若年性白内障の遺伝子検査が出来る新しい遺伝子検査機関


 私のホームページでご紹介していたオーストラリアの検査機関GTG(Genetic Technologies)が動物の遺伝子検査から撤退してしまい、皆様にご紹介できる検査機関がなくなってしまって困ったなと思っていましたが、お友達から耳より情報をゲットしましたのでご紹介したいと思います。

Orivet(オリベット)
ボストンテリアの若年性白内障の遺伝子検査が日本語で依頼出来る検査機関です。

 お友達の犬種(アメリカン・コッカー・スパニエル)と違い、ボストンテリアに重要視されている遺伝性疾患難聴・パテラ(膝蓋骨脱臼)眼疾患の三つです。そしてこの三つの検査のうち(お友達の弁をお借りして言えば)聴覚検査以外の検査は、日本の「何処に住んでいても」「誰でも」その気にさえなれば、調べられる検査です。

 何故検査が必要なのか検査が未来に繋がる真実を知る手段だからです。繁殖と関係ない年月を愛犬と共に過ごされる方には今後起こりうる出来事(疾患等)に備えることが出来ますし、繁殖をお考えの方にはその繁殖を行うべきか止めるべきかの判断材料になります。

 私はプロであろうが、素人であろうが、ご愛犬にタイトルがあろうがなかろうが、必要最低限の事前検査も行わないような繁殖には断固反対の立場でいます。

 こちらのブログ主様とは面識もありませんし、他犬種でもありますが、私が密かに尊敬している数少ない日本のブリーダーさんのお一人です。こちらの記事を読んで頂ければいかに日本のシリアスブリーダー達が健全で良質な子犬を世に出すことに苦労しているか、私が何故日本ではなくアメリカで繁殖しているのか分かって頂けることと思います。記事中で私と同じようなことを言ってらっしゃるので、同じような考えの方は同じことを仰るなと・・・笑。本当にこういうブリーダーさんがもっともっと日本にも増えると良いなと思います。

 純血種であるボストンテリアですから、スタンダードを無視しては語れませんが、私にとっての『良犬』とは性格が良く、健全で天寿が全うできる子だと思っています。タイトルはあれば嬉しいけれど、二の次とも言えるかな?
 ショードッグと言えども(CH直子を売りにして子犬を売ったり、種牡サービスを売りにする繁殖業者さんやペットショップ所有の子でなければ)、ショーで活躍する年数よりも家庭で家庭犬として過ごす年数の方がずっと長いのだから、天寿を全うするその日まで不自由なく過ごしてくれるのが一番!と家に居る時は介護にどっぷり勤しんでいるものとしては思います、本当に。

 なんか話がズレちゃった感がありますが、是非、特に繁殖をお考えの方は、こういった検査を活用して、愛犬、又はその子犬達とのより良いクオリティ・オブ・ライフを目指していって頂きたいなと願っています。

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

じっ様14歳の誕生日


 もう日付が変わってしまいましたが、18日はじっ様、ラルクの14歳の誕生日でした。

 もう何年も心臓弁膜症に加え胆嚢炎の薬を飲み続けているじっ様。目も見えず、ボケも進み、足腰も随分弱ってきました。薬を飲み続けていても病気の進行は止まることはなく、今は安定していますが、徐々に下り坂に向かっているのは事実で、一日の大半を眠って過ごすことが多くなりました。

 いつかはその日が来ることは分かっていますが、今日無事14歳の誕生日を迎えることが出来、本当に良かった・・・

14歳のお誕生日おめでとう、ラルク!!
IMG_2079_convert_20140919015120.jpg
写真ではケーキに反応しているように見えますが、実際は何も分かっていないじっ様

IMG_2085_convert_20140919015140.jpg
今回のケーキも前回に続きアトリエワフさんにお願いしました。お顔もですが、頭の模様がラルクだ~

まだ若くて元気な頃のラルクがモデルです
IMGP1063_convert_20140919020715.jpg
注文が遅かったのにも関わらず18日に間に合わせて頂き、本当に有難うございました

来年もお祝い出来ると良いな~。出来ますように・・・

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

E Boston Terriersマガジン 9/10月号


 今日二度目の投稿です。

E Boston Terriersマガジンの9/10月号がアップされました。
201409162154469ff.jpg

ご興味のある方はこちらかどうぞ。

我が家のタンゴとビビのパパが28-29ページに載っています。ストさんと同じブロンズ・グランド・チャンピオンを完成したようです 
Congratulations!!

