ベルクレストボストンテリア ブログ



   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

luvluvbostons

Author:luvluvbostons
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:


ヤンキーの目のフォローアップ検査に行ってきました(備忘録)

   
 先日のアイチェック(その時の記事はこちら)で要観察になったヤンキーの眼圧と水晶体亜脱臼の状態を確認してもらいに先日隣の県まで頑張って連れて行ってきました。約一時間のドライブでしたが、初めての目的地に加え、久しぶりの遠距離走行でドキドキ、心身ともにかな~り疲れた私です(体力なさ過ぎ)。
 当のヤンキーはというと、ドッグラン用バッグを見て喜び勇んでで車に乗り込んだものの、途中でなんかおかしい、違うぞということに気がついたのか窓の外を凝視・・・不満のブヒブヒ音を高めつつ着いた先はこちら

IMG_4231_convert_20161216014944.jpg
東海地区では心臓病など循環器疾患に力を入れていることで有名な『千村どうぶつ病院』。こちらには循環器以外にも歯科・口腔外科、眼科を専門とされた先生がいらっしゃいます。ヤンキーも七歳になり、一度またきちんと心機能も確認して頂きたく本当は同日に心臓と眼球の検査をしたかったのですが日にちが合わずそれは次回に。今日は目の状態のフォローアップのみをお願いしました。

 今回お世話になった眼科専門医のH先生ですが、なんとヤンチが動物眼科専門クリニックで診察を受けていたその場にいらしたらしく(確かに後で写真を確認したらいらっしゃいました。覚えてなくてごめんなさ~い!笑)ビックリご縁があったんですね~また、前もって眼科専門クリニックの院長先生に今日のことをお伝えしておいたら、ヤンチのカルテや所見一式がファックスされていて、診察がスムーズに進みラッキーでした。T先生、有難うございました。

IMG_4236_convert_20161216023335.jpg
上が右目、下が左目です。真ん中の写真で見るとよく分かりますが、亜脱臼を起こしている右目では本来角膜と並行の位置にあるべき水晶体がズレているのが分かります

 水晶体亜脱臼を起こしている目を散瞳するのはあまり良くないということで、先生とご相談の上、フォローアップ検査では散瞳しないことに。代わりにいつものスリットランプによる眼底検査の他に眼超音波(眼エコー)検査をして頂きました。

IMG_4237_convert_20161216023415.jpg
左が右目、右が左目。こちらの画像で見ても右目ではズレが見受けられます。

 心配していた血圧は正常値でホッとしたものの、右目の眼圧が少し上がっていたのは気になります。また、水晶体亜脱臼が原因で眼圧が上昇し緑内障が悪化したり、白内障が進行しやすくなるのも要注意です。

IMG_4226_convert_20161216023456.jpg
図で示しながら素人の私にも分かり易く説明して頂け有難かったです。

今回追加で頂いたお薬
IMG_4227_convert_20161216023559.jpg
保湿を与えることで角膜上皮を乾燥から保護する眼軟膏。同種類でヒアルロン酸ナトリウム点眼液を使用していますが、水溶性の目薬の効果は15分くらいしか持続しないということで追加で使用することにしました。眼軟膏の正しい使用法も教えて頂き、今までいい加減にやっていたことを反省

 これで年内のフォローアップは終了。次は年明けですが、悪化しないことを願うのみです。頼むよ、ヤンチマン!

オマケ画像①
IMG_4209_convert_20161217023435.jpg
病院で会った可愛い子ちゃん達(上:ルナちゃん、下:ラムちゃん)。大人しくてとってもお利口さんでした

オマケ画像②
IMG_4219_convert_20161217023106.jpg
ランに行くのを裏切られ、ご機嫌斜めのヤンチを帰宅途中にある公園に連れて行きましたが、全く喜ばず

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると励みになります
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村






スポンサーサイト
| comments(0) | - | page top |


<< NEW | TOP | OLD>>