精子凍結保存


 カリフォルニアの現地時間、1月23日午前10時半(こちらはすでに24日の午前3時半)から凍結保存するストさんの精子を採取するということで頑張って起きていることに(眠いよ~)。

 インターネットが普及し、本当に便利に、そして世界が狭くなりました。遠く離れていてもLive Web Camでその様子が見れちゃうんですから。

 実は私以前にもアメリカのショー会場で偶然精液採取の現場を見たことがあります。チョッと気恥ずかしくなる光景でした・・・笑
CIMG7839_convert_20150123234340.jpg
ショー会場に出張中の精子バンク(2013年撮影)

 自分の愛犬がと思うと、痛みを伴うものではないと分かっていても何となくドキドキしちゃったりして(馬鹿?)。今回ストさんがお世話になるのはCanine Cryobank(ケーナイン・クリヨバンク)。こちらのラボでは精子凍結保存だけでなく、各種人口受精、黄体ホルモン(プロゲステロン)検査等、犬の生殖・繁殖に関する様々なサービスを提供しています。

 採取の方法はいたってシンプル。発情した牝犬(ティーザー・ビッチと呼ばれています。直訳すると牡犬をじらしてその気にさせる牝犬)を使って牡犬をその気にさせ、精子を採取します(実際に交配させる訳ではありません)。このティーザー・ビッチはブリーダーの所に丁度発情した牝がいればその子を使っても良いですし、必要があればクリヨバンクが用意します(有料)。

 採取された精子は直ぐに顕微鏡下で精子数、精液量、精子運動率に基づいて解析され、精子の状態が保存するのに値するものかどうか判断されます。保存する価値があると判断された場合は凍結され、液体窒素の入ったタンクで保存されます。

 さてさてストさんの精子採取、凍結保存はどうなるのでしょう。睡魔に負けるまでは見ていようと思います。でも夜更かしはお肌に悪いのよね~、特におばちゃんには

 待ちかねてLive Web Camを覗いてみました。ラボの様子が写し出されています。現在2時47分(眠い)。当然のことながらシャーリーもストさんもまだ来ていませんね。あ~、イライラ

IMG_4706_convert_20150124023815.jpg

3時53分頃にシャーリー登場。遅いぞ、シャーリー
IMG_4707+-+繧ウ繝斐・_convert_20150124155953
ん、でもこの子ストさんじゃないよ。ティーザー・ビッチかな?
IMG_4708+-+繧ウ繝斐・_convert_20150124160021
すぐにストさんかと思ったら別の子(キャバリア?)のお手伝いでした
IMG_4716+-+繧ウ繝斐・_convert_20150124160045
オーナーさん達も採取した精子の状態を一緒に確認中。

やっとストさん登場。元気そうで嬉しい。
IMG_4720+-+繧ウ繝斐・_convert_20150124160115

IMG_4730+-+繧ウ繝斐・_convert_20150124160151
ストさんの精子は大丈夫かな?

 結局この日は1億4100万匹の健康な精子(人口受精一回分)が採取出来、無事保存されたそうで一安心です。採取の所要時間は15分弱程でした(気が抜けるほどアッという間に終わりました)。後二回頑張ってね。

 採取が行われる時間まで暇つぶしに(いや、眠気と闘う為に)ネットサーフィンしていたら、日本で精子凍結を行っている施設を見つけました。日本にもあったんですね。 

国際優良犬精子保存センター 

 ヤンチはこちらでお世話になろうかな・・・ただ、初期費用はクリヨバンクより安そうですが、年間の保存料金がバイアル(精子を保存しておくプラスティック容器)数に関わらず同一料金のクリヨバンクと違い、1バイアルにつき12000円も掛かるから3バイアル保存しようと思うとキツイなぁ。それに採取2回目からディスカウントがあるのかも気になります。まっ、その時が来たら(来るか分からないけど)問い合わせしてみよう。

 長い夜でしたが、こういうものを見る機会ってなかなか無いので良い経験(?)になりました。当然、今朝は起きれず死んでました(笑)

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村


 

 

スポンサーサイト

| Bellecrest Bostons News & Topicsホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する