ベルクレストボストンテリア ブログ



   
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
プロフィール

luvluvbostons

Author:luvluvbostons
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:


公認セラピードッグ誕生 ☆ おめでとう、ポット君!!

   
 海の向こうから素敵なニュースが聞こえてきました。ボストンテリアのPot(ポット)君、正式名称Pothole(ポットホール)君がWest Michigan Therapy Dogs, Inc.(略してWMTD)公認のセラピードッグとして認められたそうです。

WMTD公認の証の青いセラピードッグジャケットを着て誇らしげのPothole君
Pothole+-+繧ウ繝斐・_convert_20130704205225
Owned and loved by Ms Jill Moore

 West Michigan Therapy Dogs Inc(ウェスト・ミシガン・セラピードッグズ)は2001年に発足された非営利団体でミシガン州西部の地域にてAnimal Assisted Activities(略してAAA、動物介在活動)やAnimal Assisted Therapy(略してAAT、動物介在療法)をボランティアで行っています。

 国の公的な機関や資格ではないものの、公認されるには様々な条件があり、WMTDが定めた訓練テストに合格しなくてはなりません。

 セラピードッグに志願する条件として、まず年齢が最低でも6ヶ月に達していること。性格が常に温和で見知らぬ人や犬に対して社交的であること。基本的な服従訓練をマスターしていること(「咬め!」などの攻撃訓練を受けている犬は除外)。Mix犬を含むどの犬種も志願可能ですが、狼とのMix犬(日本ではありえないですよね)だけはミシガン州の法律でセラピードッグになることを禁じられています。人畜共通感染症を防ぐという理由から生食を与えられている犬も志願できません。また、活動先が老人介護福祉施設、老人ホーム、ホスピスや病院といった食べ物が手近な所にある場所の上、おやつ(トリーツ)などがふるまわれる可能性があるため、あまり食いしん坊な犬もなようです。その他にも接するのがお年寄りや病人、子供ですから、当然、常に清潔な状態でなくてはいけません。定期的に入浴し、コート、耳、歯、爪もきちんと手入れしてあること。法律で決められた予防接種(人にも感染するボルデテラを含む)が定期的に接種してあること、フィラリア予防、駆虫がしてあること等があります。

 このような条件を満たした上で、8週間の訓練期間が始まります。実際に介護福祉施設や病院などに行き、認知症のお年寄りや車イス又はベッドの中の患者さんとどのように接するかを学びます。
 
 その際使われるコマンド(指示語)も時に状況に応じて変える必要があるそうです。例えば、"Leave it!(「放っておきなさい」とか「ヤメナサイ!」)というコマンドは"Manners!(「マナー!」、「お行儀よく」といった感じでしょうか?)へ。これは何故かというと、犬が患者さんのニオイを嗅いでいたとして、何度も"Leave it!"を繰り返すと患者さんが自分に言われたと勘違いして犬と触れ合わない可能性があるからだそうです(ポット君のオーナー、Jillさん談)。
 
 『Sniff tests(スニッフテスト)』と呼ばれる訓練もあり、病院で使われているゴム手袋、チューブの中の流動食、汚れたオムツ等のニオイに反応しないように訓練します。他にも車イス、松葉づえ、ウォーカーの周りや横について歩くことや、点滴スタンドのガチャガチャという音、器具の落下音、食べ物の落下音、エレベーターの乗降など慣れなくてはいけないことが沢山あります。

 これらの周辺音(環境音ともいうのでしょうか)に慣れた後はより高度な訓練に移ります。内容としては犬のすぐ側でトレイや食べ物を落としてわざと大きな音を出したり、人が横を走り抜けて行ったり、同時に大勢で犬を囲んだり、ぎこちない動きの手で犬をなでたり、人同士で怒鳴りあったり、又は犬に向かって怒鳴ったり、足を踏み鳴らしたり、紐に玩具のリスをつけて犬の周りをグルグル回ったりと、まぁうちのヘタレ君、ヤンチ坊主(ヤンキーのこと)には絶対に耐えられない訓練の数々です。極めつけは他の犬の存在(ポット君の場合は非常に魅惑的なフレンチの女の子が使われたようです)です。老人ホームやホスピスには家族が愛犬を連れてお見舞いに訪れることがあります。そのような時でも無用な反応をしないようにならなくてはいけません。周りで何があろうと、どんな扱いを受けようがジッと相手に求められるまで静かに待ち、落ち着いて対応できるようになれば合格のようです。
 オーナーさんも訓練課程で筆記試験が課せられますが、それ以上に愛犬と共に学ぶことが沢山あるそうです。

 セラピードッグや介在犬の大きな役割は、病気や加齢で心が弱った人達の癒しとなり、励まし、病気や状況に打ち勝つ活力を与えることです。本当に素晴らしく、誇らしい存在です。

pothole2_convert_20130704205306.jpg
本当におめでとう、Pothole君。君の存在でこれから沢山の人に笑顔を運んでね

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

Pothole君にお祝いクリックプリーズ!
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| comments(1) | - | page top |

テーマ:  犬のいる生活
ジャンル:  ペット

ポット君
おめでとうございます(^o^)
素敵な笑顔を沢山お願いいたしますね(^o^)


<< NEW | TOP | OLD>>