トルコへプチ同窓会 5月12日 イスタンブール到着


 アブダビから順調に飛行し、13時過ぎに無事イスタンブールに到着。 Istanbul, here we come!! 

 到着後、すぐにプライベートツアーをお願いしていたのでガイドさんを探しましたが、ん、いない!? 少し遅れて可愛いガイドのお嬢さんが到着、市内へ

 まずは小高い丘の上にあるピエール・ロティのチャイハーネへ。このチャイハーネ(喫茶店)の名前の由来ですが、フランス人の作家、ピエール・ロティが小説を書いたり、恋人との待ち合わせ場所としてこの景色の良い丘の上に通っていたことからピエール・ロティのチャイハーネと呼ばれるようになったそうです。

ピエール・ロティのチャイハーネまではロープウェイで行きます。
P1020003_convert_20150531013915.jpg
が、丘までの間にあるのがお墓って(白く点々に見えているもの)どう?高級墓地らしいけど・・・

しかし、丘の上からは金角湾(Golden Horn)が一望出来、見晴しは最高。
IMG_5412_convert_20150531025846.jpg
日本からのツアーではあまり訪れることのないチャイハーネだそうですが、周辺国やヨーロッパからの観光客、現地の方がよく訪れる場所だそうです。この日も展望の良いテーブル席は満員御礼状態。時間が遅くなればなるほど、仕事帰りの人達で益々混雑するそうです。
IMG_5416_convert_20150531031311.jpg
ここで初チャイを頂きました。
IMG_5417_convert_20150531033756.jpg
伝統的なチャイグラスと受け皿。美味しかった

 チャイで乾いた喉を潤した後向かった先は・・・そう、私が今回のイスタンブール訪問で絶対に行きたかった場所。スレイマニエ・ジャーミィ
P1020062_convert_20150531154935.jpg
って、全然全貌が写ってないし

 イスタンブールは前回こちらで同窓会が開かれた時に参加出来ず、私にとっては死ぬまでに(大げさ)絶対一度は訪れたい場所になっていましたが、トルコ旅行を計画した際に色々と下調べをしているうちに見つけてしまったドラマがあります。
2766171_1418104137_7525_funddescription_convert_20150531152241.jpg
ジャン!その名も『Magnificent Century(華麗なる世紀)』。

 16世紀のオスマン帝国第十代君主スレイマン1世とその愛妃ヒュレッム(奴隷の身分から皇后にまで登りつめた女性)のラブストーリーを軸に全盛期のオスマントルコとハーレムの様子を描いた、日本でいう大河ドラマ(?)的な長編大作なんですが、これがもう(あくまでも私見ですが)メチャクチャ面白い!人間模様も面白いのですが、衣装も豪華絢爛でハマりにハマっています。全140話くらいあり、まだ75話までしか英語の字幕が付いていませんが、YouTubeで見ることが出来ます。このドラマの影響もあり、イスタンブール熱が益々燃え上がった次第です

 で、この二人が眠っている霊廟のあるスレイマニエ・ジャーミィには絶対行きたい!ということで連れて行ってもらいました。
 スレイマニエ・ジャーミィはスレイマン大帝が当時トルコ最高と言われた建築士、ミマール・スィナンに造らせたもので、ブルーモスクやアヤソフィアよりも地元の方に人気のジャーミィだそうです。ジャーミィに入る際、女性は頭を隠す為のスカーフ着用要。男女共にノースリーブ、ショートパンツ、サンダル等、肌を露出するような恰好はNGです。
P1020023_convert_20150531160559.jpg
ドーム装飾とシャンデリアが美しいジャーミィ(礼拝堂)の内部。

P1020033_convert_20150531160819.jpg
ジャーミィの前庭。 四つ角に一本ずつミナーレ(尖塔)が建っています。この写真の中のミナーレにはバルコニーが二つですが、三つのものも二本あり、計10個のバルコニーがスレイマン大帝が第十代君主であったことを表しています。バルコニーの数がこういった意味を表すのはここだけ。

P1020036_convert_20150531160919.jpg
お祈りの前に信者の方々が身を清められる場所。穴が開いている部分(鼻の穴、口、耳等)を三度ずつ洗うそうです。こちらは男性信者専用の洗い場。
P1020037_convert_20150531164808.jpg

