眠いんだよ」と渋々動くことに。今回のお部屋は運良く直接駐車場に出られるお部屋だったので、凄い顔をしてマウンテンバイクを引きずり出している(えっ、何よりもそれ!?って思いましたが、新婚のご主人にプレゼントされたものだから納得かな?)Rocioを尻目に歯を磨いて、ゆとりでアレもコレも持たなきゃってボストンバッグに詰めて(本当に大事時にはいけない反応ですよね)外に。最初確認した時にはあまり居なかった人達も出る頃には結構避難して来てて何事かとワラワラ。そんな中でも犬の安全確保に走り回ってるところが流石でした。しばらくすると消防車が何台かやってきて異常箇所の点検をしていましたが、結局何もなく誤作動ということに・・・ふざけんじゃないわよ~~~!!!という(心の声)と共にそれぞれの部屋に戻って再度寝ることになりましたが、寝れず。また今日も寝不足の一日の始まりです

CIMG4121_convert_20120521020458.jpg

 しかし今まで色んな所に行きましたが、こんな経験は初めてでした。これも楽しい旅の思い出ですね(ということにします)。

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terrier HP

ヒューストン(ナショナルウィーク) 三日目(2)


 三日目の夜にはBTCA Boston Terrier Of The Year, 通称Top Boston Nightが開かれました。これはセミフォーマルなドレスコードで前年度にTop 20までに入ったBTCAメンバーの犬をお披露目するお楽しみショウ。各々が自分の子にあった音楽を選びスポットライトの下、愛犬を見せます。審査員はジャッジから一人、ブリーダーから二人、エクスヒビタ―から一人の計四人が選出され審査します。

CIMG4092_convert_20120520014254.jpg

 もっと写真が見たい方はお友達が写真をこちらにアップして下さっているのでどうぞ。

 今年のウィナーは私の大好きなエドナちゃんでしたCongratulations Brook & Edna!!
CIMG4013_convert_20120520015147.jpg
Judges Ms. Suzanne Shiloh, Mr. Byron Elder, Ms. Joyce Fletcher and Ms. Peggy Jackson
Boston Terrier of the Year: CH Gunther's Gussied Up Edna, owned by Brook Berth

 そうそう、今ザルツブルグにてワールド・ドッグ・ショウが行われていますが、今年のBOB(ベスト・オブ・ブリード)はお友達のクラウディア(ハンガリー在住)のAXでした。二年連続のBOBなんて凄いです。A Huge Cngratulations to Klaudia & AX!!!
39556_1395575176945_1459196256_30853931_7498357_n.jpg
Klaudia & Ax Dagbej


Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers HP

ヒューストン(ナショナルウィーク) 三日目(1)


CIMG4058_convert_20120519125723.jpg

 今日から待ちに待ったボストンテリアクラブによるナショナル展の始まりです。まず午前中から午後にかけてノン・レギュラークラスのスィープス(Sweepstakes/勝った犬に出陳料の一部が賞金として与えられる唯一のクラス)、フューチュリティ(Futurity/ブリーダーがその年に行ったブリーディングの成果を生まれた子を審査して見るクラスで、出陳される子犬や若犬は産まれる前にノミネートされます)といったクラスの審査が行われます。

CIMG4033_convert_20120519130222.jpg

CIMG4036_convert_20120519130420.jpg
なんかトロフィーも一気にゴージャスになったような気が(笑)

 今年この二つのクラスを審査したのは何故か私に縁の深い方々で、スィープスをルームメイトのRocioが、FuturityをヤンキーのブリーダーさんのSharonとストライカーのブリーダーさんのBobが審査しました。

CIMG4022_convert_20120519150512.jpg
Rocioによる審査風景

Best in Sweeps: Peja's Captain America By Lumber Jack, owned by Peggy Peggy Jackson and Lucion Jackson
Best of Opposite to Best in Sweeps: Bunyip B'Way Ingenue At Lincoln Cntr, owned by Sheryl Trent and Victoria Carter


