もうすぐ・・・


アタフタしている間に時間は過ぎ、来週にはストさんを迎えにアメリカへ飛び立ちます。今回こそはヤンチを連れて帰って来た時のような(米国内・国際線共に遅滞するなどという)悪夢が起こらないことをひたすら願っています・・・神様、仏様

 少しづつ準備も整いつつある中(自分のことが一番出来てない)、待ちに待ったストさんのバリケンが届きました。エアーブラシアーティスト、SHINさんの作品です。多分(?)、エアーブラシアートの世界では結構有名な方だと思います。多才な方で、本業の他にバンドをやったり、パンクな見た目からは想像出来ませんが、日本では数少ない鷹匠のお一人でもあります。本来はハーレーやエレキギターにバンバン格好いい絵を描かれる方ですが、犬好きということでわんアートも受けて下さいます。私とはヤンチのバリケンから二回目のお付き合いです

Striker+s+varikennel_convert_20130924145123.jpgStriker+s+varikennel2_convert_20130924143326.jpg
 
 写真では分かりにくいですが、青地にラメが入っていて素敵です。ストさんにそっくりの出来栄え。SHINさん、今回も素敵な作品を有難うございました。本当はSHINさんのサインも入れて欲しいところですが、サインが入ると素晴らしいお値段になってしまうので、自家繁殖の子でアメリカで勝負できる日が来るまで(夢は大きくだ~~)待ってて下さいね。

 そしてもう一つ、こちらはシャーリーへのお土産ですが、fabbricaさんから可愛いイラストの画像が届きました。

Austin++Kids2_convert_20130924153341.jpg
パパAustinとストさん達三兄妹です。喜んでくれると良いな~

 ついでに我が家の二匹も描いて頂きました
Amrican+Boys2_convert_20130924153303.jpg

 こちらも可愛いイラストを有難うございました。

 本当にもうすぐ、もうすぐなんだなぁ~と不安と楽しみで一杯です。


Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

屋上ミニミニラン計画 & 完成


 我が家の『猫の額ほど』とも言えない小さな屋上。友人には前々から犬達に解放してやればと言われていましたが、夏は暑いし、室外機や物置にオシッコをかけられても困るしな~と二の足を踏んでいました。

 しかし、ヤンチの帰宅を気に真剣に考えることに・・・なんせこのお坊ちゃま、オシッコはトイレシーツでしてくれても何故か君だけは絶対に外でしかしてくれません。その上、10月になるとストさんがやって来ます。アメリカ育ちの子って『室内では排尿排便をしません』っていうマナーがシッカリ入っているのは嬉しいのですが、扉を開けたら広いお庭があって『はい、トイレしてらっしゃ~い』という環境とは違い、我が家のように庭のない家だと時にとても不便なものがあります。今は一日三回、散歩に連れて行って排便させていますが、悪天候の日や私が病気で寝込んで散歩に連れて行けない時のことを考え、重い腰をあげることに。

 コンクリートのままでは犬の足にも良くないので人工芝を敷き詰めることに。人工芝も色々ありますが、掃除のことを考えると芝丈が短く、透水性の良いものでなくてはなりません。透水性が良く、掃除がしやすく、犬の肉球にも当りが良く(プラスチック製のものだと自分が素足で踏んでも痛い)、かつ安心できるもの(基本中国製は避けたい)を念頭にリサーチした結果、こちらの芝に決定。

siba-sw450_1_convert_20130910133839.jpg ユニチカ社製スポーツ用人工芝(防炎認定品)

 一般的なポリプロピリン素材の人工芝と違い、ナイロンモノフィラメントという素材で出来ているそうです。日本製だし、小学校や幼稚園で使われているということで安心かな。サンプルを取り寄せて透水性や踏み心地を確認しましたが良かったです。

 芝は決まってもコンクリートへの貼り付けは素人では無理(下手な貼り方をすると後でコンクリートと芝の間に気泡ができ、ボコボコになってしまうそうです)ということでいつもお世話になっている業者さんにお願いすることに。まずは長年の汚れ落とし。高圧洗浄機で隅々まで綺麗にして頂きました。

IMG_1740_convert_20130910132507.jpg (上)ビフォー、(下)アフター

 日を置いて芝の貼り付けです。サイズは大丈夫かな?

