暑さでバタバタ - 熱中症にはくれぐれもご用心を


 連日猛暑の日本列島~ うだるような暑さのせいで少し動いただけで汗がダラダラで、『節電』からは程遠い状態の毎日です

我が家の犬達も涼を求めて思い思いの場所で転がっています。
IMG_1548_convert_20130710000755.jpg

 こんな毎日ですからお楽しみの散歩は早朝か日が陰ってからしか行けず、どんどん夕方のお散歩の時間が遅くなっています。それでも蒸し蒸しとした空気は変わらず、カハカハ言いながら歩いています。人も熱中症でバタバタ倒れているくらいですから、犬にも、特に鼻ぺチャ犬にとって本当に辛い時期がやってきましたね。

 ということで再度熱中症への注意喚起を

Heat+Stroke_convert_20130709190744.jpg
 犬や猫は私達のように汗をかいて体温調節を行うことができません。その代わりに口でハァハァと呼吸したり、肉球を通して体内に溜まった熱を発散します。しかしそれが上手く出来なくなると熱中症を起こしてしまいます。愛犬が熱中症を起こしていると思われたら、速やかに獣医師の診断を仰いで下さい。

熱中症の症状例 

◦ 体温が40~43℃に上がる
◦ 呼吸が異常に速い
◦ 舌や歯茎が黒ずむ、又は真っ赤になる
◦ 舌や歯茎が粘ったり、渇く
◦ ふらつく、もうろうとしている、痙攣を起こす
◦ 血の混じった下痢をする、嘔吐する
◦ 心拍数が速くなる

 ※ブルドッグ、パグ(もちろんボストンテリアも)などの鼻ぺチャ犬種、毛量の多い大型犬種や、心臓や呼吸器に問題を抱えているワンちゃんは特に熱中症を起こしやすいのでより注意が必要です。

対処法(応急処置)例

◦ 通気性の良い日陰を探して犬を移動する
◦ 冷たい水(氷水は)で身体を冷やす。氷水など冷たすぎる水は血管を収縮させクールダウンを妨げてしまいます。また、よく全身を水風呂に入れるという対処をされることがありますが、低温症を引き起こすことがあるので気をつけて下さい。
◦ 冷たい水で浸したタオルで身体を覆う。首の後ろ(周辺)、肢の付け根など動脈が通っているところを冷やすと効果的です。 
◦ もし意識があるようなら角氷をなめさせてあげて下さい。水が飲めるようなら飲ませる。
◦ 獣医師に連絡する。

 もの言えぬ犬(ペット)達にとって私達の注意だけがこの時期の命綱です。笑顔で暑い夏を乗り越えられるよう気をつけてお過ごし下さいね。

IMG_1542_convert_20130709190659.jpg

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

暑さに負けないぞクリックをお願いしま~す
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| Bellecrest Bostons News & Topicsホーム |

コメント

No title

もとさん、

今日のニュースで熱中症で倒れた方が千人を超したとか・・・夏がどんどんサバイバル期間になっていくような気がします。必要以上に神経質になる必要はないと思いますが、注意だけは怠らないようにしないといけませんね。それにしても、暑すぎ~~~!!

ホント 人間にも使える対応なので 皆さんにも 画像メモしないとね(T_T)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する