ベルクレストボストンテリア ブログ



   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

luvluvbostons

Author:luvluvbostons
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

アラスカクルーズ 【5】 エクスカーション in Skagway 7/1

   
 ジュノーを堪能した後に向かったのはSkagway(スキャグウェイ)。スキャグウェイはクロンダイク・ゴールドラッシュの時代に誕生した町で、何千もの一攫千金を狙う鉱山師達がカナダのユーコン地方から山を越えてやって来たそうです。

IMG_2959_convert_20140721213420.jpg

 ここではKellyお勧めの『ホワイト・パス&ユーコン鉄道ルート』ツアーに参加しました。これはカナダYukon(ユーコン)準州のホワイトホースという山頂まで列車で急勾配、急カーブが続くホワイトパスと呼ばれる全長177.8kmの路を行き、その後LiarsVIlle(ライアーズ・ビル)という場所でサーモンベイクの昼食を取って、またスキャグウェイに戻るというものです。アメリカからカナダに入り、またアメリカに戻るのでパスポートを持参する必要があります。

チョッと見づらいけどこんなルートです。
IMG_3090_convert_20140721171717.jpg

 私達の乗った車両には足の悪いKellyやSteveの為にチャンと車イス利用者の為の出入口と障害者用の広いトイレが設けてありました。
CIMG9789_convert_20140721173451.jpg

CIMG9799_convert_20140721173521.jpg
グリーンと黄色の車両が一番前の車両です。
CIMG9813_convert_20140721173555.jpg

CIMG9820_convert_20140721173847.jpg

CIMG9823_convert_20140721173948.jpg

CIMG9832_convert_20140721174040.jpg

CIMG9842_convert_20140721174213.jpg

IMG_2962_convert_20140721213521.jpg
スキャグウェイからホワイトホースまでの間に広がる美しい風景の数々。しかし当時西半球で最北に位置するこのルートを切り開き、鉄道を創り上げた人々にとっては大変な苦難の道のりだったと思います。

 ホワイトホースに到着した後はバスでLiarsVille(嘘つきの村)に移動です。LiarsVilleという名前はクロンダイク・ゴールドラッシュの時代にこの地に派遣された新聞記者がありとあらゆるでっち上げ記事(例:金鉱が見つかってもいないのに見つかったとか)をこの地から配信したことに由来しています。
CIMG9857_convert_20140721213128.jpg

こちらではアラスカ式salmon bake(サーモンベイク)を頂きました。
CIMG9883_convert_20140721213210.jpg
網の間に挟んだサケの切り身を炭火の竈の上でひっくり返しながら豪快に焼きます。
CIMG9884_convert_20140721220259.jpg

CIMG9885_convert_20140721213256.jpg
彩りはあまり良くないけど、どれも美味しかったです。

昼食後はバスで再度スキャグウェイの町へ。

以前は鉱石の運搬用の貨車だったホワイトパスの列車。
CIMG9777_convert_20140721213608.jpg
メインストリート
CIMG9786_convert_20140721213957.jpg
流石ゴールドラッシュで発展した町。お店の殆どがジュエリーショップです。その中の一つのお店でアラスカでのみ採掘されるStar Of Alaskaという鉱石を見せてもらいました。濃紺の石の中に金銀、薄いブルーのような様々な煌きが見えるチョッと不思議な感じのする石でした。
CIMG9781_convert_20140721213716.jpg
観光馬車。当時の衣装を着てお客様をお出迎えです。
CIMG9784_convert_20140721213750.jpg
今はビジターセンターになっているThe Arctic Brotherhood Hall(2005年に改修済み)。以前はYukonトレイルをハイキングして戻って来た人達の経験談を語り合う場所でした。
CIMG9780_convert_20140721213631.jpg
RED ONION SALOON
CIMG9889_convert_20140721213833.jpg
以前は売春宿として有名だったレッド・オニオン・サロン。今ではレストラン&バーに変わり、ゴールドラッシュ時代を偲ぶ館内ツアーも行われています。

 この日、スキャグウェイに降り立った観光客は私達を入れ、一万人とか(町の人口の約10倍)。夏の観光シーズンには沢山の観光客で賑わうスキャグウェイです。
CIMG9896_convert_20140721214033.jpg
港に戻ると私たちのゴールデンプリンセス(右の船)以外にも沢山の客船が停泊していました。

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村







スポンサーサイト
| comments(0) | - | page top |


<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。