ナショナル展 2016 (3) 観光編


 ナショナル展二日目。この日はクラスドッグの部(パピー、自家繁殖犬、アメリカンブレッド、体重別オープンクラス、ベテランドッグ等)の審査がありましたが、すみません、私はおさぼりしてバトンルージュ観光へ

 ルイジアナ州の州都であるバトンルージュ(フランス語で赤い杖という意味)と言えば1992年のハロウィンの季節に日本人留学生が射殺されるといった痛ましい事件のあった場所と記憶されている方もいらっしゃると思います。そして2005年のハリケーンカトリーナによって壊滅的な被害を受けた町でもあります。この南部の町には南北戦争を生きのびた様々な歴史的建造物があります。

街で見かけた綺麗なマグノリアの花
IMG_0531_convert_20160604002841.jpg
1850年頃に建てられたThe Williams House
IMG_0533_convert_20160611145140.jpg
中央消防署
IMG_0545_convert_20160604003051.jpg
街角でブルースを歌うおじ様。なかなかの美声でした。
IMG_0556_convert_20160611150105.jpg
ザ・ルー・ハウス(劇場)
IMG_0558_convert_20160611150141.jpg

 そして昼食後には少し足をのばしてバトンルージュに数あるプランテーションの一つ、Magnolia Moundという小さなプランテーション施設にも行ってきました。

以前はミシシッピ川沿いまで広がる900エーカーの土地でサトウキビを栽培していたMagnolia Moundのメインハウス
IMG_0629_convert_20160612175627.jpg
室内の様子。室内には入れないので窓にスマホをはりつけてパシャ
IMG_0630_convert_20160612180538.jpg
IMG_0631_convert_20160612180620.jpg

奴隷小屋
IMG_0601_convert_20160612175707.jpg
内部
IMG_0602_convert_20160612182909.jpg

屋外トイレ
IMG_0627_convert_20160612180453.jpg
ここで三人並んで用を足したのかなぁ?

調理小屋(キッチン)
IMG_0635_convert_20160612180935.jpg
こちらでは昔ながらの恰好をして昔ながらの調理法で食事を作られていました。
IMG_0639_convert_20160612183133.jpg
IMG_0645_convert_20160612183247.jpg
IMG_0643_convert_20160612184727.jpg
暖炉の火を利用して調理することを前提に考えられた調理器具の数々がなかなかに興味深かったです。

 穏やかでのんびりとしたバトンルージュの町。お土地柄黒人の方が沢山いらっしゃいましたが、皆さん親切でとても礼儀正しい。一緒に行ったシンディ曰く、礼儀正しいのは南部気質ということらしく、皆さんとてもこの地に愛着があるようです。プランテーションのキッチンで働かれていたご婦人もルイジアナ州の人間はとてもこの地を愛していて、土地を離れることはあっても心の中からルイジアナを忘れ去ることは決してないと仰っていました。

 この日の晩はチョッとしたサプライズを企画していたのですが、なんとまたまたハプニングが勃発!!と言ってもこの地域ではいつもの事のようですが、私、人生初の竜巻警報を経験しました。雨が降り出したと思ったら雷、そして一気に洪水に・・・

ホテルの前もアッという間にこんな状態に


そして私達はというと窓から離れ、一階に避難して下さいというホテルの指示で階下へ。2012年のナショナル展でも火災警報が鳴り避難するというハプニングがありましたが(その時の記事はこちら)、いや~、色々と経験させて頂けるナショナル展です

会議室に避難中
IMG_0657_convert_20160612183600.jpg
この方(Doris)も
IMG_0658_convert_20160612183639.jpg

 一時間ほど経ち、どうやら竜巻も無事通り過ぎたようでシャーロンの部屋に移動。この一年のビニーの快挙を祝いました。本当はナショナル展最終日にお祝いする予定でしたが、ハンドラーのホヘーやブルーク達がショー後すぐに次の目的地に立つをいうことで急遽一日前に行うことにしました(後々そうして良かったということになったのですが・・・)。

IMG_0663_convert_20160612183740.jpg
嬉しそうな顔のシャーロン。喜んでくれて良かった

ケーキは当然現地調達ですが、アイシングクッキーはit's_lit_tokyoさんに作って頂きました。有難う、Mさん
IMG_0666_convert_20160612183818.jpg

さて、明日はとうとう最終日です。

オマケ画像
IMG_0653_convert_20160612183402.jpg
こちらもit's_lit_tokyoさんに作って頂いたヤンチマンのCampbellスープならぬWanpbellスープ画像。面白かったのでスーパーに行った時にコッソリ元祖と一緒に撮ってきました

Instagramはこちら

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

ナショナル展 2016 (2)


ナショナル展初日

IMG_0355_convert_20160530141513.jpg

今年もいつものトロフィ―は健在です。
IMG_0335_convert_20160602224753.jpg
背の高いトロフィーには歴代のナショナル展のウィナー(Best In Specialty Show)の名前が刻印されたプレートが貼られています。

