女の子たちの近況


 老母の世話に明け暮れている飼い主の下に海の向こうから女の子たちの近況が届きました。

 まずはシカゴ近郊に住むClementine(ミカン) もうあちらは寒くなってきたのでしょうか?一緒に暮らしているみんなとお団子状態になって寝ています。ちゃっかり真ん中に陣取っているところがミカンらしい(笑)
IMG_5975_convert_20150929192828.jpg
お隣のグリフォン(?)ちゃんの『この子、強引で困っちゃう』と言いたげな顔が楽しい

こちらはまたBrookが撮ってくれた素敵なポートレイト
IMG_5993_convert_20150929193312.jpg
益々女の子らしくなってきているミカン嬢
IMG_5998_convert_20150929193353.jpg
欲目かもしれませんが、女の子らしくなっただけでなく私の大好きなママのエドナにも似てきたように思います。

 ミカンの両親犬は共にアメリカのドッグショウに於いて素晴らしい成績を残している名犬です(でも子供はプレッシャーが半端ないかも)。特にパパのビニーは現時点で通算30回Best In Show(ベスト・イン・ショウ、全犬種展のトップ)に輝き、まだまだ記録を塗り替え中で、今日まで並居る強豪(他犬種)の中で埋もれ、地味~な存在に甘んじてきたボストンテリアにとっては『ボストンテリアの逆襲』の如き勢いです(笑)。もうすでにボストンテリア界の歴代の名犬に名を連ねるのは確定済みと言われている子ですが、私のお気に入りはやっぱりエドナちゃんの方ですから、エドナちゃんに似てきてくれて本当に嬉しい

11214068_479293148920205_6205997084306577954_n_convert_20150929200612.jpg
Photo credit: Melody Falcone Photo & Design & Ms Sharon Saberton
ミカンパパ、ビニー

次回は同胎の姉妹のドリスとのツーショットを撮って送ってくれるということで今からとても楽しみです

 さてもう一匹のCA在住のViVi(ビビ)ですが、長い夏休み明けの初戦でBest Of BreedBest Of Winnersを獲得したということで、こちらも写真が届くのが楽しみです 親は居ぬとも子は育つじゃないですが、二匹とも元気に過ごしてくれているようでホッとしています。早く会いたいなぁ~。

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

トルコへプチ同窓会 ウチヒサルの夜 5月18日(2)


 小腹が空いて繰り出したウチヒサルの街ですが、ほ~んと何にもない街です(笑)。

IMG_5964_convert_20150917014410.jpg
街の中心部のロータリーにある標識
IMG_5965_convert_20150917014535.jpg
ここでも賑やかに道路をまたがってはためいていた大統領選の旗・旗・旗
IMG_5968_convert_20150917014605.jpg
丁度行った時にカッパドキア音楽祭が開かれていて夜遅くまで音楽が聞こえていました。
IMG_5969_convert_20150917014643.jpg
夕飯に食べたギョズレメ(焼いたクレープのようなもの)。外はパリパリ、中はアツアツで凄く美味しかった
IMG_5973_convert_20150917014711.jpg

夕飯後はいつものようにマダムY美ご所望の赤ワインを買いに近くの酒屋さんへ。
IMG_5975_convert_20150917020012.jpg
これ、多分カッパドキアの定番土産の一つだと思いますが、奇岩をかたどった容器に入ったワイン。メーカーのTurasan(ツラサン)はカッパドキアで有名なワイナリーの一つで、試飲できるショップも展開しています。

ホテホテ歩いていたらEbru Art(エブルアート)店を見つけました。エブルアートについてはこちらのサイトで詳しくご紹介されています。
IMG_5994_convert_20150917020211.jpg

IMG_5996_convert_20150917020240.jpg
こちらのお店、森○中も訪れたようでその時の記事がお店の中に貼ってありました。

遅い時間帯でしたが、オーナーさんがオズナー(顔がとても広いんです)のお友達ということで特別に制作過程を見せて頂けることに。
IMG_5976_convert_20150917022010.jpg
IMG_5979_convert_20150917022309.jpg
IMG_5981_convert_20150917022344.jpg
IMG_5985_convert_20150917022438.jpg
出来上がり直前の様子は動画でご覧下さい。

じゃ、じゃ~ん
IMG_5990_convert_20150917022514.jpg
出来立てホヤホヤのこの作品は我が家にきてこうなりました
IMG_6481_convert_20150917023034.jpg

夜のウチヒサル
IMG_6001_convert_20150917023509.jpg
素敵な装飾の施された建物
IMG_6002_convert_20150917023541.jpg
廃墟?
IMG_5999_convert_20150917023429.jpg
眼下に見える洞窟ホテル
IMG_6006_convert_20150917023713.jpg
ウチヒサルの城塞。こちらでも音楽祭が開かれていました。
IMG_6009_convert_20150917023618.jpg
色とりどりにライトアップされた奇岩群。こちらも音楽祭の会場になっているようで音楽が聞こえてきました。
IMG_6012_convert_20150917023928.jpg
店先に吊るしてあった素敵なトルコランプ
IMG_6019_convert_20150917024159.jpg
この晩のウチヒサルは肌にあたる風も気持ち良く、歩いていると音楽祭の音楽が聞こえてきて最高でしたが、夜は街全体がかなり暗くなるのでやはり日本人(観光客)だけで歩くのは止めておいた方が良いと思います。

