ヤンキー二度目の歯肉炎切除


 少し前から口をクチャクチャ、やたら舌なめずりするのが気になっていたので口の中をチェックしたら、なんとまぁ、また前回とほぼ同じ場所に大きな歯肉炎を発見。本人(犬)もそれが気になっていた模様。早速掛りつけ医の先生と相談し、切除することに。

2016-09-17(3)_convert_20161006153603.jpg

本人(犬)も暗いが飼い主もまたかと暗くなる現実。たまに見つける小さなイボもですが『出来やすい体質』らしいので仕方がない。「出来ていても気がつかないことも多いんですよ」と慰めて下さる先生。はぁ~

2016-09-17(2)_convert_20161006153813.jpg
これから起こることを察してか暗いね、ヤンチ・・・

鎮静と言えども麻酔ですから、やはり一抹の不安は残ります。「午後から迎えにくるからね」と無事に終わることを祈りつつ一旦帰宅。

 午後の診療時間に合わせてお迎えに行ったら先生と一緒に元気にお出迎えしてくれ、ホッ。今回も記録の為に前回同様、術後写真を撮らせて頂きました。

IMG_3031_-_繧ウ繝斐・_convert_20161006173604
ぶら下がり被さっていた歯肉がなくなり歯が見えるようになっています。今回気になることとして上部に見える白い部分に膿が溜まっていたそうで、こちらは口腔内用の抗生物質を投与しながら様子を見ることに。

 帰宅後、抜いた朝食を与えたらペロリと完食で嬉しい。このまま何事もなく済みそうです。ヤンキーも7歳になり立派なシニアの仲間入りです。歳を重ねる毎に麻酔へのリスクも高くなっていくと思うので、なるべく麻酔の必要な状態にはならないで欲しいと願うばかりです。頼むよ、ヤンチマン!

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると励みになります
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| Bellecrest Bostons News & Topicsホーム |