初クルーズ ドキドキわくわくアラスカへ


 先月の27日から7日まで(厳密には28日~5日の8日間)プリンセスクルーズのゴールデンプリンセス号に乗ってアラスカを旅してきました。

grand_class_photo_convert_20140711113400.jpg

 私にとっては生まれて初めての豪華客船でのクルーズ旅行、そして目的地がアラスカともうドキドキわくわく、本当に楽しみでした。豪華客船でのクルーズというと日本ではお金と暇のあるリッチな方々(特に定年退職後の老夫婦)が行かれる旅というイメージが強いですが(実際私もそう思っていました)、アメリカでは結婚記念日や誕生日といったお祝いごとを機に参加したり、家族旅行の選択肢の一つでもあります。今回、「一緒に行かない?」と私を誘ってくれたKellyも毎年一、二回ご主人や仲良しのお友達とクルーズ旅行を楽しんでいます。変な言い方ですが、客室を選ばなければ結構お得感満載の旅行手段だと思います。

 例えば、私が今回参加した『アラスカ・インサイド・パッセージ8日間』ですが、内側ツイン(所謂窓のないお部屋。二人一室)で一人108000円からです(寄港地使用料、政府関連税は別途)。私たちの場合は日本から出港地のシアトルまで飛ばなくてはならない分、余計にお金はかかりますが、この代金には8日間のクルーズ代金室料に加え、船内での飲食費(別料金の二つのスペシャリティ・レストランでの飲食、アルコール類、カプチーノ、ラテ等のスペシャルコ―ヒーを除く)、遊興費(ショー、ゲーム、カルチャースクール等各種アクティビティ、映画、ボーリング等)が全て含まれています。レストランでの食事は全てフルコースで、何をどれだけチョイスして食べても追加料金は掛かりません。料理の種類も豊富で本格的なコース料理からビュッフェ、軽食(ハンバーガー、ピザ等)、アフタヌーンティーと、とっても多彩。そしてどれも美味しいんです!美味しいものが大好きな私にとっては最高の環境でした(おかげでより太った)。ただ一つ「高いなぁ」と思ったのは毎日部屋一室に対して加算される$23.00のgratuity(チップ)でしょうか?それでも一日二回の清掃(二回目には必ず枕元にチョコが置いてある)に加え、必要書類の配布といったサービスに対するお礼、いや、客室担当さん達の貴重な収入源ですから仕方ないのかも・・・。

 何はともあれ、せっかく誘ってもらったチャンス、逃さず行かねばとシカゴ在住で旧友のH子ちゃんを誘って参加しました。その他のメンバーはKelly夫婦、Kellyの弟さんご夫婦、Kellyの従兄さんご夫婦、Robbi夫婦にMelany夫婦の総勢12名。H子ちゃん、Kellyの弟さんご夫婦、従兄さんご夫婦、そしてご主人方はボストンテリアには直接関係のない方々ですが、ボストンテリアを通じて友達になった皆(Kelly, Robbi & Melany)とナショナル展以外でこんな風に一緒に旅が出来るようになるなんて、八年前には全く想像もしていませんでした。ボストンテリアが結んでくれたご縁。それでも皆、それぞれにシリアスホビーブリーダーとしてブリーディングやショーを楽しんでいるにも関わらず、今回の旅行中、私を含め誰もボストンについての話をしなかったのは、やはりボストンが趣味の一つであるということの表れだと思います。私達にとってボストンテリアは特別な存在ではあるけれど、人生の中心ではなく、ボストンテリアを通じて知り合った関係ではあるけれど、今ではお互いに「ボストンのお友達」以上の存在です。人と人としての友達関係、そんな関係を築けたことを実感できた嬉しい旅行でした。

IMG_3041_convert_20140711130403.jpg
第一回フォーマルナイトにて皆で記念撮影。カメラウーマンのお姉さんに「変顔して」と言われ、皆でハッチャケてみました(笑)。

 さて、次回からは旅行記を書いていく予定です。良かったら覗いて下さいね。

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村


 
スポンサーサイト

| Bellecrest Bostons News & Topicsホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する