Sharon+and+Bob_convert_20120519150743.jpg
Futurityの審査をしたSharonとBob

Grand Futurity Winner: Martini's Jameson Nightcap, owned by Janet Donahue and Linda Martin
Best of Opposite to Grand Futurity: Gch CH Heartbeat's Horseplay, owned by Vicki Wilt, Ken Roux and Julia Smith Carter
Best Puppy in Futurity: Martini's Jameson Nightcap, owned by Janet Donahue and Linda Martin
Best of Opposite to Best Puppy in Futurity: Ken's N' Peja's A' Horse Of Course
Best Junior in Futurity: Gch CH Heartbeat's Horseplay, owned by Vicki Wilt, Ken Roux and Julia Smith Carter
Best of Opposite to Best Junior in Breed: Lucky Blaze Of Glory, owned by Clarice, Dennis and Sara Dean

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

ヒューストン(ナショナルウィーク) 二日目


CIMG3995_convert_20120519001530.jpg

 昨日に引き続き今日も今年のナショナル展のホストクラブであるGreater Houston Boston Terrier Clubによる単独展が開催されています。毎年、その年にナショナル展を主催するホストクラブの単独展とBTCAのナショナル展が抱き合わせで行われる為、ナショナル展が開催される一週間をナショナルウィークと呼んでいます。

CIMG3996_convert_20120519002548.jpg

 今日の私のお楽しみは名ジャッジと名高いMr. Edd E. Bivin(エド・ビビン氏)のジャッジングを見ること。ちなみにビビン氏は我が家のストライカーさんにBOBを下さったジャッジです
 拝見して本当に犬一頭々、そして出陳者一人々に対して真摯な態度でジャッジングして下さる方だなと思いました。そして選ぶ犬にブレがないというか・・・日本にはいないタイプのジャッジでした

CIMG4004_convert_20120519004220.jpg
ビビン氏の審査風景

CIMG4008_convert_20120519004504.jpg
本日のショウのトロフィー可愛い

CIMG4010_convert_20120519004617.jpg
テーブルディスプレイもお洒落です

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

ヒューストン(ナショナルウィーク) 一日目


 昨夜無事10日間のアメリカ旅行から帰ってきました。いつもながらナショナル展の間の睡眠時間は「お楽しみ」と時差ぼけによる不眠症で睡眠時間は平均3~4時間、今そのツケがドッと出ています(理解のある主人に感謝!!)。

 初日はひたすらでの移動。まずはデトロイトまで飛んだ後、乗り換えてヒューストン・ブッシュ・インターコンチネンタル空港へ。で、見つけましたよここにもありました、の為のスペース。今回は犬連れではなかったのでお世話になりませんでしたが、あると思うとホッとして嬉しいですね。

Bush+Airport_convert_20120518001450.jpg

 迎えにきてくれたルームメイトのRocioと夕飯を食べた後ホテルに到着、おやすみなさいのつもりでしたが、真夜中に大きな雷に起こされ、その後寝られず、寝不足の日々の始まりです・・・トホホ 

 それにしても最近に乗る度に感じるのが乱気流の多さ。今回も日本を発ってしばらくしたら周りの方がワイングラスを押えるぐらい揺れてましたし、雷にも二度ヒットされ(ボンっとかバチって音がして)怖かったです・・・日本を出発する直前に起こった竜巻といい、世界中異常気象がどんどん進んでいるようで心配ですね。

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers HP


 

空港事情2(ペットフレンドリー空港)


 とうとう出発二日前となりました。準備やら留守中の手配やらですでにお疲れモードです ヒューストンは連日気温が30度近くですでに真夏?!ホテルの中は冷房がきかせてあるので大丈夫なのですが、この冷房が効き過ぎ感たっぷりで毎年風邪をひかないように注意して過ごしています。

 先日あちらの空港事情を少し書きましたが、各地からくる人のために排泄用のドッグパークのある空港一覧の情報を送ってくれた方がいるので紹介しておきます。
 
こちらで各州をクリックするとその州のドッグパーク完備の空港が分かるようになっています。

Pet Friendly Airports

041_convert_20120505161134.jpg
空港で寛ぐ(?)ヤンチさん

では行ってきま~す


Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers HP

| Bellecrest Bostons News & Topicsホーム |