ベルクレストボストンテリア ブログ



   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

luvluvbostons

Author:luvluvbostons
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

Boston Terrier Champions 2010-2011

   
 ブリーダーの必須アイテムの一つCamino Books(カミノ出版)による"Boston Terrier Champions"の2010‐2011版が届きました。

CIMG5442_convert_20120915004519.jpg
この号の表紙を飾るのはCosmo(コズモ/BISS Ch. Flashpoints Cosmic Ray ROM)とEQ2、そして今はもうチャンピオンを完成した彼の4匹の子供たちです。

 我が家には創刊号の"Boston Terrier Champions 1952-1987"から今回までの全ての号があります。普段あまり手に取って見ることはありませんが(不勉強バレ)、この本があれば親子関係、その年のトップ・プロデューサーが誰だったのかとか、その時代に活躍した犬の確認に凄く役に立ちます。ブリーダーの為の記録本といったところでしょう。

 ちなみに牡のNo.3までのトップ・プロデューサー(21頭以上のチャンピオンを作出)は表紙を飾ったコズモ(2000年7月生)で、今日に至るまでに75頭のチャンピオンを作出しています。コズモに続くのが私の恩師の一人であるStaley氏が所有していた故Ch Staley's El-Bo's Showman(1984年10月生)の71頭、そしてガンっと下がってこちらも故Ch. El-Bo's Rudy Is A Dandy(1981年5月生)の57頭と続きます。El-Boのボブは我が家のストライカーのブリーダーさんでもあります。

 牝のトップ・プロデューサー(7頭以上のチャンピオンを作出)は当然の事ながら(子犬を産む方ですから当たり前ですよね)作出したチャンピオンの数は牡に比べてずっと少なく、一番がCh Sunglo's Elysian Maiden(2004年10月生)の11頭。Sungloは数々の良犬を作出してきた犬舎ですが、2年前にブリーダーのアンが癌で逝去してしまったので、"Sunglo"としての血統はいずれ途絶えてしまうでしょう。続いてKen's Fancy Lady(1988年2月生)の10頭、そしてCh Jeffords Bunny(1975年1月生)、Ch Sunwood Ambianca(2000年7月生)、Vir Vel's Ace's Black Beauty(1959年11月生)の9頭が続きます。

IMG_5484_convert_20120915014820.jpg
今回の号には我が家の息子達も載りました
こんな形でずっと記録として残っていくと思うと嬉しいです。次号には今アメリカで育っているストさんの子供たちも載ってくれることを祈っていますが、さてさてどうなるでしょう・・・

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers


 
スポンサーサイト
| comments(0) | - | page top |


<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。