IMG_6034_convert_20130910135641.jpg

 この日はお天気にも恵まれ無事貼り付け終了。糊が完全に乾くのを待ちます。

 完成~

IMG_3913_convert_20130911112321.jpg
オシッコ用のポールも立てました。誰かさんはビビってましたが(笑)

 階段の登り口には勝手に降りると危ないので扉を付けました。ゲートも基本室内使用のせいか木製のものが多く、金属製だと高さが足りなかったり、凄いお値段だったりで色々見て回った末に見つけたのがこちら。

4973655588116_1_convert_20130911112148.jpg リッチェル3WAYサークル

 プラスチック製でゲート付き。形が(ある程度は)自由に変えられるので便利です。お日様や雨風にさらされて劣化はすると思いますが、軽いし錆びたり腐ったりはしないかなと期待。なにより屋外で使えるのが嬉しい

IMG_8569_convert_20130911112404.jpgIMG_1463_convert_20130911112231.jpg


 決して広い場所ではありませんが、我が家ではこれが精一杯です。それでもこれからの季節には、散歩に行けなくなったラルクもここで日光浴が出来たり、ストさんが来たら走り回って一緒に遊べるのではと思います。夏はシェードやウォーターミストを設置予定。

 さぁ、次はまたまた狭いベランダに簡易トイレを設置予定です

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックプリーズ
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

  

ワンちゃんの好きな色は何色?


1236482_10152127424465278_1347008712_n_convert_20130830143315.jpg

 犬にも人間同様に色の識別能力があります。しかし人間が網膜にある垂状体によって3つの色(青、緑、オレンジ)の波長を識別し、それらの波長を組み合わせて7色の色を識別出来るのに対して殆ど垂状体を持たない犬は2色(ライムグリーンに及ぶ黄色と青色)しか識別出来ないそうです。結果、彼らに見える世界は私達とは違った彩度(色の鮮やかさのこと)を持つ黄色か青味がかった灰色の世界かもしれません。

 玩具やマットなどを選ばれる時には愛犬が識別できる色のものを選んであげると良いでしょう。また、トレーニングや遊ぶ時にも愛犬にとって識別しやすい黄色青色の道具(玩具)を使うとより楽しめると思います。

 だから犬は黄色のテニスボールが好きなのかな?

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

超お手軽ウェア & ベッド


 紹介された時にあまりのシンプルさに思わず苦笑いしてしまいました

1280836_365610586903026_1793413349_n_convert_20130902183419.jpg by Living With Animals

 切り口はどうするんだろう?ほつれてきたりしないようにチャンと縫うのかな?切りっぱなしなら不器用な私にも作れそうです

 『部分的に取れない汚れがあったり、破れているけれど捨てるには勿体無い』、『リサイクルにはチョッと出せないわ』といった古着の再利用としては良いアイディアだと思います。普段は素敵なお洋服を着せてらっしゃる方も何かの都合で使い捨ての服として使いたい(例:術後の傷口保護服)、緊急時の体温調節が必要な場合に利用されるのも良いかもしれませんね。

 そしてこちらも古いスエットシャツを利用して作るドッグベッドです。

sweatshirt-pet-bed_convert_20130902195659.jpg From Handimania

 用意するもの 

sweatshirt-pet-bed01_convert_20130902192718.jpg
鋏、編み物用の糸とより糸、太めの縫い針、巻尺、マチ針(必要ならチョークと物差しも)、着古したスエット、アクリル毛布又は好みの生地を少し、45cm×45cmのクッション又は枕、袖口を閉じるフラップ

 作り方は至って簡単

 スエットを裏返して首周りを少しだけ残して縫い合わせます(ミシン可)。
sweatshirt-pet-bed02_convert_20130902192752.jpg

