ベルクレストボストンテリア ブログ



   
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
プロフィール

luvluvbostons

Author:luvluvbostons
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:


ふと思ったこと

   
 春らしいお天気だったので、犬達と河原まで散歩に行ってきました。道行く大人や子供たちに「可愛いねえ~」と笑顔で声をかけてもらって思ったのですが、ここ十年程の間にボストンテリアに対する周りの意識が凄く変わった気がします。
 
 我が家でボストンテリアを飼い始めた1999年頃にはまだ周りのボストンテリアに対する認知度は今よりず~っと低く、よくパグやブルドッグに間違われていました。間違われるぐらいならまだマシで、こういった短毛の短吻種に対する反応は「気持ち悪い」とか「変な顔」、「不細工」が多かったような気がします。
 
 その後、パグやフレンチブルドッグといった鼻ぺチャ犬種の人気と相まってボストンテリアの認知度や人気もグングン上がっていったように思います。アメリカでよくボストンテリアのことを「Boston Terriers are like potate chips」と称されますが、その通りだと思います。ボストンテリアって某えびせんのCMではありませんが、「食べだしたら止まらない」のごとく「飼いだしたら止まらない」、即多頭飼いに陥りやすいくらいハマる犬種だと思います。
 
 一ボストンファンシャーとして認知度や人気が上がるのは嬉しい半面、憂う事態も増えたのも事実で、本当にボストンテリアが大好きなファンシャー様やこれからボストンテリアを家族に迎えようと思ってらっしゃる方には、ボストンテリアのことを良い点も悪い点も含め、もっとチャンと知って欲しいなと願っています。そのお手伝いになればと思い、立ちあげたホームページです。良かったら覗いてみて下さいね。
 
dc8c+(2)_convert_20120415170817.jpg
在りし日のボギーイギーも一緒の写真。私の大好きな一枚です。
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://boston12.blog.fc2.com/tb.php/15-c521fc97
<< NEW | TOP | OLD>>