そしてとうとうお目当ての霊廟へ。
P1020040_convert_20150531161051.jpg
 こちらはスレイマン大帝が眠る霊廟。なんと改装中で中を見ることが出来ないとぉ~~~!!!せっかくここまで来て見れないなんて・・・一瞬テンションがダダ堕ちした私ですが、ここは執念の人(笑)、窓に張り付いて見て来ましたよ~~~
P1020051_convert_20150531170525.jpg
真ん中がスレイマン大帝の棺。左右に眠るのはスレイマン2世とアフメト2世とか。

奥にヒュッレムが眠る霊廟。右手前にあるのがスレイマン大帝の霊廟。
P1020042_convert_20150531171204.jpg
P1020053_convert_20150531171626.jpg
こちらも改装中で中が見れないという事で再度窓に張り付いて見てきました(笑)
P1020054_convert_20150531171935.jpg
手前がヒュッレム妃の棺。愛娘のミフリマーと一緒に眠っているということですが、とても愛し合っていたというスレイマン大帝と並んで眠れないのはなんか可哀相

お目当てのスレイマン大帝とヒュッレムに会えた後は、ご満悦で次の観光場所、エジプシャン・バザールへ。
P1020067_convert_20150531173004.jpg
沢山のお店と客引きの掛け声で賑わっていました。

そして今日のツアー最後のボスポラス海峡クルーズへ。途中で有名なサバサンドを買ってみました。
P1020070_convert_20150531173040.jpg
P1020071_convert_20150531173252.jpg
実はこのサバサンド船、後ろから見た方が凄く可愛いんです
P1020077_convert_20150531174133.jpg
見ずらいけれど装飾が可愛くてまるでディズニーランドにある船のようです。
P1020073_convert_20150531173111.jpg
サバが脂っこいようで意外とあっさりしていたのと、スライスした生玉ねぎとよく合っていて美味しかったです

船から見えるガラタ橋
P1020076_convert_20150531173327.jpg
橋の下にはシーフードレストランが並び、どこも美味しいそうです。

P1020079_convert_20150531175002.jpg
ファーティフ・スルタン・メフメト橋
日本の政府開発援助の下、日本企業によって建設された橋だとか。ここで引き返してクルーズ終了。今晩の宿泊地であるスイテル・ボスポラスホテルへ。

つづく・・・

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

トルコへプチ同窓会 5月11日 出発編


 前回の記事でお話しましたが、11日から22日までトルコに行って来ました。今回は高校時代の悪友、Y美と品川で合流して成田からの出発

モチロン、この方も一緒です
11225889_10204609000644981_1843549349_n_convert_20150528183034.jpg
私の旅のバディ、Mr Boo

 今回利用したのはアラブ首長国連邦(United Arab Emirates / UAE)の航空会社の一つETIHAD航空。UAEの飛行機だし、どんな優雅な旅が待っているのかとワクワクしていましたが、機内に入って座席を見た瞬間、口から出たのが『狭っ!』の一言・・・他の航空会社の同クラスの座席の2/3位の広さしかない上に物を置くスペースが殆どありません。この時点でテンションダダ下がり・・・
IMG_6468_convert_20150528235542.jpg
 Facebookでお友達に愚痴ったら、「なんでターキッシュ航空にしなかったの?直行便なのに」と言われてしまった私達。「だってUAEの飛行機に興味があったしぃ~」・・・と嘯きましたが、実のところはアブダビのラウンジで受けられる『無料エステ』に心がガッチリ掴まれていたのと、懐具合と相談した結果の選択でした(だって、直行便高いんだも~ん笑)。

 「狭い、狭い」とボヤく私達を乗せアブダビに向け出発したですが、その後もっと悲惨なことが・・・。一度、渡航先到着時に携帯が電池切れ状態になっていて、お友達と連絡が出来ず困った経験のある私は、それ以降機内で携帯を充電することにしています。今回もいつものように携帯をUSB端末に接続したら、なんと前方のタッチスクリーンがバグって動かな~い!キャビンアテンダントさんに見て頂いたら、たまにこういう事がありますと・・・それ、ボロすぎでしょう?!そうこうしているうちにどうやら客室全体の電気系統に問題が生じている様子。隣のY美のスクリーンも動かず、「動かないねぇ~」と言い合っていたら、なんと、突然客室の電気が全て落ち、ほぼ真っ暗闇に・・・ それでも飛び続ける飛行機。大丈夫なのかぁ~?温め損ねた生ぬるいスープを携帯の懐中電灯機能で照らしながら飲みつつ、突然堕ちるんじゃないかという恐怖と闘う私(心臓に悪いよ~)。
IMG_5384_convert_20150529002857.jpg
 デザートを食べ終わる頃には無事電気が復旧し一安心。しかし、高校時代から今日に至るまで100回近く飛行機に乗っていますが、こんな経験は初めて。「話のネタが増えて良かったじゃん」と隣で笑うY美。いや、あなた、若い頃ならいざ知らず、こんなおばさんに心臓に悪いことはNGですよ、ホント

