お誕生日おめでとう!


今日でストさん、四歳になりました

IMG_2703_convert_20140424152912.jpg
今回のケーキはアトリエ・ワフさんにお願いして作って頂きました。似てるかな?

いつまでも元気でいてね、ストさん

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

いつも応援有難うございます
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

祝 ご長寿ボストン


 今日4月15日は友人のUちゃんちのマルコちゃんの17歳のお誕生日です(って、もう昨日になってしまった)。


IMG_1222_convert_20140415172532.jpg

 マルコちゃんは私が知る限りでは一番のご長寿ボストンさんです。残念ながら元々の持病に加え、お歳もお歳なので『健康で17歳』とは言えませんが、『10歳を越せたら上々』的なボストンテリアで17歳を迎えることが出来たなんて本当に夢のような快挙です。飼い主のUちゃんでさえ「私も本当にボストン?って、思わず血統書を確認しちゃった。年齢も数えて(笑)」なんて笑っていましたが、これはもうひとえに飼い主のUちゃんとご主人の努力と愛情の賜物だと思います。

 17年前にペットショップからU家に迎え入れられたマルコちゃんは家に来たその日にサークルの中でてんかん発作を起こして倒れました。その日以来始まったてんかん発作の治療、それに伴う腎臓機能の低下や食欲不振、また、沢山の手術や検査に耐え今に至ります。飼い主のUちゃんはそんなマルコちゃんの健康を維持するために常に検査結果に目を配り、少しでも身体に良いものをとずっと手作り食で共に病気と闘ってきました。そのかいもあってか一時はてんかん発作も鳴りを潜めていた時期もありました。
IMG_2630_convert_20140415185519.jpg
置物のボストンと内緒話中のマルコちゃん

 Uちゃん、実は長寿ボストンテリアとしてマルコちゃんをギネス登録しようと試みましたが、犬種別の長寿記録は受け付けていないそうでガッカリ。因みに現時点での犬の長寿記録は1910年生まれの29歳と5か月だそうです。何犬種かは分かりませんが・・・。

 今は夜二時間おきの徘徊が日課のマルコちゃん。食も細り、てんかん発作も再発したりで目が離せない状態のようです。これ以上を望むことは難しいことかもしれませんが、一日でも長くUちゃんや妹分のミナミちゃんの傍にいてあげて欲しいと思います。

IMG_2626_convert_20140415172605.jpg
マルコちゃん、17歳のお誕生日、本当におめでとう!

あなたの存在がきっと沢山のボストンテリアやオーナーの皆様に大きな希望と目標を与えてくれると思います。我が家のばっさまもあなたのような長寿を目指して頑張ります

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村


Welcome to Japan はとバスでGO!


 日本で過ごす最後の日は東京観光へということで『はとバスツアー』に参加しました。私にとっても『はとバスツアー』は初めて。しかし便利ですね~はとバスって。海外からのお客様も多いということで英語のみならず中国語、スペイン語、韓国語ツアーまで用意されています。

 私達が参加したのは『Dynamic Tokyo』という一日ツアーで、東京タワーから始まり、八芳園でのお抹茶体験、椿山荘での昼食、皇居、隅田川クルーズ、浅草と、東京観光の定番名所をギュッと詰め込んだなかなかに楽しめるツアーでした。

CIMG8801_convert_20140414191725.jpg
中学校の修学旅行以来の東京タワー。昭和世代としてはやはりスカイツリーよりこちらの方が好きです。

八芳園
CIMG8819_convert_20140414191958.jpg
名古屋の徳川園同様、都会のオアシスですな。桜が満開で良かった。
CIMG8830_convert_20140414192925.jpg
ツアーのお客様が皆外人でお茶席についてご存じないことをいいことに、正客席をシャーリーの為にゲット。上品で美しい先生の美しい所作で点てられたお抹茶を楽しむ?・・・シャーリー、お抹茶の味はいま一つだったようですが、干菓子は気に入ったようでお買い求め。先生のことも大層気に入り、写真嫌いの彼女にしては珍しく自ら一緒に写真を撮りたいと希望して一緒に撮って頂きました。