夜のタスコナクルホテル
IMG_6020_convert_20150917024231.jpg

さて明日からはカッパドキア観光に出かけます。楽しみ~


Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村




トルコへプチ同窓会 5月18日 カッパドキアへ


 アウト・オブ・デイト過ぎてホント、もうどうでもいい感アリアリのトルコ旅行記ですが、最後まで書くと決めたので頑張る!ご興味のある方は良かったら読んで下さいね。

 今日は以前から楽しみにしていたカッパドキアへ向かいます

 でも、チョッと心が沈んでいる私達二人、というのも元々カッパドキアへはデリヤともう一人の同窓生のオズナー、そして私達二人の四人で行く予定だったのですが、私達がアンカラを訪れる前の週にデリヤが胆石摘出の緊急手術を受け、ドクターから遠出禁止令が出て一緒に行けなくなった上にカッパドキアに詳しいというオズナーはひどい風邪に掛かってとても行ける状態ではないということで私達二人で行くことになってしまったからです。『全てアレンジしてあるから大丈夫よ~』と言われているものの、四人でワイワイ行くことを楽しみにしていたので本当に残念無念な気分・・・

 オズナーが『せっかくトルコまで来てくれたのに会えずにお別れするのは辛いから、見送らせて』というので待ち合わせ場所の朝食が美味しいと評判のレストランへGO

美味しそうなお料理が一杯
IMG_5584_convert_20150809130036.jpg
朝からこんなに食べるのかい
IMG_5917_convert_20150809130552.jpg
ホッホッホ、旅行中は食が太くなるんですの、私(注:食事の美味しい国限定。笑)

 ペチャクチャ食事を楽しんでいたら、なんと嬉しいサプライズが!!!ずっと『行けない』と言い続けていたオズナーが一緒にカッパドキアに行けることに ヤッタ~!こっそり旅行カバン持参で御茶目なオズナー
IMG_5571_convert_20150809130508.jpg

 食事が終わる頃にオズナーがチャーターしてくれた車が到着。大きな車に三人だけでのんびりゆったりカッパドキアへ向かいます。
IMG_5590_convert_20150809215438.jpg
う~ん、極楽じゃぁ~

アンカラからカッパドキアまでは車で約2時間。途中にはトゥズ湖という塩湖があるということで寄ってもらいました。
IMG_5931_convert_20150809221901.jpg
どちらかというと白というよりピンクがかった色のお塩?お土産屋さんで試させてもらったお塩のスクラブ。こすって洗い流すと本当に手がすべすべになって喜んで買ってきたのですが、何故か日本でやっても今一つ・・・気候が違うからかなぁ?

その後一時間ほどでカッパドキアに到着。ツアーで行くと殆どの場合、レストランやお土産屋さんが沢山あって賑やかなギョレメで滞在しますが私達は奇岩地帯が一望できるウチヒサルに滞在しました。静かな環境で過ごしたい方にはこちらがお勧め。

私達が滞在したのはTaskonaklar(タスコナクラル)ホテル。物凄く素敵な洞窟ホテルでお勧めです!Booking.comによる紹介はこちら

眼下には有名な鳩の生息地、Pigeon Valley(鳩の谷)が広がります。


ホテルの詳細を写真で少しご紹介

レセプション
P1020288_convert_20150916125933.jpg

私達が宿泊したお部屋
P1020286_convert_20150916125822.jpg
私達専用のテラス
IMG_5947_convert_20150916132007.jpg
室内
IMG_5941_convert_20150916132200.jpg

P1020278_convert_20150916125624.jpg
ベッドの上にはウェルカムスィーツのターキッシュディライトが置いてありました。
IMG_5942_convert_20150916132125.jpg

IMG_5946_convert_20150916132047.jpg
洗面所
P1020279_convert_20150916125709.jpg
奥がバスルームになっています。
P1020280_convert_20150916125745.jpg

庭園
P1020292_convert_20150916130402.jpg

P1020293_convert_20150916133128.jpg
Pigeon Valley(鳩の谷)
P1020294_convert_20150916133950.jpg

P1020296_convert_20150916133200.jpg

P1020298_convert_20150916133244.jpg

P1020300_convert_20150916133316.jpg

P1020289_convert_20150916130015.jpg
オーナーさんの趣味でアンティークなものが集められていて、何枚写真を撮っても飽きないタスコナクラルホテルです。

さて一息ついたら夕飯を兼ねウチヒサルの街に出かけます。

つづく・・・

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村





 

 

アメリカからやってきた怖~いお友達


 少し早いけれど来月にはやってきますね、ハロウィン 

 今頃アメリカではそろそろまたこんなハロウィングッズの専門店がオープンし始めているのではと想像しています。日本と違ってどちらかといえばオドロオドロしいディスプレイが多いアメリカです

そんなハロウィンのディスプレイ用に生まれた子だと思いますが、先日アメリカのブリ友さんからこんな子を頂きました。
IMG_5754_convert_20150908115255.jpg
Skelton Dog(骸骨犬。私はゾンビ犬、ゾンビィと呼んでいます)

残念ながら体型を見る限りフレンチブルですが、ボストンテリアがないので皆さんディスプレイにはこの子で代用しているようです。

早速チャックするヤンチマン
IMG_5750_convert_20150908115345.jpg

でもあまりにも怖い顔に無視を決め込むことにしたようです
IMG_5751_convert_20150908115420.jpg
顔をそむけるヤンチマン
IMG_5751_convert_20150908121014.jpg
その顔があまりにも可愛くて、面白くて、つい笑ってしまいました。こんな表情豊かなところもボストンテリアの魅力の一つでしょうね

その後はまったくゾンビィに近づかないヤンチマンです。さて、この子を使って狭い我が家でどうハロウィンのディスプレイをしようかと考え中・・・

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

E Boston Terriers マガジン 9 -10月号


 E Boston Terriersマガジンの9月-10月号がアップされました。

a7e36ecbf06232262fe0d84b211282d91ae524d4.jpg
ご興味のある方はこちらからどうぞ。Enjoy!!

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

| Bellecrest Bostons News & Topicsホーム |