ベルクレストボストンテリア ブログ



   
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
プロフィール

luvluvbostons

Author:luvluvbostons
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:


Welcome to Japan 二日目

   
 『長旅の疲れもあるし、お世話する犬達もいないんだから今日はゆっくり休んでね』とシャーリーをホテルに送り届けたにも関わらず、長年の習慣って恐ろしい・・・そう、彼女は朝日と共に起きる人 。所変われども4時半~5時には目覚めていた模様。時差ぼけは大丈夫なのかしらと心配しつつも約束の時間にお迎えに行って我が家へ

 部屋に入ってきたシャーリーを見た時のストさんときたら、「この子やっぱりアメリカに帰りたいんじゃないだろうか」とこちらが落ち込むほどの喜びようで、心の中で。でもそんなストさんを見ながら、それだけシャーリーが一見厳しいながらも一杯愛情を注いで育ててきたんだなと改めて実感。ストさんのセカンドママとしてこれからの犬生を大切に見守っていかねばと思いました。

 しかし、感動の再会もショーリードを首にかけられた一瞬で消え、ストさん、幸せの絶頂から奈落の底へ。ついでに私にもストさんが『痩せてる』とお叱りが・・・。『えっ、でも体重はキープしてるけど(小さくなる声)・・・』という私に『体重じゃないの、肉づきが大事なの』と。揚句に『お腹が痛そう。何かがおかしい』とストさんの身体をチェックしながら言うシャーリー。え~!どうしたらいいの?!パ二くる私。

IMG_2500_convert_20140409011012.jpg

 実はストさん、とっても難しいところがあり、フードに対して執着なし。どんなフードもすぐ飽きるわ、食べないわの人(犬)なんです。その上、無理に食べさせると、ストレスから胃腸でバクテリアが繁殖して『お腹痛い病』を発症するという問題児。シャーリーもアメリカでストさんをショーに出している時は本当に彼のコンディションをキープするのに苦労していました。だから私がストさんを連れて日本に帰る時にはニッコリ笑って『主人に言ってるの。yukoがストライカーを日本に連れて帰ったら自宅の電話番号を変えるわって。だってあなたからひっきりなしにストライカーが食べないって泣きの電話が入るに決まってるもの』と・・・いけず。

 シャーリーが日本に来てストさんを引くと決めた時点から『私に痩せた犬を引かせないでね』と言われていたのですが、それを察してなのか、今までのフードに飽きたのか日にちが近づくにつれ、食べが悪くなってきました。仕方ないので無理やり騙し騙しハンドフィードで食べさせていたのですが、それが原因で『お腹痛い病』が始まった模様。この日は午後から出発前のトリミングの予定が入っていたので、その前に掛かりつけの先生の所でお薬を出して頂くことに。

 ここでまた問題が・・・シャーリーのいう薬が日本名ではなかったり、本来の用途とは違ったりで先生、困惑。それでも今までの経験でこの症状にはコレが効くというシャーリーの言葉を信じて同じ成分のお薬を出して下さいました。K先生、いつも有難うございます。ビックリさせてごめんなさい。

 その後いつもお世話になっている○○ーさんにトリミングサロンを貸して頂いてストさんのトリミングを無事終了。ストさん、ますますご機嫌斜めに
IMG_2585_convert_20140409011123.jpg
○○ーさん、遅くまでお付き合い頂き有難うございました。

さて、明日はとうとう東京に向けて出発です。

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

応援クリックをお願いしま~す
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| comments(0) | - | page top |

テーマ:  We Love★ボストンテリア
ジャンル:  ペット



<< NEW | TOP | OLD>>