 その後、椿山荘にて昼食。正確には椿山荘内にある木春堂にて富士山の溶岩で作った石板の上で焼くバーベキューを頂きました。
IMG_2541_convert_20140414194129.jpg
バスツアーの昼食ということであまり期待していませんでしたが、意外と美味しかったです。特に手前のさつま芋が凄く甘くて美味しかった
CIMG8845_convert_20140414193256.jpg
椿山荘のお庭の桜も満開。
CIMG8849_convert_20140414193339.jpg
椿好きのシャーリー、『こんな椿は見たことないわ』と日本の椿を楽しんでいました。

 その後、皇居見学、隅田川クルーズと最後は浅草へ。浅草で残りたい方はどうぞということだったので、家族へのお土産を買う時間をゆっくり取るためにツアーから離れることに。

CIMG8867_convert_20140414193534.jpg
二重橋から望む皇居。
CIMG8878_convert_20140414193613.jpg
この船で隅田川クルーズを楽しみました。
CIMG8886_convert_20140414193718.jpg
浅草風雷神門
CIMG8887_convert_20140414202127.jpg
CIMG8891_convert_20140414193850.jpg

 なかなかに充実した一日を過ごすことが出来ました。翌日、帰国の途についたシャーリー。初めての来日を楽しんでくれたようで良かった。次に会える日までFarewell

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

今日もクリックをお願いしま~す
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村




Welcome to Japan アジアインターにて


 今回の来日でシャーリーにはストさんに再会したこと以外にサプライズで嬉しいことが二つありました。

 一つは特別な教え子、Hさんとの再会。十年以上音信不通だった彼が突然ショー会場に姿を現したのでビックリ。大喜びで抱き合って再会を喜んでいました。

IMG_2607_convert_20140412012951.jpg シャーリーとHさん

 彼、Hさんはシャーリーがグルーミングスクール(CALIFORNIA SCHOOL OF DOG GROOMING)で教えていた時の生徒さんの一人で、オールブリードハンドラーのシャーリーのアシスタントとして一緒に各州を周ってグルーミングやハンドリングの勉強をしていたそうです。今は横浜で『いぬや』という美容院を二軒経営されているそうで、この日も沢山のお客様の予約が入っていたにも関わらず、一目シャーリーに会いたいと時間を作って横浜から会いにみえました。なんせシャーリー、Hさんが『あのシャーリーが日本に来るとは・・・』というくらいアメリカから出ない人だそうで・・・そんな人をアメリカから引きずり出した私って凄い?!笑・笑・笑
 シャーリーはシャーリーで『あのシャイだったHが二軒もお店を経営してるなんて』と感無量。「日本の息子」と呼ぶHさんの活躍を心から喜んでいました。

 もう一つも「日本の娘」と呼ぶMさんからの連絡でしたが、某一流ホテルでドッグアテンダントとして働かれているMさん、時期が時期なだけに(春休みで繁忙期真っ只中)実際に会うことは叶いませんでした。でも、『シャーリーから学んだこと、今でもとっても大切にしています。大好きな大好きな先生です。』というメッセージを送って下さいました。

 こんな風に教え子や西海岸のボストン仲間から慕われているシャーリーって本当に素晴らしい人だなって思います。歯に衣着せず言いたい放題、厳しいんですけど、『あぁ、自分のことを思って言ってくれてるんだ』っていうことが凄く分かるんです。本当に得難い人です。そんなシャーリーに知り合えたことに心より感謝!!それでも時には悔しくて心の中で『くそばばぁ』なんて呟いてますけどね・・・笑

 そうそうこの日の朝、嬉しいニュースが西海岸から入ってきました。ストさんの娘の一匹で私のお気に入りだったピクシーがチャンピオンを完成しました
ContactSheet-003-1-1+-+繧ウ繝斐・_convert_20140412013054 CH Kasinos Pixie Dust
Congratulations to Bob, Carole & Pixie!!!
オーナーのキャロルがもう大喜びで、2通もメールが入っていました(笑)

 これでレジャー(牡)、トリィ(牝)に続いてピクシー(牝)がチャンピオンを完成し、後二匹の子供がチャンピオンを完成するとストさんにROM(Register Of Merit)という称号が付きます。ROMとは優れた子供を残した犬に与えられる称号で、ボストンテリアの場合は牡で5頭、牝で3頭の子供がチャンピオンを完成すると授与されます。

