断耳の弊害・・・?


 洗練された見た目は好きですが、基本的に私は断耳が嫌です。

 ボストンテリアの特徴である大きな目を傷つける要因ともなりえる狼爪取りに関しては、事故をを未然に防ぐという観点から致し方なしと思っていますが、断耳はやはりドッグショウに参加する際の、見た目を整える、欠点を隠す、以前に決められたスタイルを保守するといった意味合いが強いように思います。しかしながら、ドッグショウに参加するから、ショウドッグだからとどんな子であろうが断耳するのは間違いで、考慮すべきは頭部とのバランスです。それゆえ、断耳する時期も大変重要です。頭部が成長しきる前に断耳してしまうと後で耳が頭部に対してアンバランスなサイズになってしまうこともあります。

 頭部に対してサイズが大き過ぎたり、小さ過ぎたり、付き位置の悪い耳というのは見た目も悪く、頭部の印象を悪くしてしまいます。同じ犬でも耳の大きさや耳位置(付き方)によって印象が変わり、断耳することで頭部の印象が各段に良くなることがあります。私のホームページのスタンダードのページ、『耳(Ears)』にも載せている写真ですが、比べてみると断耳した方がすっきりと洗練された雰囲気になるのがご理解頂けると思います。古いブリーダーさん達はこの見た目が好きで断耳を選択されることが多いです。

IMGP0816_convert_20130223145017.jpg 付き位置が低い耳
IMGP0820_convert_20130223151927.jpg 大き過ぎる耳 
IMGP0823_convert_20130223152657.jpg 理想的にカットされた耳
㊟これらの写真はボストンテリアクラブ・オブ・アメリカの正会員としてセミナーの主催者様、及び"The Boston Terrier an American Original”の著者様より許可をもらって使用しています。無断転載・転用・流用は固くお断りします。The photos are reproduced for educational purpose only with given permission.

 ではなぜ断耳が嫌なのかというと・・・若い頃は問題がないのですが、歳を取って身体が衰えてくると断耳したことによる弊害が出てくるからです。うちの犬に限ってなのかもしれませんが・・・下の写真をご覧下さい。

IMG_1024+-+繧ウ繝斐・_convert_20130223154052 IMG_5524+-+繧ウ繝斐・_convert_20130223154547
 共に我が家のジョイス(現在12歳)の左耳です。歳を取って末端まで血液の循環が上手く働かなくなったのか、はたまた切り方が悪かったのか耳の先からボロボロになってきています亡くなったボギーの耳も端から固くなり少しづつ短くなっていました。今は血液の循環を良くするお薬とマッサージ、乾燥予防に患部にワセリンを塗って、少しでも状態が改善するようケアしています。

 こんな風に痛々しくなるのを見ると、やはり『自然(ナチュラル・イヤー)が一番』と思わずにいられません。欧州ではすでに何年も前から断耳・断尾は禁止です。狼爪さえ取りません。今はまだ断耳・断尾(ボストンテリアの断尾は認められていません。断尾してショウに出た場合は失格となります)がブリーダーの選択肢とされているアメリカでもいつ禁止になるか分りません。このようなことをふまえ、これからは『ほど良いサイズと厚みを持ち、頭部に対してバランス良く位置する立ち耳』を持った犬を作ることが必要です。日本ではすでに多くのショウドッグがナチュラル・イヤーでリングで活躍していて、素晴らしいと思います。

 残念ながら我が家のニューフェースの牡二頭も断耳しています。どちらもブリーダーさんの好みというのもありますが、大きな耳の血統であることも理由の一つだと思います。幸い、アンジ-は小さくて付き位置の良い耳をしているので、世代を追うごとに改善していけたら良いなと思っています。『断耳する必要のない耳』、今後の課題の一つです。

IMGP0821_convert_20130223152007.jpg 理想形

素敵なお耳が歳を取った時になくなったりしませんように・・・ね、ヤンキー
sIMG_5031_convert_20130223190658.jpg

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

忘れてた!!