 そんな始まりでしたが、その後は順調にアブダビへ。翌朝の4時半過ぎに着いたアブダビ国際空港はとっても静か。でも、職員の皆さんは朝早くからシッカリ働いてらっしゃいました。
IMG_5385_convert_20150529002938.jpg
乗り継ぎゲートに向かう途中で見かけたスリーピングポッド室(25台設置)。私達のように早朝に到着し、乗り継ぎ便を待つ間、ここで仮眠を取られる方もいらっしゃるのでしょう。空港内で使用可能なベビーカーの貸し出しもあり、なかなかに心配りのあるアブダビ空港。

私達はお目当てのエステを目指してひたすらラウンジへGO!GO!GO! 笑
IMG_6469_convert_20150529010519.jpg
 エステの受付が6時始まりということで用意されていたお料理や飲み物を頂きながら待つことに。写真は朝の5時から赤ワインを注文するY美。このY美さま、『私の血はワインでできている』と仰った某女優さんに負けず劣らずのワイン大好き人間(但し赤ワイン限定。笑)。成田のラウンジから始まり、機内、そしてここでも赤ワインを飲んでご機嫌さん。楽しいことは良いことだ~で、見ているこちらも幸せな気分にさせてくれます

 その後予定通りにエステで乾燥し尽した肌に潤いを与えてもらい、シャワーを浴びて出てくると、ちゃっかりネイルまでなさっているY美(早っ!)。そしてその傍らには当然のように赤ワインのグラスが
IMG_6473_convert_20150529235428.jpg

 ラウンジで優雅なひと時を満喫した後、再びゲートへ。
IMG_5387_convert_20150529004950.jpg
途中、ダチョウの卵に装飾を施したアートがディスプレイしてあったり、
IMG_6474_convert_20150530002416.jpg
中近東らしくラクダの置物がおいてありました。Mr.Booが乗ってるの分かりますか?

さよなら、アブダビ空港 イスタンブールに向かいます。
IMG_5403_convert_20150530004405.jpg
滑走路からなんか変わった形の建物が見えました。何だろう?管制塔の一つでしょうか?
IMG_5405_convert_20150530004434.jpg

そうそう、アブダビでとっても美味しい飲み物に出合いました。
IMG_5409_convert_20150530004505.jpg
ミント(ハーブ?)の入ったレモンジュースです。ミントの入り具合が絶妙でハマりました~

次回はイスタンブール到着です

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村


帰国しました


 22日に無事12日間のトルコの旅を終え、帰国しました。もっとトルコに居たかったというのが正直な気持ちですが、いつものことながら楽しい時間はあっという間に過ぎ、シッカリ日常生活に戻りつつあります。ただ、これもここ数年いつものことですが歳のせいかなかなか疲れが取れません・・・遊びに行って遊び疲れしてちゃいかんだろと思うものの、悲しいかな、身体がついていかない

 トルコ旅行についてはもう少し元気が出て、写真の整理が終わったらお話したいと思います。良かったら読んで下さいね。

 私が留守中起こったことの一つに、なんとビックリ、ミカンの子犬を譲って欲しいというリクエストをロシアのブリーダーさんから頂きました 今までにも交配や犬の貸し出しのリクエスト、血統についての問い合わせを海外(主にアメリカ以外の国)のブリーダーさんから頂いたことがありますが、流石にこれにはビックリでした。だってミカン自体がまだまだお子ちゃまな上に、まだ海の物とも山の物とも分からない状態ですから、これは流石に気が早過ぎでしょうと・・・。きっとエドナと今活躍中のビニーの子だからだと思いますが、正直こういったリクエストにはお応え出来かねるというのが私のスタンスです。

