ベルクレストボストンテリア ブログ



   
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2017 >>
プロフィール

luvluvbostons

Author:luvluvbostons
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

忘れられない人

   
 今日は何故か彼女のことを想い、懐かしく、会いたくて仕方ありませんでした。その女性(ひと)の名はMrs Rosalind “Ann” McCammon(アン・マキャモン)。一世を風靡したBISS CH Justamere's Showman Deja VuSimon(サイモン)のブリーダーで、今は無きJustamere犬舎の創始者です。ボストンテリアの古参ブリーダーの一人として全米のブリーダーから尊敬されていたのはモチロンですが、ユーモアのセンスに溢れたアンは、皆から慕われ愛されていた人でした。

bookofficbt2_convert_20121020011624.jpg
ボストンテリアクラブ・オブ・アメリカのオフィシャルブックの表紙を飾るサイモン

51BBM4W2SML__SL500_AA300_.jpg
アン・マキャモン著 ボストンテリア本

 私が彼女と初めて直接会ったのは2007年に初めてナショナル展を訪れた時です。それから彼女の亡くなる2010年まで毎年のようにナショナル展で会い、再会を喜び、可愛がってもらいました。今でも彼女ご自慢の柿(日本のものとはチョッと種類が違う)のプディングの美味しさは忘れられません。
 
 経験豊かなアンはボストンテリアについて何でも相談出来るメンタ―の一人でしたが、メンタ―というより精神的に支えてくれるお祖母ちゃんのような存在でした。どんなに努力しても物事が思うように進まず、焦る私が弱気になったり、くじけそうになった時には叱咤激励し、理不尽なバッシングに心が折れそうになった時には『Fight back!(闘え!)』と。酷い裏切りにあった時には『First time is burnt, but second time is a shame(同じ失敗を繰り返すのは恥)』という言葉をかけて支えてくれました・・・今だに私がまだしぶとくボストンテリアに関わっているのはきっと彼女の言葉が私の中で生き続けているからかもしれません。

 そんなアンを懐かしみ、彼女の業績を風化させないと、彼女の死後も彼女のホームページはそのままに後進によって管理されています。
Justamere Boston Terriers
今では失われつつある美しい、私達が目指すべきボストンテリアを見ることが出来ます。

Ann+05-08_convert_20121020022930.jpg
Mrs. Rosalind "Ann" MacCammon(2008年5月撮影)
1936/11/20 - 2010/01/13
Rest In Peace, dearest Ann...miss you always...

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

スポンサーサイト
| comments(0) | - | page top |

テーマ:  We Love★ボストンテリア
ジャンル:  ペット



<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。