ブリーダーから子犬を得るということ ‐ Dog Actuallyより & more


 ボストンテリアについてではありませんが、どの犬種にも通じる良い記事だと思うのでご紹介したいと思います。

『ブリーダーから子犬を得るということ』

 注:ここに出てくる『ブリーダー』とは私のHPでもご紹介しているシリアス・ホビー(良心的な)ブリーダーのことです。記事と併せて読んで頂けると記事の内容がよりご理解頂けると思います。

 買い手の立場からの様々な思いも書かれているので、特にこれから新しい家族を迎えようと考えてらっしゃる方は是非読んでみて下さい。

 一つ誤解のないように書いておきたいのですが、ブリーダーによる子犬の希望者のスクリーニング(審査のこと。この記事の中ではブリーダーも買い手を選ぶ・・・以降)の目的は子犬の幸せの確認自身の血統の保護であり、それ以上でもそれ以下でもないということです。本来のスクリーニングの意味を曲げ、犬に不必要な付加価値を付けたり、買い手におかしな特別意識を刷り込むようなことは決してあってはなりません。ですから必要以上にブリーダーに対して委縮したり、媚びへつらう必要はありません。「買い手もブリーダーを選ぶ」という同等の立場で、尋ねたいことは尋ね、お互いが納得出来たら次のステップに進めば良いのです。
 
545060_434137323271494_2127393443_n_convert_20120621144059.jpg
 お話かわって、私も基本的にペットショップやインターネットでの子犬の売買には反対です。両親犬も、彼らの健全性も分からず、どんな飼育環境で生まれ育ってきたかもわからない子犬を購入するのはロシアン・ルーレットと同じだと思っています。運が良ければ何事もなく一生を終える健康な子犬に巡り合えるかも知れませんが、運が悪ければ子犬が発症する様々な病気と闘っていかなければならなくなるかもしれません。そのような状況は犬にとっても飼い主さんにとっても大変に辛いものです。
 また、ペットショップで販売されている子犬の大半は繁殖業者(悪徳、素人繁殖家を含む)から直接、又は市(恥ずかしいことに日本にはまだ犬猫の競り市というものが存在しています)を通してやってきます。ペットショップで子犬を購入するということは、繁殖業者や素人繁殖家にまた子犬を作るチャンスを与えるということになります。休む間もなく交配、出産させられる親犬たち。産めなくなれば処分されます。子犬も売れ残ると処分されると聞きます。この記事のように「ブリーダーが丹念に犬を育て、飼い手が丹念に犬を選ぶ。そのことで、不幸な犬というのは断然減るのではないか」ということが現実になる日がくることを願ってやみません。

nopuppyMills.gif

bttrash.jpg

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

| Bellecrest Bostons News & Topicsホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する