アラスカクルーズ 【7】 エクスカーション in Ketchikan 7/3


 今日は激暑ですね。特に私の住む東海地方の最高気温は37℃とか・・・もうありえな~い!死ぬ~~~!!おかげで頭がフラフラしてブログを更新する元気も出ません。が、こんなブログでも楽しみにして下さってる方がいるので頑張ります 

しかし、あ・づ・い

ぐずぐずしていたら日付が変わってしまった

 楽しかったクルーズもそろそろ終盤です。今日の寄港地はアラスカ州第四の人口の街、Ketchikan(ケチカン)です。ケチカンとはインディアンの言葉で『羽を広げた鷲』という意味だそうです。昔はクリンキット族がこの地で鮭を採って暮らしていました。1887年に白人がこの地に入植し缶詰工場を建設して以来、漁業が基幹産業となり今では『世界のサケ缶の首都』、『サーモンのメッカ』として知られているそうです。自然景観に恵まれたケチカンにはインディアンの文化遺産も沢山あり、多くのトーテムポールを見ることが出来ます。そして、このケチカン、なんと岐阜県下呂市の姉妹都市だそうです。知らなかった~。

CIMG0085_convert_20140725151908.jpg

 今回私達が参加したのは『灯台とトーテムポールと白頭鷲』を観るツアー。と言ってもメインはアメリカのシンボルでもあるBald Eagle(白頭鷲)を観ることですが・・・。またまたバスに揺られて港へ。

 港からRob船長のボートで白頭鷲が多く生息するポイントまで向かいます。

CIMG9982_convert_20140725151815.jpg
Rob船長の横にはハスキーMixのトトが。ここがボートでの彼の定位置だそうです。

CIMG0011_convert_20140725150319.jpg
海の上に浮かぶFloating house。これで一つの集落のようです。

CIMG0019_convert_20140725150536.jpg
海の中の小さな小島にも一家族が住んでいます。お家を見下ろす大きな木の上に白頭鷲の巣があり、毎年子育てをしているそうです。私達が通りかかった丁度その時に親鳥が雛に餌を与えていたのですが、
CIMG0020+-+繧ウ繝斐・_convert_20140726135527
よく分からないですよね

CIMG9998_convert_20140725152325.jpg
最初に見た白頭鷲の若鳥。既に一人前の大きさに育っていますが、頭が白くなるまでには5年は掛かるらしく、まだ5歳になっていないのが分かります。でももうすぐかな?

CIMG0032_convert_20140725152859.jpg
Saxman Native Park(サックスマン・トーテム公園) 様々な形をしたトーテムポールが28本あり、それぞれに意味があるそうです。
CIMG0037_convert_20140725150727.jpg

 合計8ポイント(だったかな?)の場所で白頭鷲を観ましたが、「3時の方向」と言われ、双眼鏡で3時の方向を見ているつもりでいたら「3時の方向はこっちだよ」とダメ出しされたりと、ともかくどんくさく目の悪い私(涙)。ロブ船長の「写真はなんでも良いから撮れるだけ撮った方が良い」というアドバイス通り、「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」戦法で写真を撮りまくりました。中には「何写してるんだ~?」と自分でも突っ込みたくなるような写真もありましたが、自分では「やったね!」と思える写真を二枚お見せしたいと思います。
CIMG9981_convert_20140726142922.jpg

CIMG9975_convert_20140726142628.jpg
私のカメラと腕ではこれが精一杯です。

 ポイントを回っている間にまたアザラシ君達と遭遇の機会があったのですが、皆が「居た、々」と言っている中でもなかなか探せない私

だって一体化してるんですぅ~色が。
IMG_3115_convert_20140726012625.jpg
岩かと思ったよ。見られて良かった。
CIMG0076_convert_20140726144104.jpg

CIMG0067_convert_20140725150922.jpg
岩場で遊ぶ若鳥達。

IMG_3118_convert_20140726012657.jpg
灯台にもつがい(ペア)が住んでいました。

CIMG0080_convert_20140725151202.jpg
木の上のペア。なんかロマンチック。
白頭鷲の寿命は長く30年ほど。その間つがいになったペアはずっと一緒に過ごすそうです。

CIMG0082_convert_20140725151423.jpg
今回お世話になったロブ船長と愛犬のトト。凄く大人しくてお利口さんでした。トトはレスキュー団体から譲ってもらったそうで、何歳かは分からないとのことでしたがまだ若そうな子でした。

 この日の夕方には船内で乗客によるファッションショーがありました。私が購入したワンピースを着て出られる方がいるということで観に。拍手喝采で大盛り上がり。楽しかった~。
CIMG0101_convert_20140725151526.jpg
乗船した時からモデルのボランティアを募集していたのは知っていましたが、「若くて綺麗な子ばかり出るんだろうな」と考えもしていませんでした。でも、蓋を開けてみたら結構私の年齢からアップの人が多く、こんなことなら「旅の恥はかき捨て」で楽しめば良かったかなと恐ろしいことを考えちゃいました。目の毒だ~

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

 
スポンサーサイト

| Bellecrest Bostons News & Topicsホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する