 日本よりは恵まれてはいるものの、欧州でも日本同様にボストンテリアの遺伝子プールが少なく、すぐに血が濃くなってしまいます。なのでブリーダー達は皆、新しい血を求めることに必死です。繁殖の為に良血を求めたいという気持ちは同じ立場にある私にも充分に理解出来るものの、パッと見、見た目が良いから、ショーでよく勝っているから、有名犬舎の犬だからといった表面的な判断だけで、実際の犬も見ず(経験豊富で犬の良し悪しをチャンと見極められるブリーダーほど写真がいかに当てにならないかということを良く理解しています)、その犬の血統(後ろにどんな犬がいて、どんな長所や欠点があるか、遺伝性疾患の有無等)について何も調べることもなく交配や子犬の譲渡を依頼する姿勢には賛同出来かねます。

 また、短いながらも私の経験から言わせて頂けば、そういったブリーダーほど自分の見える範囲の犬しか見ない勝ち負け(タイトル)にのみ拘る遺伝性疾患の検査をしない、そしてスタンダードを自分の都合の良いように解釈する傾向が強い気がします。特にロシアを含むヨーロッパの多くのブリーダーは新しい血なら何でも良いといった人が多く、そのせいか同じ犬舎の犬でもタイプに一貫性が乏しいといった結果になっています。やはり協力し合って良い犬を作るには同じ価値観や方向を向いている方でないと難しいものです。なんか固い話になってしまいましたが、あまりに気の早い話にビックリしたというお話でした

 そして、嬉しいことにViViがまたBOBに輝きました。と言っても頭数の少ないショーでしたからそんなに大袈裟に言うほどのものではありませんが、一歩、一歩チャンピオンに近づいていてくれるのはやはり嬉しいものです。
DZ3_8865_convert_20150525183111.jpeg
ヤッタネ、ViVi!おめでとう!!

 良いニュースもあれば悲しいニュースもあり、私の留守中にお友達の家の葵ちゃんがお星様になりました。旅行前から分かっていたとはいえ、あまりに早いお別れに、生前から葵ちゃんを知っていた私としては淋しさが募ります・・・安らかにね、葵ちゃん

 Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

行ってきます


 前回お話したミカンちゃん(クレメンタインというのが面倒なのでとりあえずちゃんと呼ぶことにしました)のことをFacebookでブリ友達にもお知らせしたら、沢山の方から「良かったね!」、「なんてラッキーなの(はい、そう思います)!」とか「楽しみね!」、「ショーで早く見たいわ!」といった祝辞を一杯頂き、その注目度に改めて凄い子を譲って貰ったんだと実感すると共に、この幸運が幸運過ぎて怖くなっている私です。

 ブルーク曰くデビューは来月末の単独展(一犬種のみのショーのこと)を予定しているそうですが、ショーマナーよりも私が楽しみにしているのがこちら↓(笑)

59701_365503963558469_325608968_n_convert_20150510191913.jpg
Photo credit: Ms Brook Berth

 母犬のエドナがリングの中で必ず見せていたパフォーマンスのハイタッチ 『ファミリー・トレディションとして是非ミカンにも教えて』と言ったら、『もう教えてる。お座りの部分までは出来るようになってるわ』って(笑)。「一体何を頼んでるんだろ、私」って感じですがミカンのハイタッチを見るのが今から楽しみです。

 とりあえずそんな楽しみを胸に私は明日から世界三大料理の一つが食せる魅惑の国にプチ同窓会に行ってきま~す

 そして忘れちゃいけない今日は母の日 皆様、お母様に感謝の気持ちを伝えられましたか?私もささやかながら母にお花を贈りました。

11255858_10153341998203945_1859245443673426638_n_convert_20150510192010.jpg
可愛い愛犬を生んでくれた母犬にも感謝ですね 
Happy Mother's Day!!

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村


 

アンビリーバブルな出来事!!


 それは突然のメールで始まりました。私にとっては夢のような、いや夢の出来事、それも盆暮れ正月がいっぺんに来た以上の出来事が起こりました。

 このブログを以前から時折にでも読んでいて下さっていた方(有難うございます)はご存じだと思いますが、あまたのボストンテリアの中で私がず~~~っと好きだった犬にEdna(エドナ / GCH Gunther's Gussied Up Edna)という犬がいます。今のVinny(ビニー)同様にスポンサーが付き、何年もキャンペーンをはってショーリングで全米No.1を含む素晴らしい成績を数々収め、活躍してきた子です。

御年5歳のエドナちゃん
Edna2_convert_20150506161102.jpg
Owned by Andy and Jack McIlwaine, Bred and co-owned by Brook Berth, so does Photo credit

