CERF(アイチェック)検査のショートビデオ&お勧め


 私のホームページでも紹介しているアイチェックCERF(Canine Eye Registration Foundation/犬の眼登録協会)検査ですが、その検査の過程をご覧になった方はほぼいらっしゃらないと思います。かくいう私も細隙灯(スリットランプ)を使用して検査するという事は知っていますが未だに実際に検査に立ち会ったことはありません。
 知り合いのブリーダーさんが検査の模様をYou Tubeに上げてくれました。閲覧許可を頂いていますので是非ご覧ください。これを見ればいかに犬に負担のない検査かご理解頂けると思います。

CERF Exam

 年一回のアイチェックをすることで眼疾患の早期発見、早期治療に繋がります。以前のブログにも書きましたが、ボストンテリアにおける遺伝性白内障を引き起こす変異遺伝子はまだ一つしか見つかっていません。それ以外の白内障に関しては毎年のアイチェック検査で発症の有無を確認するしかないのです。表面に白濁が見てとれなくとも、眼球の奥で発症が始まっていることもあります。
 
 アイチェックを行う事で白内障以外の眼疾患(角膜ジストロフィー、緑内障等)の確認もできますので、是非一年に一回の愛犬の健康診断の項目にアイチェックを入れて頂きたいと思います。特に繁殖を考えていらっしゃる方には不幸な子を作らないためにも是非交配前に両親犬のアイチェックをして頂きたいものです。

眼疾患、アイチェックの詳しい内容はこちらをご覧下さい。

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers
スポンサーサイト

| Bellecrest Bostons News & Topicsホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する