CH Kasinos A Knight Tale (レジャー)
Ledger_convert_20140412154201.jpg

CH Suzies Victoria Queen Of My Heart (トリィ)
Tori_convert_20140412154342.jpg

 ロビンちの子犬ちゃん達はまだ小さいので、残りはこの二匹。頑張って~

Kasinos Purple Passion
Katie_convert_20140412154231.jpg

Piper's Dancin' On Aire
IMG_2611_convert_20140412154304.jpg

 で、肝心のダディ、ストさんのアジアインターはというと私たちの予想通り、残念賞でした。前日からの体調不良に加え、来日して以来の家庭犬(ペット)生活でストさん、まったくショードッグをやる気なし。真剣に勝負に挑むならもっとちゃんとコンディションを管理し、アジアの前に一、二回ショーに出して勝負感を取り戻させるべきでしたが、そんな気もなく、これは一重に私のミスです。今回自分のクラス以外は観ていないので他の方については分かりませんが、ストさんのクラスを見る限りプロの方のみならず一般のオーナーさんも愛犬をチャンとベストコンディションに仕上げて勝負の日を迎えてらしていて素晴らしいと思いました。私としては当日を迎えるまでの過程を十分に楽しめたので結果に拘りはありませんが、出すからには勝ちたいと思うのが常のプロハンドラーのシャーリーには悪いことをしたかもと大いに反省・・・シャーリー、ごめんね。

IMG_2525_convert_20140412161906.jpg
IMG_2520_convert_20140412161946.jpg

ショー後のストさん
IMG_2523_convert_20140412162014.jpg
もうオラ、ショードッグは卒業しました感ありあり。

 お写真は「実際にお会いするのは初めましての」E子さんが撮って下さいました。E子さんはブログを拝見していてもお写真がとても上手で、ヤンチがショーに出ていた時もE子さんが撮って下さった写真で観に行かずとも様子が分かりとても有難かったです。今回、沢山おしゃべりが出来、楽しい時間を過ごさせて頂きました。有難うございました。

 私たちの為にわざわざ東京まで出向いてくれたC恵ちゃん、応援に来てくれたMちゃん、○○ーさん、Y美、M美ちゃん、そして温かく私達を迎え、お手伝い下さったコッカー関係者の皆様、本当に有難うございました。

 ショー後、ストさんんはC恵ちゃんと先に帰宅、私達は迎えにきてくれたMちゃんと銀座のホテルへ移動。明日は初めてのはとバスツアーです。わくわく?

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリック、ぷり~ず!
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村



Welcome to Japan 東京へ


 翌朝、心重く、荷物も重く東京に向け出発。

 今回のシャーリーの旅支度は流石車社会で生きるアメリカ~ン、キャスターなしの馬鹿でかいボストンバッグにサブバッグで、しかも劇おもっ! 常日頃自家用車やモーターホームで旅する彼女にとっては当然の旅支度なのですが、電車を乗り継ぐ旅には向かないよ~ 空港で見た瞬間からコレと自分の荷物とストさんを持って出かけるのか・・・死ぬな私、と内心。当日は幸い長男が新幹線まで荷物持ちとして付いてきてくれたので、行程の半分はクリアー(有難う!Mちゃん!)。後は品川→新橋、そしてゆりかもめ。頑張らねばと、ともすれば萎えそうになる自分を励ましつつ車内に。

 ストさん同伴ということで車内の一番前、足元広めの座席をゲットしたものの、小さなキャリーバッグの中でストさん、益々ご機嫌斜めに(体調もより悪そうに)。以前はペットカートで乗車出来た新幹線(JR)も今ではルールが下記のように変わり、ペット連れの旅が益々難しくなりました。皆が皆、車で移動する(出来る)訳ではないのでJRさんにはもう少しペットフレンドリーになってもらいたいものです。 

• 長さ70cm以内で、タテ・ヨコ・高さの合計が90cm程度のケースに入れる
• ケースと動物を合わせた重さは10kg以内

 ストさんの体調を考えると(無理に出す必要もないので)ショーをキャンセルした方が良いのではとも思いましたが、すでに色んな方が私達を迎い入れる準備をして下さっていましたし、シャーリーの日本でのスケジュールの関係もあり、出すか出さないかは様子を見ながら決めることに・・・ストさん、ゴメンね。品川に着くまでの間、あーだこーだと一杯おしゃべりし、富士山も見れ(シャーリー、興奮して何枚も写真を撮っていました)、今後の対処法のアドバイスももらって、少し気分が晴れやかに。