 そのエドナちゃんが去年、ビニーとの間に初めての子犬を出産しました。玉のように可愛い女の子が二匹

 もう何年も前からブリーダーのBrook(ブルーク)には会う度に、嫌がられるくらいしつこく(笑)、『エドナちゃんの子犬が産まれたら絶対に教えてね(頂戴ね←心の声)!』と口説き続けてきた私ですが、内心は絶対無理!だと思っていました。だってエドナちゃんの子供を欲しがるブリーダーはアメリカのみならず世界中に山の様にいますし、ましてクラフツやワールド・ドッグショーといった世界的にメジャーなショーが開かれるような国のブリーダーならともかく、そのようなメジャーなショーもないアジアの島国の、これまたブリーダーとも言えない(どちらかというとペットオーナーである)私に譲ってくれることがあるなんて「まずありえないよね」と、可愛い写真を見ては心の中でため息をついていました。

 それでもダメ元で言っておこうと(シツコイ)、『共同オーナーの意向もあるし(アメリカには日本と違い共同オーナー制度有り)、とりあえず一歳くらいまでは子犬の成長を見守りたい』と言うブルークには『もし気が変わって一匹手放すことがあったら、(一番に←力説!)教えてね』と伝え、父犬のオーナーであるシャーロン(我が家のヤンチのブリーダーさん)にも『この組合わせの子ならヤンチのお嫁さんにピッタリだからシャーロンからもお願いしてね』と懇願(神様、仏様、シャーロン様々)(笑)。

 そんな感じで日々が過ぎていたのですが、なんとこの5月4日にブルークからのメールを見てビックリ!!!『喜んで!共同オーナー(兼スポンサー)のアンディがあなたに一頭譲ることを承諾してくれたの』と・・・思わず、『からかってる?』って聞いてしまいましたよ、ホント

 正直なところ未だに狐につままれたような気分です。だって、長年憧れ続けてきたエドナちゃんの子が私のものになるんですから・・・。それもヤンチの血統であるSabe'sの血をも受け継ぐ子です。

 エドナちゃんは今年5歳、次の交配があるか分からない上、あったとしても相手は別の血統の牡かもしれません。私の一生分のボストンテリアに関する運を使い切った感のあるチャンスですから、もうなりふり構わず二つ返事で譲って頂きました

 ということで、我が家のニューフェース、『Gunther's Oh my Darlin'』、呼称Clementine(クレメンタイン、日本語で”小さな甘いミカン”という意味です)です。
2015-05-04_convert_20150506171941.jpg
2015-05-04(3)_convert_20150506172010.jpg
2015-05-04(4)_convert_20150506172035.jpg
現在7ヶ月(↓の写真で比べるとパパ似かな~?)

父親BIS MBISS GCH SABE'S SIMPLY INVINCIBLE (全米No.1間近。現在No.2)
10801752_1034730859876221_6223080813846992127_n_convert_20150506172605.jpg
Photo credit: Mrs Sharon Saberton

母親MBIS MBISS GCH GUNTHER'S GUSSIED UP EDNA(2012年全米No.1 / 母方の祖父は今年のウェストミンスター展BOBのホスです)
Edna4_convert_20150506173113.jpg
Photo credit: Ms Brook Berth, Andy and Jack McIlwaine

パピー、パピーしていた頃
Grandma+Gertie+with+Doris++Clementine_convert_20150506173619.jpg
同胎のDoris(左)とクレメンタイン(右)
Photo credit: Ms Brook Berth & Y.Shinoda

 今後はブルークと共にショーに出ながら、各種検査もしていってもらう予定です。因みにブルークはこれまた私の憧れの超一流ハンドラー、カルロス・J・プィグの愛弟子でもあり、仲良しのお友達なので、もしかしたらクレメンタインを引いてくれることもあるかもです(キャ~!)。

 西海岸で頑張っているViVi、東周辺で頑張っていくCelmentine、共に元気で頑張って欲しいものです(お金が続くか心配)。早く会いたいなぁ~。

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村


ボストンテリアケーキの全貌


 お友達が前の記事でご紹介したケーキの全貌を撮った動画をシェアしてくれました


グルッと一回りボストンテリアだらけで可愛い 実物を見たかったな。

 前日の記事でまだロゼットと一緒の写真がなかった犬の写真をおいおい入れ替えて行く予定ですので、良かったら見て下さいね。

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村




2015年度のナショナル展が終わりました。結果は・・・


 2015年度のナショナル展が終わりました。

2015 BTCA National Specialty
2015+National_convert_20150421234442.jpg
Judge: Mrs Houston (Toddie) Clark

Best of Breed
BIS BISS GCH Naughty Norteno's Clik Clik Bang
Owned by Marshan Fish & Stephanie House
Tommy_convert_20150502141933.jpg
Photo Credit: Marshan Fish & Stephanie House

 私の予想は外れて現ブリードランキング全米No.1のTommy(トミー)がBest of Breedに輝きました。これで暫くトミーのNo.1はゆるぎないと思います。 Congratulations to Tommy, Marshan & Stephanie!!

