ベルクレストボストンテリア ブログ



   
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
プロフィール

luvluvbostons

Author:luvluvbostons
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:


守れなかった命-熊本市動物愛護センターの取り組み

   
 お友達がFacebookでシェアしていた記事ですが、殺処分ゼロを目指しての熊本市動物愛護センターの英断にエールを送りたいと思いこちらでもシェアさせて頂きました。

1011_convert_20130801125300.png
守れなかった命:「番外編」熊本市動物愛護センターが前代未聞の取り組みと覚悟(目指せ嫌われ者)

 保健所に『飼えなくなったから』とペットを持ち込んだ飼い主に殺処分そのものを見届けさせるという取り組みに対しては賛否両論があると思いますが、年間20万頭以上ものペットが殺処分されているという現実がある今、私はこのような荒療治も時には必要だと思います。

 ペットを保健所に持ち込む理由は人それぞれだと思います。本当に切実な理由から泣く泣くペットを持ち込む方もみえると思います。しかし大半は「トイレのしつけが出来ない」、「噛み犬だから」、「結婚相手が犬猫が嫌いだから(つい最近こんな理由で飼育放棄されたワンちゃんを我が家の掛かり付けの獣医さんが引き取りました)」、「子供にアレルギーが出たから」、「新しく迎え入れた子と反りが合わないから」、「病気で治療費が掛かるから」といった飼い主の身勝手で理不尽な理由が多いのではないでしょうか。

 統計的にみてもペットが手放される理由の第1位は『しつけの失敗』です。中には生まれつき性格に問題のある子もいると思いますが、殆どの犬(猫)は飼い主の努力(接し方)一つでその後の犬(猫)生が決まっていきます。ペットというものがただの愛玩物ではなく、命ある生きものであり、その命を生かすも殺すも飼い主次第ということを忘れないで頂きたいと思います。

 これからペットを飼おうと思われている方は是非こちらのページを参考にして頂けたら嬉しいです
子犬を迎える前に

 熊本市動物愛護センターの覚悟を見て、我がG市の保健所はどんな取り組みをしているのか見てみました。

ホームページより抜粋

『飼うのならめんどうみよう最後まで!

飼い主はペットの習性をよく理解し、愛情を持って終生大切に飼いましょう。保健所に引取られる犬、ねこは一部を除き、大半は殺処分となってしまいます。保健所への犬、ねこの引取り頭数を減少させ、殺処分される頭数を少しでも減らしていく必要があります。

飼っている犬、ねこをどうしても飼えなくなった場合には、新しい飼い主を探す、望まない子犬や子ねこが生まれないように避妊・去勢手術をするなど、飼い主責任を明確にして安易な引取りを防止するために、引取り手数料が改正されました

動物の遺棄は犯罪です。絶対に捨てないでください。』

 悲しくなるぐらい当たり障りのない文面(ため息) この『安易な引き取りを防止するために、引き取り手数料が改正されました』っていくらだと思います?改正されて生後3カ月以内の子犬・子猫で400円、3カ月以上で2000円です。この金額は熊本動物愛護センターでも犬については同額です(猫は200円、1000円)。400円、2000円を馬鹿にする訳ではありませんが、この金額ではとても持ち込みの抑止にはならないと思います。むしろ、安易に保健所にペットを持ち込む飼い主にとっては獣医さんで安楽死をお願いするより安く済んで喜ぶ人もいるのではと意地悪く考えてしまいます・・・。

 なんとなく釈然としなかったので保健所に以下のメールを出してみました。返事が頂けるか分かりませんが、頂けたらまたご紹介したいと思います。

『こんにちは。

 G市民の一人として、また愛犬家としてお尋ねしたいのですが殺処分ゼロを目指しての熊本動物愛護センターの取り組みについてどう思われるかご意見をお聞かせ下さい。http://satooya.wancat.info/after-info/9269.html

 たった2000円の引き取り手数料と当たり障りのないホームページでは不幸な犬猫を減らすことは出来ないように思います。引き取りを許可する基準(どのような理由ならば)もあれば教えて頂きたく思います。

 以前動物取扱業者としてのセミナーも受けさせて頂きましたが、セミナーの内容も様々な伝染性疾患の蔓延を防ぐためにといった題材がばかりで(モチロン、こういったことも大切だと思いますが)、繁殖業者がお金儲けのために作り出す病気のデパートのような子犬・子猫を減らす取り組み(繁殖に使う親犬に最低限の遺伝子検査を義務づける等)やペットの飼い主へのパブリック・エデュケーション(安易な素人繁殖が何故いけないのか、しつけの大切さ、予防接種義務の放棄への処罰etc)といったことがまったくなされていないことに不満が募りました。不幸な命を減らすためにも熊本動物愛護センターのような取り組みも必要なのではないでしょうか?

 ご回答をお待ちしています。宜しくお願いします。』

 さて、どんな返事が頂けるのでしょうか?

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

今日もポチっとお願いしま~す
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村 
スポンサーサイト
| comments(5) | - | page top |

テーマ:  犬猫のいる生活
ジャンル:  ペット

akiさん

子犬一匹の引取り料400円をケチる飼い主さんにもうこれ以上不幸な子を作らない様に避妊しましょうと言っても当然無駄なことなんでしょうね・・・子犬ならまだ譲渡会で新しい飼い主さんが見つかったかもしれないのにと思うとやるせないです。
私のところでも
私の所の愛護センターでもBellecrestさんのところと同じような感じです
でもね、安易に産まれた子犬や、今まで飼ってた犬を捨てるような人達は
お金を払ってまで愛護センターに連れて行かないですよ。
そんな人はまた川原の土手に捨てるんです
実際私のご近所のところで雑種の女の子の避妊もしないで飼ってて、子犬を産んだからと叱って、挙句に次の日、まだ産まれて1日しかたっていないのに愛護センターへ連れて行かれましたがお金を払わないといけないと聞いて止めたそうですが、その後仔犬達は見かけませんでしたから!
また、野良犬が増えないか心配です
センター長が代わると対応が変わったり S県では センター長が自ら愛護団体さんに電話しまくり 引き取りのお願いをして命繋いだり 必死の活動もされてますよ~(^o^)
でも 三重県は愛護団体さんへの譲渡引き出しは認めず 個人のみです!
せめて地域猫だけでもTNR実施や啓蒙活動を行政が先頭に立ってくれたら(T_T)
もとさん

担当者の力の入れ方というかやはりやる気の差ではないでしょうか?熊本動物愛護センターのHPを見ても一つでも小さな命を救おうという姿勢が前面に出てますもん。比べて我が市のHPは「お役所仕事~」そのものですe-441

http://doubutsuaigo.hinokuni-net.jp/
殺処分一位が広島ですね!!
行政によっての格差は何なんでしょうね


<< NEW | TOP | OLD>>