17697_4355018641650_126700825_n_convert_20130216141512.jpg
Photo taken and shared by Masumi Kikuchi Snyder

 先のブログにこんな可愛いお写真を貼り忘れちゃいました はい、私の大好きなEdna(エドナ)ちゃんです。相棒のカルロスとハイタッチ(?)、いや、おやつチョーダイかな?
 ショウの合間にこんな楽しいコミュニケーションが取れるなんて信頼関係が築かれている証拠ですね。なんとも微笑ましいショットです
 ちなみにカルロス(Professional handler, Mr Carlos j. Puig)はアメリカのトップハンドラーの一人です。私的には彼とBrian Livingstonが好きです(どちらもイケメンなのでムフッ)。心密やかに『いつかお願いできたら』なんていう無謀な野望を抱いています。その前にお金貯めなきゃね

 Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

2013 Westminster Kennel Club Dog Show - 最終結果


521566_4356790285940_2006251116_n_convert_20130216141552.jpg
Adrienne++Eve_convert_20130216141629.jpg

 残念ながら我らのイブちゃんはグループで選ばれることはありませんでしたが、まだ一歳にも満たない(9か月)年齢にも関わらず沢山のギャラリーを前に本当によく頑張ったと思います。改めてCongratulatins Eve & Adrienne for your BOB at Westminster!!(ウェストミンスターでのベスト・オブ・ブリード、本当におめでとう!!)

137回目のウェストミンスター展の栄えあるBest In Showに輝いたのはこの子
"GCH Banana Joe V Tani Kazari" a.k.a. "Banana Joe"
Banana+Joe_convert_20130216141732.jpg
アーフェンピンシャーの”バナナ・ジョー”君。バナナ・ジョーなんて面白い名前ですね
Westminster+2013+Best+In+Show+-+w+Ernesto+Lara_convert_20130216142023.jpg
All the photos taken and shared by Masumi Kikuchi Snyder
Masumiさん、お写真の提供を有難うございました。

 二日間に亘る大イベントのウェストミンスター展も終わり、次はナショナル展です。5月が楽しみです

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

The Westminster Kennel Club Show 速報!!


 2013年度のウェストミンスター展にてボストンテリアの栄えあるBest Of Breedに輝いたのは・・・

Ch. Katbirds Evolution Matters at Kayas, aka EVE(イブ)
owned and shown by Adrienne Hullender, bred by Kathryn Graves

 このイブちゃん、若干九か月の女の子で、彼女の父親は去年のウェストミンスター展にてBOBを獲得したMatt(マット)です。

 他のウィナーについてはこれから分かり次第アップします。

Huge Cngratulations to Adrienne, Kathryn and Eve!!!! 
31479_10151406562479659_884665123_n_convert_20130211234154.jpg

グループも頑張れ~~~

続きです

 イブちゃん、残念ながらグループ戦では選ばれませんでしたが、よく頑張ったと思います。今までウェストミンスター展にはチャンピオン犬しか出られませんでしたが、今年からレギュラークラスの子達も出られるようになり、ウェストミンスター展の直前でチャンピオンを完成したイブちゃんがBOBを獲得するのは快挙としか言いようがありません。

その他の結果とビデオ(近々見られるようになると思います)はこちら

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

Boston Terrier Club of New York Specialty 2日目速報


 昨日に引き続きボストンテリアクラブ・オブ・ニューヨークの単独展のBISSに輝いたのはまたもEdna嬢。

エドナちゃん、強し!このままウェストミンスターも制するのでしょうか?
487774_339514089490790_790954915_n_convert_20130211114741.jpg BISS Gunther's Gussied Up Edna

 その他の現在私が分かる結果はこちら(分かり次第アップします)

BOS Kennedy's Wild Traveling Man
SD Windemere's Mystified
SB Lannon's Little Miss Sunshine
AOM Campbell Clan's Gunpowder and Lead v Grandview, Tara's Flamenco
WB/BW Talavera's Dance with Me Mar-Crest at BFF
WD Sidestreet Guardian


Best in Sweeps KATBIRD'S HARMONY MATTERS

 Congratulations to all the winners!!

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

Boston Terrier Club of New York Specialty 1日目速報


 ボストンテリアにとってウィストミンスター展の前哨戦ともいえるボストンテリアクラブ・オブ・ニューヨークの単独展が昨日ニューヨークで行われました。
 残念なことに今年は悪天候の為、沢山の人が参加出来なかったようで、ジャッジも急遽変更になったそうです。

結果はこちらで。
Aと付いているのはAbsent(欠席)したワンちゃんです。

 栄えあるBest In Specialty Show(BISS)に輝いたのは私が大好きなエドナちゃんさてさて、このままの勢いでウェストミンスターでもBest Of Breedを獲得するでしょうか?

GCH Gunther's Gussied Up Edna IMG_1008_convert_20130210123457.jpg
By GCH Ken's N' Roobarb N' The Horse Ya Rode In On - Ch Gunther's Purty Gertie RN. Bitch.
Owner: Andy & Jack McIlwaine & Brook Berth, Jackson
Breeder: Brook W Berth.
Agent: Carlos J Puig
BTCAの季刊誌の表紙を飾っています

こちらはShowsite Magazineの表紙
18983_10151439476168945_112245832_n_convert_20130210123541.jpg

いつ見ても可愛いエドナちゃん、頑張ってね

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村



アンジー、頑張る & ちょっと脱線?