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

乙女チックな気分に浸った夏の終わり


 ここのところヤンチマンの口の中に大きな歯肉炎を見つけた以外は何事もなく平和な我が家。あまりの平和さにガ―リーな世界にハマっていました。

 友人からは「50の手習い?」なんて揶揄されましたが、どれも一日限りのワークショップですから~!!

キャンドル作家Solajuさんの素敵な作品。香りも良くてツボにハマりまくり
IMG_3179_convert_20140916142725.jpg
今こんな風に花びらを使ったボストンテリアキャンドルをオーダー中。出来上がりが楽しみです

 Solajuさんが友人が経営するカフェ(Cafe & Gallery DEE)でワークショップを開催されるということで参加させて頂きました。

最初に作ったのがこちら。ワックスバー1号(笑)。
IMG_3521_convert_20140916143001.jpg
イランイランやハイビスカスといった6種類の香りから好きなものが選べました。このワックスバー1号は娘に取られちゃったので、ワックスバー2号を作りました。
IMG_3555_convert_20140916143031.jpg
夏の終わりをイメージしてチョッと地味目のお花を飾ってみました。

後日作らせて頂いたのは私のお気に入りのパンプス型キャンドル。
IMG_3699_convert_20140916142754.jpg
Solajuさんが用意して下さったパンプス型キャンドルに思い思いに選んだ花びらを貼りつけていくだけなのですが、好みの色や花びらの形、貼り付け方に皆さんの個性が出て、出来上がりを見るのが楽しかったです。綺麗なものは見ているだけで楽しいですしね。

 最近、こういった若い作家さん達が町おこしを兼ねてチョッとしたクリエーターズマーケットを開く機会が増えています。この連休も『岐阜クラフトフェア』なるものがJR岐阜駅で行われているのを知って、初めて行ってみました。
IMG_3719_convert_20140916142827.jpg
左上から時計回りに木工玩具の恐竜君(by PECHKA )。なかなかに手の込んだ作りで紐を付けて引っ張ると味のある動きをします。「こんなお値段で頂いて申し訳ない」とこちらが言いたくなるくらいの出来です。

Glass Niqueさんのお花の万華鏡。
IMG_3724_convert_20140916142926.jpg
万華鏡として使用していない時は可愛いインテリアになりますね。
IMG_3722_convert_20140916142857.jpg
なかなかに綺麗なモザイク模様が楽しめます。

 スティッチ刺繍のボストン(フレンチ?)君はご愛嬌です。もう一点、素敵な切り絵も購入したのですが、そちらは額の変更をするということで後日頂くことに。

 しかしやっぱりこういうイベントに出かけると楽しいけれど、恐ろしい勢いで財布が軽くなります。と言っても、今回軽くなったのは主人の財布でしたが・・・。助かったぜ(笑)

 今週末からは娘と久々の母娘旅。今から楽しみです

IMG_3715_convert_20140916143153.jpg
なんかとっても可愛くない顔で熟睡中のじっ様とばっ様。この二匹の状態が落ち着いていてくれるのが本当に有難い。この18日でじっ様(ラルク)、14歳になります。ケーキでお祝いしなくちゃね

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

ライオンより強いボストンパピー!?


 Facebookでシェアされていた映像ですが、凄いぞ、強いぞボストンパピー

 大人になれば180kg以上の体重差になるライオンとボストンテリア。大きくなってからのことは想像すると怖いのでパス!だけど、一緒に遊んでいるライオンの赤ちゃんが優し過ぎるのか、なんともメチャクチャ強気のパピーです(女の子っぽい)。



いつまでも仲良くね・・・。ライオン君達のおやつになったりしませんように・・・。

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

BabyからPuppyへ


 私がフラフラとあちらこちらに飛び回っている間に、5月に生まれた我が家のお嬢さんたちはもうすぐ満四か月になります。

生後0日
DSCN0027_convert_20140906171456.jpg

生後一ヶ月
DSCN0008_convert_20140906163415.jpg

IMG_3049_convert_20140906165047.jpg
生後一ヶ月後半(共に上ViVi、下Tango)
IMG_1987_convert_20140906170622.jpg