Best of Winners
Kennedy's J's Flora and Fawna (Fawna)
Bred & Co-owned by Vicki & Sarah Kennedy, Owned by JFANNE IARSSFN
11188348_10153235671827910_4565614088402541877_n_convert_20150503211402.jpg
Photo credit: Ms Sarah Kennedy

Best of Opposite Sex
GCH Gumbo's Stargazing at Northern Lights (RoRo)
Bred and Owned by Jami N Robert Mangum, co-owned by Candy & Jack McEnaney
RoRo_convert_20150502144924.jpg
Photo credit: Jami N Robert Mangum

Select Dog
GCH Gumbo Kean's Cosmic Stargazer (Galileo)
Bred & Owned by Jami N Robert Mangum, Co-owned by Jennifer Martin
40175_1495801110859_7058155_n_convert_20150502150655.jpg
Photo credit: Jami N Robert Mangum

Select Bitch
GCH Katbird's Evolution Matters at Kayas (Eve)
Eve_convert_20150502151301.jpg
Photo credit: Adrienne Hullender & Pamela Preston
Eve(イブ)ちゃんは去年のナショナル展のBOBです。

Awards of Merit
1. GCH Sabe's Simply Invincible (Vinny / 来年こそ頑張れ!)
Vinny3_convert_20150502151955.jpg
Photo credit: Mrs Sharon Saberton

2. CH Weywood's Fortune Knocks (Eugene)
Gwenn+s+Eugine_convert_20150502150201.jpg
Photo credit: Ms Gwenn Weyandt

3. GCH Rio's Ocho Loco
4. GCH Chaselands Bernice Bullard (Bernice)
5. GCH Campbell Clan's Simply Scandalous (Scandal)
Bred by Danielle Campbell. Owned by Katie Cleary
Scandal_convert_20150503001625.jpg
Photo credit: Danielle Campbell & Katie Cleary

6. GCH Martini's Jameson Nightcap (Jamie)
Jamie_convert_20150502153014.jpg
Photo credit: Linda martin

7. CH Lonestar's Ava Ava Bo Bava (Ava)
8. MerryGold I Luh Ya Papi (Papi)
Papi_convert_20150502153919.jpg
Photo credit: Ray Scott

Winners Dog
MerryGold I Luh Ya Papi (同上、Papi)

Grand Futurity Winner
QBs Put a Little Love in your Heart (Lovee)
Bred & Owned by Jodi & Dominic Koon
11154584_10152977906923681_7486135365876552949_o_convert_20150502154850.jpg
Photo credit: Jodi & Dominic Koon

Boston Terrier of the Year 2015
GCH Chaselands Bernice Bullard - Bred & Owned by Chad Howard
People's Choice Award
GCH Tara's Mango Madness - Owned by Margaret Noble & Barbara Grizlo
Mango_convert_20150502160143.jpg
Photo credit: Margaret Noble & Barbara Grizlo

Congratulations to all the winners!! Also thank you for kindly sharing the photos with us!!

 始まったと思ったら、あっという間に終わったナショナル展でした。来年はニューオリンズで開催されます。来年は行くぞ~

おまけの写真

これ、何だと思います?
10396295_10205596494143374_2531000029692072884_n_convert_20150502160957.jpg

 最終日の晩のバンケットで振る舞われたケーキだそうです。凄いというか可愛くないですか?エレベーターがない(ドッグショーの開催場所としてこれはないでしょ)、水が出ない、電気が止まった等、色々あったそうな今回の会場のようでしたが、これで帳消しにしてあげても良いかも(笑)

 もう一枚は、私が勝手に命名した空夢ママさんのとんがり帽子が無事海を渡り、Vinnyもトンガリーズの一員になりました
FullSizeRender - コピー
これで来年のウェストミンスター展に行ってもお耳が寒くないね。

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

| Bellecrest Bostons News & Topicsホーム |