 再びひっくり返してスエットを広げ、マチ針で脇下から反対の脇下まで直線の印を付け(必要なら物差しとチョークで印を付ける)縫い合わせる。その後マチ針を外す。
sweatshirt-pet-bed03_convert_20130902192824.jpg

 袖を袖口の部分だけ残してボディに縫い合わせる。
sweatshirt-pet-bed04_convert_20130902192906.jpg

 アクリル毛布、スポンジ、綿、生地の切れ端等を袖口から詰め、ベッドの縁を作る。
sweatshirt-pet-bed05_convert_20130902192939.jpg

 クッション又は枕をボディに詰める
sweatshirt-pet-bed06_convert_20130902195300.jpg

 縁を縫い合わせる(ミシンを使っても良い)。
sweatshirt-pet-bed07_convert_20130902195517.jpg

 袖口を縫い合わせ、別の生地を巻いて縫い合わせた場所を隠し、こちらも縫い目を内側に隠す
sweatshirt-pet-bed08_convert_20130902195555.jpg

sweatshirt-pet-bed09_convert_20130902195629.jpg

 ジャ~ン!古着再利用のベッドの完成です 
sweatshirt-pet-bed10_convert_20130902183501.jpg

 詳しくは上記のリンク先でご確認下さいね

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

クリヨペン


 しばらく前から気になっていたラルクの左瞼の上にできたマイボーム腺腫(眼瞼のふちに出来る良性のイボ状の腫瘍で、脂腺である「マイボーム腺」にできる)ですが、ラルクの年齢と健康状態(最たるものとしてうっ血性心不全)を考えるとなかなか麻酔をかけて切除するという方法には踏み切れませんでした。年齢的なことはモチロンありますが、今までの苦い経験から健康に爆弾を抱えた老犬には無理をせず出来る限りストレスのない生活をさせたいという私なりの考えがあってのことです。ただ、やはり腺腫が少しづつ大きくなり、眼球に擦れることで角膜に悪影響を及ぼしていることは気になっていました。

IMG_1731_convert_20130831160258.jpg 向かって右縁にある丸いものがマイボーム腺腫です


 そんな折、掛かりつけの先生からクリヨペンの存在をお聞きし、試してみることに。クリヨペンとは凍結療法に使用するペン型の液化亜酸化窒素ガス照射治療器です。照射した-89℃の液化亜酸化窒素ガスで患部組織を凍結し細胞を破壊することでイボなどを自然脱落させます。患部に的確に照射出来、麻酔の必要もないということで高齢の子や心臓疾患のある子にも安全な治療法だそうです。詳しくはこちらで。

繧ッ繝ェ繝ィ繝壹Φ_convert_20130831160537 クリヨペン

 ということで隣のO市にあるM動物病院へ

 通常眼の周辺の患部に照射する際には治療時にペットが暴れて角膜を傷つけることのない様、必要に応じて鎮静剤を使用するらしいのですが、うちのラルクの場合は、目も見えず(PRA/進行性網膜委縮症)、耳も聞こえず、鼻も利かずの三重苦の上に認知症なので全く動かず、そこは難なくクリアー(喜ぶべきか悲しむべきか

まずは照射前に点眼薬や軟膏で眼の表面を洗浄、保護します。
IMG_7047_convert_20130831160430.jpg

5~10秒液化亜酸化窒素ガスを照射します。
IMG_5887_convert_20130831160341.jpg

照射直後はこんな感じ。
IMG_7075_convert_20130831160501.jpg
自然に融解したら再度ガスを照射します。一回に2照射。あまりやり過ぎると水泡が出来るとのこと。

 先週から始め今回で二回目でした。まだまだ目に見えるような効果は出ていませんが少し表面が平たくなったような気がします。ラルクの場合、腺腫の根が深いので全てを綺麗に取ることは無理かもしれませんが、とりあえず角膜を擦る部分だけでも取れれば良いなと思っています。今後に期待です 

 最終的にどうなったかは治療終了後にお知らせしたいと思います。

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

 

| Bellecrest Bostons News & Topicsホーム |