ベルクレストボストンテリア ブログ



   
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2017 >>
プロフィール

luvluvbostons

Author:luvluvbostons
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

アラスカクルーズ 【4】 エクスカーション in Juneau 6/30

   
 初の寄港地であるJuneau(ジュノー)はアラスカ州の首都です。

CIMG9628_convert_20140720123115.jpg
ジュノーの街が見えてきました。すでに別の客船が停泊しています。
CIMG9634_convert_20140720123143.jpg
桟橋にドッキング中。
CIMG9639_convert_20140720123303.jpg
寄港地に着くと皆こんな感じでぞろぞろと降り、決められた乗船時間まで寄港地での滞在を楽しみます。降りる際には必ずオンボード・クレジット・カード(IDでもある)を読み取って、誰が下船したか確認します。船に戻るとまたカードを読み取り、空港同様の手荷物検査(セキュリティチェック)を受けます。

 各寄港地の中でジュノーでの滞在時間が一番長く、こちらでは野生のグリズリーベア、鯨、そしてMendenhall Glacier(メンデンホール氷河)を上空から観るといった欲張りツアーに参加しました。ただ、野生の熊や鯨ですから、必ず見られるという保証はありませんでしたここ重要

 まずはジュノーの空港から熊達の生息するChichagof Island(チチャゴフ島)へ

CIMG9646_convert_20140720123358.jpg
「これで飛ぶの~?!」と思わず叫びたくなるくらい小さなセスナ機。ペルーでナスカの地上絵を観た時でさえここまで小さな飛行機じゃなかったです(大丈夫か?)。
CIMG9647_convert_20140720123422.jpg
「ヨッコラショ」っと乗るのも大変。これに大きな黒人の機長さん、私達乗客4人が乗っていざ上空へ。重たく飛び立つセスナ・・・堕ちないでよ~
CIMG9653_convert_20140720123611.jpg

 無事目的地に着き、他の参加者と合流したのもつかの間、二つのグループに分けられ、一グループは熊を探しに(組)、もう片方はホェールウォッチングへ(組)。この段階で不運を感じた私・・・ここ再度重要

私たちのグループはまず熊を探しにということで森の奥へ
CIMG9664_convert_20140720123714.jpg
なかなかに雰囲気があって素敵な場所でした。
CIMG9670_convert_20140720123745.jpg
熊ちゃ~ん、出ておいで~』
CIMG9671_convert_20140720123808.jpg
いざという時の為に車から出る時は必ずライフル持参のガイドのお姉さん。
CIMG9674_convert_20140720123903.jpg
『スカンク・キャベツ』という植物。熊が冬眠から覚めると一番に食する食物繊維だそうです。何故「スカンク」という名前が着いているかというと、臭いがスカンクのガスそっくりなんです
CIMG9680_convert_20140720123940.jpg
こちらは『Devil's Club(デビルズ・クラブ)』という植物。葉の裏と茎に棘が沢山生えていて、刺さるとなかなか抜けない上に、傷口が化膿し易いという厄介な植物でありながら、抗真菌性と抗菌性特性があるので、風邪、胃痛、低血糖と他の関連した症状を治すのに役立つそうです。虫刺されにも効くということで、後日軟膏状になったものを見つけ、買って帰ってきました。所謂、ハーバルメディスンですな

 気を遣って色々な場所を回ってくれたガイドのお姉さんの努力も空しく結局熊には遭遇出来ず、唯一見つけたのがコレ

汚くてゴメンナサイ
CIMG9681_convert_20140720124011.jpg
まだフレッシュな熊さんの

 野生の🐻だから仕方がないと分かっていても皆、悲しく港へ組と交代です。「沢山鯨が観れたわよ~」とサンドイッチを頬張りながらルンルン組。ここでまたなんともいえない予感が・・・『こっちの組、絶対ラッキーだわ』と。悲しいかな、こういう予感だけは当たるのよね、私。あぁ、もう絶対鯨だけでも観たいわ~~~

CIMG9699_convert_20140720124136.jpg
ボートで外洋へ。頭から全身の骨が飛び出すんじゃないだろうかと思うくらい叩き付けられるボートの揺れと衝撃に耐え、鯨のいるポイントへ。

 念願叶い、いや、私の執念が叶い(笑)、無事8頭の鯨の群れに遭遇。 しかし、この時ほど視力の悪さを恨んだことはありません。よく、見えん。そして双眼鏡を持っていない。アラスカに行かれる方は絶対双眼鏡必須アイテムです!

