BabyからPuppyへ


 私がフラフラとあちらこちらに飛び回っている間に、5月に生まれた我が家のお嬢さんたちはもうすぐ満四か月になります。

生後0日
DSCN0027_convert_20140906171456.jpg

生後一ヶ月
DSCN0008_convert_20140906163415.jpg

IMG_3049_convert_20140906165047.jpg
生後一ヶ月後半(共に上ViVi、下Tango)
IMG_1987_convert_20140906170622.jpg

生後二ヶ月
DSCN0047_convert_20140906163913.jpg
段々、性格の違いが分かるようになってきたみたい・・・タンゴの悪そうな顔。ビビのこと押しつぶしてるし

生後三ヶ月後半
IMG_7073_convert_20140906171541.jpg
上: ViVi、下: Tango

 先月の末には親元のブリーダーさんちからシャーリーの下に移った二匹。この冬には別々の地に別れ住み、それぞれの地でショーに出るための訓練が始まります。今後の成長も私には遠い日本から見守るしか出来ませんが、心身ともに健やかに育ってくれることを願うのみです。そして何より、私にとっては将来ブリーディングを考える際に必須であり、することが当リ前である、最低限の三つの検査(難聴、パテラ、眼底検査)にパスしてくれることを願っています。
 タイトルや見た目重視だけで何の検査もせずに交配、繁殖しているという現実が気にならない方が大半であっても、目の前にこういった遺伝性疾患があり、その中のいくつかは検査をすることで確実に避けられる、減らしていけるという現実を知った私には、検査をし、クリアーというお墨付きを頂かない限り、どんな素晴らしい犬であろうが交配対象にすることは出来ません。なのでこの子達が無事検査にパス出来ることを心から願わずにはおれません。パスしてね~

良かったら読んでくださいねボストンテリアと三大疾患&検査

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| Bellecrest Bostons News & Topicsホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する