ベルクレストボストンテリア ブログ



   
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2017 >>
プロフィール

luvluvbostons

Author:luvluvbostons
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

ヤンキーのアイチェックに行ってきました 2015

   
 旅行記の途中ですが、今年度のアイチェックにヤンキーを連れて行ってきました。

 ヤンキーを日本に連れてきて以来、毎年暮れにアイチェックに連れて行っていましたが、去年はじっ様、ばっ様の介護で連れて行く時間が取れず一年空いてしまったので、今年は早目に行ってきました。
 
 また、今までは愛知県長久手市ににある動物眼科センターでお世話になっていましたが、アイチェックに割いて頂ける時間帯が愛知県に住んでいない私にはいささか厳しくなった為、今回は眼科センター院長のO先生のお弟子さんの一人である中村獣医科病院の院長先生にお願いすることに。

IMG_6569_convert_20150611152615.jpg
瞳孔を開く目薬をさされ、待機中のヤンチ。不安気な顔

IMG_6580_convert_20150611152546.jpg

IMG_6582_convert_20150611154529.jpg

 結果としては以前から右目にある角膜ジストロフィーらしきもの赤矢印の先にある小さな点)、あえて「らしきもの」と書いたのは、この小さな点が三年前から全く大きくなっていない上に眼に白濁も見られないからです。本当に角膜ジストロフィーなのか表面に付着した脂質なのか・・・とりあえず要観察続行です。

 そして左目の白内障(青矢印の示すところ)。二年前にO先生に指摘された陰りですが、こちらも今のところ治療対象ではないそうです。

 ここで一つ皆さまに覚えておいて頂きたいことがあります。ヤンキーの目に発症したこの白内障は肉眼で見ても分かりません瞳孔を開き、スリットランプ(細隙灯)を用いて検査することで初めて確認出来るものです。ですから肉眼で見て、「目が濁っていないから白内障ではない。うちの子は大丈夫。」と言い切るのは危険です。目には見えないけれど、眼の奥で白内障が始まっているかもしれません。ご愛犬の為に一年に一回のアイチェックで「早期発見、早期治療」を心掛けて頂きたいなと思います。以前のブログでもご紹介しましたが、『「検査をすること」で問題をあぶり出すのではなく、「検査をしないこと」で起こる不幸を防ぐ』という言葉を是非心に留めておいて下さい。

ということで今回の結果はこのようになりました。
IMG_6576_convert_20150611152448.jpg

2012年度の結果はこちら
2013年度の結果はこちら 

来年も大きな変化がありませんように。

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
| comments(0) | - | page top |


<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。