席次プレートもマルディグラバージョンに
IMG_0914_convert_20160530143433.jpg
と言いたかったのですが、何故か本番では撤去されていました。残念可愛いのに・・・

 初日の午前中にはSweepstakesが行われ、昼からはスコットランドからブリーダージャッジを招いてFuturityが行われました(Sweepstakes、Futurityの説明はこちらで確認して下さいね)。この間私はというとレスキューテーブルのお手伝いをしていてショーはチラチラ、いや見てない(笑)。結果はまた写真等が揃ったらご紹介したいと思います。

現時点で分かっているのは前回の記事でもご紹介したVinnyの息子のTobyがGrand Futurityに輝いたことです。
IMG_0352_convert_20160603001006.jpg
あ~、トロフィーが眩しい(笑)

 そしてこの日の晩にはお楽しみのBoston Terrier Of the Year が行われました。このイベントに参加出来るのは招待犬のみ。招待されるには前年度に下記四つの条件のうち最低一つを満たしている必要があります。

1) AKCの定めるポイントを獲得し、同犬種内に於いてTop20に入っていること
2) 単独展でBest In Specialty Show(一席)を獲得した事があること
3) ウェストミンスター展、又はユカヌバ展に於いてブリード戦でBest of Breed(一席)を獲得していること
4) 全犬種展に於いてBest In Show(一席)を獲得した事があること

 ちなみに我が家の犬達の中で招待されたことがあるのはストさんだけですが、ブリーダーのシャーリーがこういったイベントに全く興味が無く、出たことはありません

 2009年から始まったこのお楽しみイベントに招待される犬は年々増えているものの(今年は30頭が招待されました)、お楽しみショーとしての環境(オーナーさんや観客のドレスアップ度とかリングの雰囲気等)は年々レベルダウンしていてチョッと残念なものがあります。

招待犬を一部ご紹介したいと思います。

IMG_0358_convert_20160530141628.jpg
MBISS GCH CH Kennedy's Bumble Bee ROM, "Bumble"

IMG_0361_convert_20160530141733.jpg
GCH CH Jingle's Baby It's Cold Outside at Katbird, "Brrr"

IMG_0382_convert_20160530142006.jpg
MBISS GCH CH Ken's Always Gets the Last Laugh, "Giggles"

IMG_0387_convert_20160530142230.jpg
GCH CH Wirlwin's Singular Sensation, "Marvin"
ヤンチの異母弟君

IMG_0923_convert_20160530143506.jpg
GCH CH Peja's Captain America by Lumberjack, "Kapee"

IMG_0397_convert_20160530142429.jpg
IMG_0435_convert_20160530142836.jpg
BISS GCH Can. Am. CH Hooligans Dimestore Dolly, "Dolly"

IMG_0419_convert_20160530142603.jpg
GCH CH Sunwood Cosmic Wind to Victory, "Breezie"
御年十歳のベテランビッチ(牝犬のことですよ~笑)です。

IMG_0465_convert_20160530143243.jpg
GCH CH Deja-Vu I'm The Prince, "Shrek"
呼び名の通り本当にシュレックみたいにガッチリした子でした。この子も7歳のベテランクラスの子です。

IMG_0469_convert_20160530143354.jpg
GCH CH Motif's John Bernard Books, "JB"
ヤンチの父方のブリーダーさんちの子。お耳が短いけれど私好みの可愛らしい顔をした子でした。

IMG_0476_convert_20160530143608.jpg
GCH CH Ken's N' Roobarb N' The Horse Ya Rode In On "Hoss"
ミカンの母方の祖父。まだまだ元気です

IMG_0488_convert_20160530143758.jpg
MBISS MBIS GCH CH Martini's Jameson Nightcap, "Jamie"

IMG_0492_convert_20160530143904.jpg
BISS GCH CH Merrygold I Luh Ya Papi, "Papi"

IMG_0514_convert_20160530144050.jpg
GCH CH Gilja's Lonestar Great Balls O' Fire, "Jerry Lee"

個々の審査が終わり、全員でラインアップ
IMG_0515_convert_20160530144149.jpg
IMG_0520_convert_20160530144309.jpg
個別の写真には載せませんでしたが、モチロン、ビニーもいます(写真右から二番目)。

ウィナーの発表
IMG_0521_convert_20160530144407.jpg

そして今年のウィナーはやはりVinnyでした Congrats!!
IMG_0527_convert_20160530144511.jpg

その他のウィナーについてはまた後日。

オマケ画像
IMG_0530_convert_20160530144608.jpg
これ、屋外に出る前にもよおしてしまった愛犬にコーヒーカップ以外何も持っていなかったオーナーさんがその場で唯一出来た対処法だったそうですが、急にお尻にカップをあてられても嫌がらずにやるべきことをやったワンちゃんって、大物かも・・・
そしてス○バには深く同情・・・

Instagramこちら

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村




| Bellecrest Bostons News & Topicsホーム |