テーピングイヤーズ


 立ち耳のボストンテリアですが、時に耳が立たなかったり、立ちにくかったりすることがあります。原因として薄過ぎ、又は反対に分厚過ぎる耳、大き過ぎる耳、耳付きの位置の悪さが考えられますが、血統的なものもあります。血統によってはすぐ立つ血統もあれば立つのに時間がかかる血統もあります。どちらにしても立ってくれれば問題はないのですが、立ってくれないとボストンテリアの特徴を考えた上でも、健全性(外耳内の感染防止の為には適度な空気の循環が必要)を考えた上でも問題です。

 そこでブリーダー達は早い時期から(生後5週目~)子犬の耳をテーピングして立ちやすいように補強します。特に子犬が大きく、重くなりそうな耳をしているようなら、テーピング補強は早ければ早いほど良いです。もし4カ月近くになっても耳が立ちそうにない場合は早急に対処する必要があります。その場合はテーピングの時期も長くなります(立たない可能性も有り)。テープを着けっぱなしで大体数週間から数か月で自力で立ってくれますが、長い子では10カ月掛かった子もいるようです。
 歯が生える時期(3~4カ月半くらい)の子犬の耳がよく後ろにひっくり返っている事がありますが、心配することはありません。5カ月くらいになって歯が生えそろう頃には自力で立っています。

 テーピングのやり方はブリーダーさんによって様々です。耳の内側だけにテープを貼る人もいれば、ぐるぐる巻き、またはぐるぐる巻きにした上でブリッジにする人もいます。テープの種類も粘着テープ、医療用テープ(例:ユートクバン)、鼻に使うブリーズライト・ストリップと様々です。

Ellie_face_2-26-12+-+繧ウ繝斐・_convert_20120717005720

582191_863569473176_73195842_n_convert_20120717010044.jpg

320460_473832659293831_1423405223_n.jpg

 このテーピングですが、耳を立たせる以外にもう一つ目的があります。それは見た目の悪さと耳付きの位置を悪く見せるひだ(しわ)を作らない様にすることです。下の写真の丸と矢印で示した場所です。このひだがあるせいで、耳の位置が実際より低い位置についているように見えます。

561079_4342446555121_772835406_n_convert_20120719130811.jpg

 日本ではあまりテーピングをすることはありませんし(立たない時はテーピングより断耳がまだまだ主流?)、必要、不必要関係なく断耳しているのがショウドッグといった誤った考え方をされている方もいらっしゃるようですが、断耳の必要のない、ヘッドとのバランスの良い耳を作る努力、ボストンの特徴の一つである美しい立ち耳をいかに魅力的にするかといった努力も必要な時期にきているのではないでしょうか?

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers
スポンサーサイト

| Bellecrest Bostons News & Topicsホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する