ベルクレストボストンテリア ブログ



   
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
プロフィール

luvluvbostons

Author:luvluvbostons
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:


ヤンキーのアイチェックに行ってきました

   
 先日ブログでもご紹介したCERF検査(日本にはCERF認定眼科医がいないため、CERF検査そのものはできませんが、同じ項目の検査を眼科専門医でやって頂くことは可能です)の日本版であるアイチェックヤンキーを連れて行ってきました。

 お世話になったのは愛知県長久手市にある『動物眼科センター Animal Eye Center』です。こちらへ愛する犬種は違えども犬の眼疾患を含む様々な遺伝性疾患の減少を切に望むお友達が眼科専門医の協力の下、作成してくれたアイチェックシートを持参して受診しました。
 検査の過程やアイチェックシートは彼女のブログにて詳しく紹介されていますCheckpoint Diary(2010/08/03~)

 去年まではアメリカでCERF検査を受け、クリアー(問題なし)だったヤンキーですが、日本で初めて受ける検査結果にチョッとドキドキ・・・だって本当にクリアーかどうかは検査で確認してみないとわかりませんから。

 結果は心配していた白内障に関してはまったく問題なしでした しかし、気になるのが右目上部(内皮)にある角膜ジストロフィー。これは以前涙やけの原因を調べて頂いた時にも指摘されていましたが、以前診た時から進行していないそうです。また、彼のように結晶体の形で出ているのは珍しいとのことでした。
 
 角膜ジストロフィーをネットで検索すると「遺伝性」と書いてありますが、検査して下さったO先生は「遺伝性・・・」と言いかけた私に即座に「先天性」と否定されました・・・遺伝性と先天性・・・遺伝性は家族性とも言え、「遺伝するもの」。先天性は生まれた時に機能異常があり「生まれつきのもの」で、大部分が遺伝性だが一部例外もあり・・・う~ん、どちらにしても嬉しくないなぁ・・・先生は繁殖には差し障りは無いと仰ったけど、もう少しリサーチして判断したいと思います。とりあえずこれからも角膜ジストロフィーに関しては要観察です。

CIMG5880+-+繧ウ繝斐・_convert_20121124202045

 全てにとはいきませんでしたが、今年もまた、未だに遺伝子が発見されていない他の白内障の発症がなかったことが確認でき一安心でした。来年もクリアー出来ますように

 今回の検査にあたり眼科センターまでヤンキーを連れてきて下さったハンドラーのMさん、アイチェックを作成し、眼科センターまで私を連れて行ってくれたC恵ちゃん、本当に有難うございました。

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers
スポンサーサイト
| comments(0) | - | page top |

テーマ:  We Love★ボストンテリア
ジャンル:  ペット



<< NEW | TOP | OLD>>