ベルクレストボストンテリア ブログ



   
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
<< 2017 >>
プロフィール

luvluvbostons

Author:luvluvbostons
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:


初北欧の旅 【4】 タリン

   
 今回のクルーズ旅行の最後の寄港地はエストニアの首都、Tallinn(タリン)。

 タリンの旧市街地は1997年に世界遺産に登録され、今なお中世の面影を色濃く残す人気の観光スポットです。特にトームペアの丘にあるコホトゥオツァ展望台から見下ろす旧市街の街並みは本当に美しく、素晴らしかったです。

CIMG0498_convert_20140831185833.jpg
旧市街への入り口の一つ『ヴィル門(二つの塔)』

CIMG0500_convert_20140831185946.jpg
『聖ニコライ教会』
ストックホルムの大聖堂で見た迫力のある『セントジョージと龍』の彫刻を作ったBernt Notke(バーント・ノトケ)の描いた『Dance of Death(死の舞踏)』を見ることが出来ます。
CIMG0613_convert_20140831191525.jpg
チョッと見難いので一部をポスターでご覧ください。
CIMG0593_convert_20140831195206.jpg
こんな感じで「死(骸骨)」が、様々な職業(王族や貴族、僧侶、農夫等)の人たちが踊る行列を、墓場まで導く風景が描かれています。老若男女、貴賤に関わらず、全ての人はある日訪れる死によって無に統合されてしまうといった死生観を表現しているそうです。なかなかに興味深い絵でした。

CIMG0507_convert_20140831190056.jpg
『自由の広場』
手前に写っているのは「国民の象徴」と「市民の誇り」を表現した独立戦争記念碑。デンマーク、ドイツ、ロシアといった様々な国の支配下に置かれてきたエストニアの人々にとって悲願の独立を果たしたことは本当に誇りであり、若い人達もその誇りを脈々と受け継いでいます。

CIMG0531_convert_20140831190459.jpg
『デンマーク王の庭園』
左の方に見えるのは「処女の塔」と言われる建物。これは中世のアイロニーで、実際は売春婦を収容する牢獄だったそうです。

CIMG0558_convert_20140831190430.jpg
CIMG0559_convert_20140831190611.jpg
CIMG0562_convert_20140831191354.jpg
トームペアの展望台から見る旧市街の街並み

CIMG0629_convert_20140831195245.jpg
「太っちょマルガレータ」の愛称で親しまれている『エストニア海洋博物館』。以前は大砲塔でした。タリンには住民を守るために築かれた城塞が今でも部分的に残っています。

CIMG0654_convert_20140831191618.jpg
中世の格好をしたカップル

IMG_3281_convert_20140831191650.jpg
こんな恰好をした人たちも。「拷問博物館」の宣伝係の方たちです。

IMG_3293_convert_20140831224139.jpg
今日の昼食はチョッとこじゃれたレストランでラム・ターター。若い頃からステーキ・ターター(生牛肉のステーキ)が大好きでよく食べていましたが、ラム・ターターは初めて。とっても美味しかったです

 地図を片手にあちらこちらへと迷いながら観て回った私ですが、帰って調べたら結構見落としていた所が多くて、またまた自己嫌悪。自慢じゃありませんが、私、『地図の読めない女』という言葉は私の為にあるのではと言いたいぐらい地図の読めない人間です。iPhoneのグーグルマップを見ても指している方向の反対に行く始末の人間ですから、今回も無事に終わる訳がなく、船の出港する「Dターミナルはどこ」と大パニック!ビジターセンターで知り合った若い女性が助けて下さらなかったら、絶対にヘルシンキに向かう船に乗り遅れてました。こんなブログをご覧になっているとは思えませんが、本当に、本当に有難うございました!!

 と、最後はドタバタで終わったタリンですが、無事ヘルシンキに戻り、次回で北欧旅行記も最後です。

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリック、プリーズ!
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| comments(0) | - | page top |


<< NEW | TOP | OLD>>