ベルクレストボストンテリア ブログ



   
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
プロフィール

luvluvbostons

Author:luvluvbostons
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:


ヨーロッパのボストンテリア&ドッグショウ

   
 2007年よりBTCA主催のナショナル展に参加してきましたが(何か学んでいるんだろうか、私?)、最近気になりだしたのが「世界三大ドッグショウ(アメリカ、ニューヨークで開催されるウェストミンスター展、イギリスで開催されるクラフツ展、毎年ヨーロッパ圏内で開催地が変わるワールド・ドッグ・ショウ)」の一つであるワールド・ドッグ・ショウ(World Dog Show、略してWDS)で、今年はオーストリアのザルツブルグで開催されました。

 気になりだした理由の一つにナショナル展やFacebookを通じてヨーロッパのお友達も沢山出来たということもありますが、彼らの犬の質がアメリカのボストンと遜色なくなってきているという事実です。以前はアメリカの犬に比べ、とにかく大きくて(今でも大きい犬は多いですが)野暮ったい印象の強かったヨーロッパの犬ですが、ことボストンテリアに関しては逆輸入されるケースも出てきました。
 今年もフランス、オーストリア、フィンランド、イタリアからナショナル展への参加がありました(中には毎年参加してはナショナル展に自身の犬を出陳しがてら交配して帰ったり、新しい犬を連れて帰る人もいます)。自分の足で原産国であるアメリカに出向き、自分の目でアメリカのボストンを見、比較し、評価して、必要なクオリティを自分自身で交渉して手に入れていく・・・そんな彼らの犬が良くならないはずはないと思います。

ガンバレ、私

 また、世界三大ドッグショウのうち二つがヨーロッパ圏で開かれるという事もあってか、近年質の良いボストンや、良血が交配、冷凍精子という形でヨーロッパに渡り、ヨーロッパのボストンのクオリティが全体的に少しずつ、確実に上がってきている気がします。なんといっても地続きの国々ですから、一頭の犬を二つの国のブリーダーさんが共同オーナーとして所有していたり、お互いの国でショウに出したり、子犬を譲り合ったりと行き来が盛んにあります。もちろん良いことばかりではありませんが、犬種の向上を考える上でかなり羨ましい環境だと思います。

ガンバレ、島国ニッポン

Barroco+s+Custom+Made+owned+by+Tarja+Hyvarinen+-+繧ウ繝斐・_convert_20120606033945
CH Barroco's Custom Made owned by Tarja Hyvarinen(Finland/フィンランド)

269791_1847383106844_1308681880_31809832_3725351_n_convert_20120606032332.jpg
CH Bright & Brindle's Top of the Line owned by Janne Simonsen(Norway/ノルウェー)

Kait+Klassik+Kalifornia+owned+by+Larisa+Korshunova_convert_20120606033253.jpg
CH Kait klassik Kalifornia owned by Larisa Korshunova(Russia/ロシア)

 犬のクオリティもですが、ヨーロッパ圏の「健全性」に対する意識はアメリカ以上かも知れません。動物愛護の観点から断耳、断尾はもちろんのこと、狼爪取りもヨーロッパ圏では禁止です。そういった理由から断耳する必要のない小さく、良い耳位置の犬を作ろうと努力しているブリーダーさんもいますし、何より遺伝性疾患を含め、必要な検査はするのが当たり前といった風潮が素晴らしい。ボストンテリアの遺伝性疾患の一つである「若年性白内障」を引き起こす遺伝子(HSF4変異遺伝子のみですが)を世界で一番最初に発見し、その遺伝子の有無を調べる遺伝子検査を提供したのもイギリスのAnimal Health trust(アニマルヘルストラスト)です。
 
 まぁ、そんなこんな理由からまだ見ぬヨーロッパのボストンをもっと見てみたいと思うようになった訳で、是非来年ハンガリーで行われるWDSに行ってみたいと思ったら、なんと日にちがナショナル展と思いっきりかぶっていて当分先のお楽しみになりそうです。

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers HP
スポンサーサイト
| comments(0) | - | page top |


<< NEW | TOP | OLD>>