 しかし、品川で新幹線を降り、新橋への電車の乗り換えを済ませ、新橋に着いた段階で二人とも厄介な荷物にギブアップ。ゆりかもめを断念して、いや、無理!!でタクシーでホテルへ(タクシー様々、地獄で仏状態)。

 ホテルに荷物を預けて明日のショー会場であるビッグサイトへ。

IMG_2505_convert_20140410161402.jpg

 会場内では先に着いて待機していてくれたC恵ちゃんと合流。ストさんを預けて会場内を散策。

IMG_2506_convert_20140410161427.jpg
 
 パドック(ショーに犬を出陳するハンドラーさんやオーナーさんが待機し、犬の手入れをするスペースのこと)を通り抜けた時にシャーリーが一言、『酷い臭い。これがAKCのショーだったら、ここに居る半数の関係者はこの場から追い出されるでしょうね』と。え~っ!! 詳しく聞いてみると、アメリカでも近年、どんどんドッグショーを開催できる会場(特に屋内)が減っているそうです。理由は出陳関係者(参加者)のマナーの悪さで、犬の排泄物の処理をきちんとしなかったり、汚れたままの犬をパドックに入れたり、パドック内のサークルの中で糞尿をさせるなどもっての外。ショーを開催するクラブの関係者が一日に三回は見回りに来て、パドックを綺麗に使用していない人は即刻追い出されるそうです。ん~、厳しい。でも確かにナショナル展でも年々、会場として貸してくれるホテルが減っていると聞くし、日本でも同様のことが起こっていますから、そのぐらい厳しく管理する必要がある時期にきているのかもしれませんね。

CIMG8769_convert_20140410161502.jpg
ストさんが食べてくれそうなものを物色中。

CIMG8773_convert_20140410161549.jpg
現役トリマーさん達の競技会。着いた時には終わっていたのが残念。

 この日はホテルの傍の焼き鳥屋さんで夕飯を食べ、就寝。C恵ちゃんが用意してくれたクレートの中でご飯も食べず、丸まってひたすら眠るストさんに申し訳ない気持ちのまま眠りに・・・あぁ、自己嫌悪

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

Welcome to Japan 二日目


 『長旅の疲れもあるし、お世話する犬達もいないんだから今日はゆっくり休んでね』とシャーリーをホテルに送り届けたにも関わらず、長年の習慣って恐ろしい・・・そう、彼女は朝日と共に起きる人 。所変われども4時半~5時には目覚めていた模様。時差ぼけは大丈夫なのかしらと心配しつつも約束の時間にお迎えに行って我が家へ

 部屋に入ってきたシャーリーを見た時のストさんときたら、「この子やっぱりアメリカに帰りたいんじゃないだろうか」とこちらが落ち込むほどの喜びようで、心の中で。でもそんなストさんを見ながら、それだけシャーリーが一見厳しいながらも一杯愛情を注いで育ててきたんだなと改めて実感。ストさんのセカンドママとしてこれからの犬生を大切に見守っていかねばと思いました。

 しかし、感動の再会もショーリードを首にかけられた一瞬で消え、ストさん、幸せの絶頂から奈落の底へ。ついでに私にもストさんが『痩せてる』とお叱りが・・・。『えっ、でも体重はキープしてるけど(小さくなる声)・・・』という私に『体重じゃないの、肉づきが大事なの』と。揚句に『お腹が痛そう。何かがおかしい』とストさんの身体をチェックしながら言うシャーリー。え~!どうしたらいいの?!パ二くる私。

IMG_2500_convert_20140409011012.jpg

 実はストさん、とっても難しいところがあり、フードに対して執着なし。どんなフードもすぐ飽きるわ、食べないわの人(犬)なんです。その上、無理に食べさせると、ストレスから胃腸でバクテリアが繁殖して『お腹痛い病』を発症するという問題児。シャーリーもアメリカでストさんをショーに出している時は本当に彼のコンディションをキープするのに苦労していました。だから私がストさんを連れて日本に帰る時にはニッコリ笑って『主人に言ってるの。yukoがストライカーを日本に連れて帰ったら自宅の電話番号を変えるわって。だってあなたからひっきりなしにストライカーが食べないって泣きの電話が入るに決まってるもの』と・・・いけず。