生後二ヶ月
DSCN0047_convert_20140906163913.jpg
段々、性格の違いが分かるようになってきたみたい・・・タンゴの悪そうな顔。ビビのこと押しつぶしてるし

生後三ヶ月後半
IMG_7073_convert_20140906171541.jpg
上: ViVi、下: Tango

 先月の末には親元のブリーダーさんちからシャーリーの下に移った二匹。この冬には別々の地に別れ住み、それぞれの地でショーに出るための訓練が始まります。今後の成長も私には遠い日本から見守るしか出来ませんが、心身ともに健やかに育ってくれることを願うのみです。そして何より、私にとっては将来ブリーディングを考える際に必須であり、することが当リ前である、最低限の三つの検査(難聴、パテラ、眼底検査)にパスしてくれることを願っています。
 タイトルや見た目重視だけで何の検査もせずに交配、繁殖しているという現実が気にならない方が大半であっても、目の前にこういった遺伝性疾患があり、その中のいくつかは検査をすることで確実に避けられる、減らしていけるという現実を知った私には、検査をし、クリアーというお墨付きを頂かない限り、どんな素晴らしい犬であろうが交配対象にすることは出来ません。なのでこの子達が無事検査にパス出来ることを心から願わずにはおれません。パスしてね~

良かったら読んでくださいねボストンテリアと三大疾患&検査

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

初北欧の旅 【5】 再びヘルシンキ観光 & more


 無事ヘルシンキに戻り、今日はアメリカから来ているブリ友、マクシィーンとダイアンと市内観光へ。HOHO(Hop-on Hop-off市内観光バス)であちらこちらへ

まずはヘルシンキのランドマークの中で一番有名な、ルーテル派総本山の『ヘルシンキ大聖堂』へ。
IMG_3302_convert_20140902023157.jpg
沢山の人が思い思いに大聖堂に向かう階段の上で寛いでいました。

大聖堂の下に広がる元老院広場に建つロシア皇帝アレキサンダー2世の銅像。
IMG_3300_convert_20140902023927.jpg

偉そうな皇帝アレキサンダー2世の頭の上にこれまた偉そうなカモメが。
CIMG0685_convert_20140902023804.jpg
なんか良い休息場所にされてますね、皇帝陛下

大聖堂の祭壇にはサンクトペテルブルク出身の画家ネッフ教授(T.K.von Nef)によって描かれた「イエスの埋葬」という絵が飾られています。
IMG_3305_convert_20140902024429.jpg

そしてこれまた見事なパイプオルガン。
IMG_3304_convert_20140902024516.jpg
しかし、内部はいたってシンプルな大聖堂でした。

通称ROCK CHURCHで有名な『テンペリアウキオ教会』。岩山をくり抜いて造られています。
CIMG0669_convert_20140902024109.jpg
残念なことにこの日はウェディングが行われていて入場はできず。残念
中はこんな感じだそうですRock Church (Temppeliaukio Kirkko)

IMG_3367_convert_20140902024554.jpg
こちらは北欧最大のロシア聖教の教会、『ウスペンスキー寺院』。

簡素なヘルシンキ大聖堂とは対照的にきらびやかな装飾やイコンで溢れていました。
CIMG0700_convert_20140902174348.jpg

 目玉的な観光はこんなところかな。今日はタラが皆の為にアレンジしてくれたディナークルーズに出かける為に早目に観光を切り上げ、港へ。
CIMG0706_convert_20140902024647.jpg
IHA Lines Oy(ヘルシンキクルーズ)

アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、フィンランド、スウェーデン、そして日本の皆でワイワイ楽しくお食事をしました。
IMG_1954_convert_20140902163012.jpg

 さて、明日はとうとうワールド・ドッグショーです。というこで、最初の記事に戻ります。
World Dog Show 2014
World Dog Show (2) ボストンテリアブリード戦
World Dog Show (3) グループ戦 & Best In Show
IMG_3328+-+繧ウ繝斐・_convert_20140902182637
良かったらまた見てね~

初北欧の旅、今記事が最終回です。ここまでお付き合い頂いた皆様、有難うございました。

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村





| Bellecrest Bostons News & Topicsホーム |