<< NEW | main | OLD>>
 グループ戦とBest In Show決定戦はブリード戦の後、別の会場で行われました。そこでも活躍したのが、お友達の用意してくれた葵のご紋ならぬ『PRESSカード』。会場のど真ん中、空席一杯のプレス席でゆったりと観戦することが出来ました。有難う、タラ。

 遅い昼食をとった後、遅れて入場した私の目に飛び込んできたのは、沢山の犬、犬、犬。ブリーダーズ(ケネル)グループ戦が始まっていて、様々な犬種が何頭も連なって並ぶ様はなかなかに圧巻でした。
CIMG0904_convert_20140817230241.jpg

その模様を少しだけ


この日、ブリーダーズ・グループの一席に輝いたのはシェルティでした。
CIMG0909_convert_20140817230653.jpg
結果の詳細はこちら

 その後、1グループから10グループまでの各犬種のBest Of Breedがまず紹介され、グループ毎の一席(各グループの代表)が選出されました。
 少し長いですが(約23分)、グループ戦の模様を頑張って録画しましたので、ご興味のある方はご覧下さい。


ボストンテリアは9グループでの出場です。
CIMG0927_convert_20140817232731.jpg
IMG_3357_convert_20140817233007.jpg
CIMG0926_convert_20140817232930.jpg
残念ながら我らのボストンテリアはここで敗退。マルチーズが9グループの一席(代表)に選ばれました。各グループの結果はこちらで。

 各グループの代表(全10頭)が選出され、いよいよワールド・ドッグショーも最後のクライマックスへ。FCIの旗が来年の開催地であるミラノの代表に手渡され、Best In Showジャッジの紹介、魅力的なMCのお姉さまへの感謝の花束贈呈が終わったところで不思議な人間テーブル(?)がステージを巡り、Best In Showのトロフィーと賞品がステージにセットされました
CIMG0947_convert_20140817235546.jpg
CIMG0948_convert_20140818000110.jpg
この人間テーブルのお姉さん、その後も一席から四席のロゼットを持って登場
IMG_3368_convert_20140818000205.jpg
Best In Showのトロフィー
CIMG0953_convert_20140818000343.jpg

 そして遂にBest In Showが決定される時がきました。まずは四席の犬から選ばれます。MCのお姉さんがロゼットの色に合わせてドレスを変えるという力の入った演出。ん~、別に入場料を取るはずだわ
IMG_3433_convert_20140818004100.jpg

 栄えあるBest In Showに選ばれたのは・・・

たまたま関係者の方がすぐ前の列にいらっしゃいました。
CIMG0970_convert_20140818000532.jpg
アーフェンピンシャー(アッフェンピンシャー)Rickey(リッキー/ Tricky Ricky From Yarrow-Hi Tech, owner. Budiman Jongkie & Cooijmans Mieke & None None, INDONESIA)。 A Huge Congratulations!!!

その他のBest In Showの結果はこちら

 これでワールド・ドッグショーのご報告は終わりです。次回からはフィンランド旅行記を少しだけ書こうと思います。良かったら覗いて下さいね。

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
ドッグショウ comments(0) -


コメント


フォーム

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
<< 2018 >>
プロフィール

luvluvbostons

Author:luvluvbostons
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:
PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.