 シャーリーが日本に来てストさんを引くと決めた時点から『私に痩せた犬を引かせないでね』と言われていたのですが、それを察してなのか、今までのフードに飽きたのか日にちが近づくにつれ、食べが悪くなってきました。仕方ないので無理やり騙し騙しハンドフィードで食べさせていたのですが、それが原因で『お腹痛い病』が始まった模様。この日は午後から出発前のトリミングの予定が入っていたので、その前に掛かりつけの先生の所でお薬を出して頂くことに。

 ここでまた問題が・・・シャーリーのいう薬が日本名ではなかったり、本来の用途とは違ったりで先生、困惑。それでも今までの経験でこの症状にはコレが効くというシャーリーの言葉を信じて同じ成分のお薬を出して下さいました。K先生、いつも有難うございます。ビックリさせてごめんなさい。

 その後いつもお世話になっている○○ーさんにトリミングサロンを貸して頂いてストさんのトリミングを無事終了。ストさん、ますますご機嫌斜めに
IMG_2585_convert_20140409011123.jpg
○○ーさん、遅くまでお付き合い頂き有難うございました。

さて、明日はとうとう東京に向けて出発です。

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

応援クリックをお願いしま~す
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

Welcome to Japan!!


 もうずっと以前から実現したいことがありました・・・それは私のボストンテリアのメンターの一人でもあり、長年の友人のシャーリーに何かの形で恩返しすること。

 シャーリーとは私が日本のボストンテリアのショーの世界に別れを告げた2003年に知り合いました。彼女はそれ以来ずっと陰に日向に私を支えてくれた友人の一人です。11年経ち、まだやっと何かを成すスタート地点に立っただけの私ですが、それでもここまでくる間には様々な紆余曲折があり、嬉しいこともあれば、煮え湯を飲まされることも多々あり、落ち込む私を傍らで叱咤激励して支え続けてくれました。正直、シャーリーがいなかったらとっくの昔にボストンの世界から足を洗って別の楽しみを見つけていたと思います。

 CALIFORNIA SCHOOL OF DOG GROOMINGの講師や、All-breed(全犬種)ハンドラーとして活躍してきたシャーリーですが、ボストンテリアのブリーダーでもあります。

Toby+Best+of+Variety+Westminster_convert_20140405021824.jpg
Toby: Best of Variety(所謂Best of Breed)at Westminster KC Show in 2001
Harley_convert_20140405021645.jpg
Harley: Best of Winners at Sand-to-Sea Non-Sporting show

 彼女のライン(血統)は今では失われつつあるEL-BO'sラインを脈々と受け継いでいます。EL-BO'sは日本のボストンテリアの祖とも言えるラインの一つです。
 自身の犬を心身共により健全に、そして少しでもスタンダードに近づけることを目標にブリーディングし、ショーを楽しんでいるシャーリーはペットパピーを売ることはあっても、決してショードッグ(パピー)を他人に売ることはありません。自分の周りの信頼できる友人にのみ譲渡してきました。

 そんなシャーリーから一人の友人としてストライカーという素晴らしいボストンテリアを譲って頂いたことには本当に感謝してもしきれない気持ちで一杯でした。何かの形で彼女の好意に報いたい・・・とずっと思ってきました。

Striker+GP2+MT+Palomar[1]_convert_20140405021608
Striker: Group 2nd(グループ2) at Mt Palomer KC Show

 今回ストライカーが日本に来たのを機に、近々行われるアジアインターで勝敗に関係なく是非シャーリーにストさんを引いてショーに出て楽しんで欲しい、日本のショーやボストンを見て欲しいと思い、お遊び(観光)も兼ねて日本に招待しました。

Shirley+arriving+in+Japan_convert_20140405021735.jpg
Welcome to Japan, Shirley! at Nagoya Central Airport

やっと少し恩返しが出来るかな?出来ると良いな。

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

今日も応援クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村


E Boston Terriersマガジン 4/5月号


E Boston Terriersマガジンの4-5月号がアップされました。

998940_613403988744739_665211450_n_convert_20140401232630.jpg
ご興味のある方はこちらからどうぞE Boston Terriers

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

| Bellecrest Bostons News & Topicsホーム |