名古屋ボストン美術館 華麗なるジャポニズム展 & ナボン君


 前日とはうって変わった(土曜は雪がチラついて寒かった~)好天ということもあり、日曜日に名古屋に住む娘に会いがてら名古屋ボストン美術館に行って来ました。

IMG_4657_convert_20150119005621.jpg
後方に見えるのはANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋。名古屋ボストン美術館は同じビルの3F~5Fにあります。
IMG_4658_convert_20150119005355.jpg

IMG_4656_convert_20150119005426.jpg
現在こちらでは5月10日まで『華麗なるジャポニズム展』が開催されています。浮世絵を代表とする日本美術に影響を受けた様々なジャンルの作品が展示されていますが、今回の目玉は何と言っても修復後、世界初公開のクロード・モネ作《 ラ・ジャポネーズ 》。

130716Monet_convert_20150119012225.jpg
1876年にモネが最初の妻であるカミーユをモデルに描いた大作です。なかなかに見ごたえのある作品でした。

館内のカフェでは入館券とラ・ジャポネーズをモチーフにしたケーキセットを期間限定(2月28日迄)で販売中。
IMG_4659_convert_20150119013249.jpg
とっても可愛らしいケーキでしたが、お味は・・・?ん~人それぞれということで 笑

展示物は写真撮影NGということで写真はなし。エントランスに置いてあった着物のレプリカだけ撮影してきました。
IMG_4661_convert_20150119013638.jpg
燃えるような赤綸子に金糸の紅葉、武者を配した豪奢な着物。謡曲「紅葉狩」の一場面をとったものと言われているそうです。平惟茂が美女(実は鬼)を切り倒そうと刀を抜こうとしているシーンが描かれています。

 ところで、今回の名古屋ボストン美術館訪問にはもう一つ目的がありました(実はこちらが本命だったりして…笑)。それは以前プリンちゃんママに教えて頂いたナボン君をこの目で見ること(プリンちゃんママ、やっとナボン君に会いに行けました~)。一緒に出掛けた主人と息子の呆れた(いや、冷たい)視線にも負けず、見つけました、ナボン君。
IMG_4664_convert_20150119014036.jpg
何故かエントランスの片隅にひっそりと佇んでいたナボン君。チョッと淋し気。
IMG_4655_convert_20150119013911.jpg
アメリカ生まれの三歳。学芸員見習いだそうです。
IMG_4663_convert_20150119014103.jpg
ナボンの名前の由来ってなんだろう?やっぱり名古屋ボストンで『ナボン』なのかしら?知ってらっしゃる方がいれば教えて下さい。
 
 展示物を堪能した後は迎えに来てくれた娘と共に夕食の場所へ。楽しい一日でした。こんな言い方をすると亡くなったじっ様とばっ様に申し訳ないのですが、二匹が居た頃にはお休みの日に家族揃って長時間家を空けることは出来ませんでした。誰かが残って二匹を見守るという日々でした。有難いことに今のところは目が離せない子はいませんから、暫くはこういった時間を楽しませてもらおうと思っています。

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

| Bellecrest Bostons News & Topicsホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する