ベルクレストボストンテリア ブログ



   
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2017 >>
プロフィール

luvluvbostons

Author:luvluvbostons
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

ヤンキーの眼球診断と彼のブリーダーさん

   
 前回見つかったヤンキー角膜内皮ジストロフィーについてヤンキーのブリーダーさんにも報告を兼ねて写真を送り、今後の対応についての意見を求めました。

SCN_0001_convert_20121227024312.jpg
向かって左の眼の左上ににある結晶体が角膜内皮ジストロフィーと診断されたものです。

 米国の眼科専門医二人(うち一人はミズーリ大学の獣医科の学部長でもあり、眼科の教授)に写真を見て頂いたところ、まず検査して下さったO先生の診断技術の素晴らしさを誉めて下さったそうです。しかし、O先生の見解とは異なり、内皮の角膜ジストロフィーではなく、眼の表面に出来た角膜ジストロフィー(症状としては内皮ジストロフィーと同様に角膜にコレステロールやリン脂質、中性脂肪が付着することによって、片目、もしくは両目の角膜に白斑が生じる。通常、ワンちゃんが痛みや痒みなどの不快感を示すことはなく、進行しても視覚を喪失するまでにいたることはほとんど無い)か、もしくは表面に付着した脂質ではないかとのことでした。ヤンキーの年齢を考慮するとまだ角膜の厚みが充分に成長していない可能性もあり、角膜内皮ジストロフィーであれば両目に発症するはずだとも仰ったそうです。

 もし単純な脂質の付着ではなく、角膜または角膜内皮ジストロフィーであるなら、どちらにしても遺伝的要因が考えられるのですが、角膜(内皮)ジストロフィーはいわゆる『Breeder's option(ブリーダーズ・オプション)』、交配に使うか使わないかはブリーダーが選択する範囲の疾患に入るようです。O先生も、アメリカの二人の先生もヤンキーを交配に使うことに問題はないと仰って下さいましたが、今後の経過を見ながら考えていきたいと思います。

sIMG_5031_convert_20121231160834.jpg


 ヤンキーのブリーダーであるSharon(シャーロン)は米国のボストンテリア界では知らない人はいない、リビング・レジェンド(生きた伝説)の一人です。今年のナショナル展ではSweepsショウのジャッジをされました。1999年にBTCAのHealth Committee(ボストンテリアクラブ・オブ・アメリカの健康促進委員会)が発足された時の創設メンバーの一人でもあり、一番最初にボストンテリアにCERF検査を受けさせた方でもあります。40年近い年月をスタンダードにそったボストンテリアの作出と健全性の向上に力を注いできた彼女にとってヤンキーの『角膜内皮ジストロフィー』という診断結果は驚きでもあり、決して嬉しい報告ではなかったと思います。それでも結果を聞いた彼女の最初の一言は「教えてくれて有難う」でした。今日までの短い13年間のボストンテリアとの関わりの中で何人ものブリーダーさんに出会ってきた私ですが、この言葉を聞いただけで彼女から犬を譲ってもらって本当に良かったと思いました。

 ボストンテリアに限らずどの犬種も生きものであり、特に人の手で様々な犬種を混ぜ合わせ、作り上げられてきた純血種はどんなに気をつけてブリーディングしてきても、出来うる限りの検査をして、その検査にパスした健康体だけをブリーディングに使用してきても、何かかんか弱い部分がポッと突然表面に表れてくることがあります。 また、行きすぎた近親繁殖を避けるためにも、自分のライン(血統)の欠点や短所を改善するためにも、時にアウトクロス(異系交配)を行う必要があります(ちなみにヤンキーはアウトクロスで生まれた子ですが、シャーロンのHPに行って、過去の犬達を見ると何となくヤンキーの面影を見つけて嬉しくなります)。アウトクロスは利点と欠点が表裏一体。改善される部分もあれば、失ったり、悪くなる部分もあり、それは一生懸命健全な犬を作ろうと長年努力してきたブリーダーにとってとても辛く、今までの努力や信念をくじかされる出来事です。でも、そうなった時にその事実を事実と受けとめどう向き合っていくかでそのブリーダーの今後の成長や真価、作り上げていく犬の進化が決まっていくのだと私は思います。自分が作出し、譲った犬に何か起こった時に、それを飼い主の管理のせいにしたり、適当な理由をつけて誤魔化したり、「生きものだから仕方がない」の一言でかたずけ、突き放すブリーダーもいれば、真摯にその事実と向きあい、少しでも飼い主の力になろうと努力するブリーダーもいます。皆さんはどちらのブリーダーから我が子を迎えたいと思われますか?私は絶対に後者です。

 2012年も今日で終わり。明日からは2013年が始まります。皆様、良い年をお迎えください。

 新しい年が皆様にとって素晴らしい年になりますことをお祈りしています。

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
| comments(0) | - | page top |

テーマ:  We Love★ボストンテリア
ジャンル:  ペット



<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。