 春待ち遠しい日々を過ごしている私の下に待ちにまった写真が届きました

先週末のショウのブリード戦でストさんと二人、ワン・ツー・フィニッシュを飾ったアンジー。頑張りましたね
Angie+s+First+Points+-+繧ウ繝斐・_convert_20130207132334

 現在9か月のアンジー嬢。6か月まで人里離れた静かな、かつ広大な農場で牛や馬や鶏に囲まれて育ちました。そのせいか沢山の人や聞いたことのない様々な物音にまだまだ戸惑うことが多いようです。私にとっては「ブルータス、お前もか」的な感じですが、基本人間大好きっ子でアクティブなアンジーですから、徐々に慣れ、そんな戸惑いは克服していってくれると信じています。その道のプロも付いてますしね。

 こういった不具合な側面は私にとって非常にジレンマを感じる部分でもあります。私は自身の好みから1970年代~80年代にかけて活躍していたクラッシックなヘッドタイプの犬を探し求めています。

当時の代表的な犬達として
bookofficbt2_convert_20121020011624.jpg
BTCA公式本の表紙を飾った"Simon"、BISS CH Justamere's Showman Deja Vu、bred and handled by Mrs Ann McCammon / owned by Ms Joanne Hearst

有名な"Tony"、BISS CH Zodiac's Special Beau、bred by Ms Juanita Camp / owned by Mr Robert L. Breum
IMGP0814_convert_20130207142117.jpg
究極の横顔だわ

ストさんの大祖父でもある"Rudy"、BISS CH EL-BO's Rudy Is A Dandy、bred and owned by Bob & Eleanor Candland
BIS+Ch_+El-Bo+s+Rudy+Is+A+Dandy_convert_20130207142152.jpg

こちらはヤンキーの大祖父の"Sunny"、BISS CH Beacon's Do-Go of Sabe ROM、bred by Marian Sheehan and Mary JoSchreimann / owned and hndled by Mrs Sharon Saberton
Sunny_convert_20130207142252.jpg

 で、何がジレンマかというと、こういう犬達を作られた古いブリーダーさんはすでにお亡くなりになられていたり、年齢を考慮してブリーディングから引退されていることが多く、たとえブリーディングを続けられていても何年間に一回あるかないかで子犬を譲って頂くのが非常に難しい(待っているのは私だけではないので)。運良く譲って頂け、日本に来るまでの間のお世話をお願いできたとしても、お歳がお歳なのでみなさん、あまり外出されません。アメリカですからお家に広いお庭があり、犬達はそこで走り回ることができるので散歩に連れて行く必要もなく、外出時は車 唯一のお出かけはショウぐらいですが、そういった方はあまり遠くまで行かず(唯一の例外はナショナル展?)、近場のショウがメイン。なので当然行かれる回数もさほど多くありません。そんな理由から犬達は基本的なしつけは出来ていても、ある意味狭い世界しか知らずに育ってしまいます。

 じゃあ、新しいブリーダーさんはというとハンドリングクラスに出かけたり、ショウも毎週毎に行くとかフットワーク軽く、人間社会においての犬の社会性の発達には最適な環境を与えてくれます。が、問題は私の求めるタイプの犬がめったにいないということです

 様々な失敗を繰り返し、この10+年で私が出した結論は、良い子を譲ってもらったら出来るだけ早く信頼出来るプロハンドラーさんに預けるです。以前はある考えもあり、ブリーダーさんにそのままお願いしていましたが、社会性を養うという点において様々な場所に犬を連れて行ってくれ、新しいことに沢山触れさせてくれるプロハンドラーさんにお願いする方が良いと思うのです。なので『田舎のねずみ都会に行く』状態のアンちゃん、頑張って下さ~い

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

クリスマスツリーが届きました


 先日お話していたボストンテリアのクリスマスツリーが無事海を渡って私の元にやってきてくれました。

360度、どこから見てもボストンテリアだらけの
IMG_0530_convert_20130131012124.jpg
ライトを点けてみました。写真だとよく分かりませんが赤、青、黄色、グリーンの色がボストン達の間で光って本当に可愛いです
IMG_8894_convert_20130131012213.jpg

 ボストンテリアが繋いでくれたTrudyと私の友情の印であるこのツリーは季節に関係なく飾っておこうと思います。かけがいのない宝物。こういった出来事が時にくじけそうになる私を頑張らせてくれます。Trudy、本当にありがとう。

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
 


| Bellecrest Bostons News & Topicsホーム |