それでもまぁ、なんとか動画を撮ることが出来ました(執念の賜物笑)

私たちが今回観たのはHumpback Whale(ザトウクジラ)です。ガイドさん曰く、バブルネット・フィーディング(複数のグループを作ったザトウクジラが魚群の周囲や下を回り、噴気孔から吹き出す泡でカーテンを作り、徐々に輪を狭めながら螺旋状に上昇し、海面へと追い上げた魚を呑み込む採餌方法)を行っていたとの事でしたが、よく分かりませんでした

背びれと尾びれ部分しか観れないので、本当に?っと思っちゃいますが、全体像はこんな感じ。

IMG_3089_convert_20140720173148.jpg

 ウォッチングを堪能した後はまた凄まじい揺れと衝撃に耐えながら港へ。私たちと交代で熊探しに行った組(元組)と合流。案の定というか、私の予感通り、「見れたよ~」と・・・羨まし過ぎ。「でもね、近づくなってオーラがアリアリだったから、離れた車中から見ただけよ」と優しくフォローしながら写真を見せてくれました。いつか(?)再チャレンジするぞ!!!

 その後は皆一緒にメンデンホール氷河観光へ
CIMG9719_convert_20140720124252.jpg
今度はまともな大きさのセスナでした。
CIMG9720_convert_20140720124501.jpg
Bye、Bye チチャゴフ島
CIMG9725_convert_20140720124548.jpg
眼下に別の客船が次の寄港地に向けて進んで行くのが見えました。

しばらく飛ぶと周りがうす暗く、寒くなり、窓の外を見るとメンデンホール氷河が見えてきました。
CIMG9731_convert_20140720124710.jpg
氷河も色々な呼び名があるようでこちらCirque Glacier(ボウルのような形をしています。Cirqueはフランス語でボウルの意味)
CIMG9734_convert_20140720124741.jpg
Piedmont Glacier(山麗氷河)
CIMG9739_convert_20140720124907.jpg
The Ice Field
CIMG9737_convert_20140720124833.jpg

 私達は今回上空からこの氷河を見学しましたが、氷河の下にトンネルが出来ている場所があるらしく、それも機会があれば(あるのか?)見てみたいものです。

 ツアーの後はジュノーの街をざっと見、ツアーでご一緒した人達が誘って下さったので、美味しいと評判のTwisted Fish Companyで夕食を食べ、帰船しました。

ジュノーの街並み
CIMG9747_convert_20140720125012.jpg
ジュノーにあるBar & Saloonでは一番有名なRed Dog Saloon
CIMG9752_convert_20140720185323.jpg
基本はバーですが、スコッチテリアをモチーフにしたグッズも多く扱っていて、スコッチのブリーダーでもあるRobbiは大喜びでした。
CIMG9753_convert_20140720125314.jpg
街で見かけた可愛い帽子を被った女の子。お願いして写真を撮らせてもらました。この熊さん帽子、数種類有り、観光客の間で結構人気でした。私も買えば良かった(笑)
CIMG9745_convert_20140720125245.jpg
IMG_2956_convert_20140720125338.jpg
Twisted Fish Companyで大好きな生ガキを食べ、大満足

 アッという間の一日でした。楽しかった〜。次はSkagwayです。

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリック、プリーズ!
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

















スポンサーサイト
| comments(0) | - | page top |


<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。