ベルクレストボストンテリア ブログ



   
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
<< 2017 >>
プロフィール

luvluvbostons

Author:luvluvbostons
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:


ウィニーの旅立ち

   
 慌しかった日々もようやく落ち着き、チョッと崩しかけていた体調も戻ってきました。今朝はジョイスを連れて犬飼いの義務でもある春の恒例行事、「狂犬病予防接種」にも行ってきました。しかしいつも思うのですが、獣医一人に何の為にいるのか分からない人間が五人も付くのって税金の無駄遣いじゃないのかなぁ~。当番獣医師の愛犬に対する気遣いの一つもないような接種の仕方にも内心ムキッと思いながら葉桜になってしまった小学校のを見がてらホテホテと帰ってきました。 

 やっとブログを更新するゆとりが出てきたので、2月末から書きかけで放置していた出来事の続きを書いていこうと思います。でも最初の話題は悲しくなるので手短に・・・

 2月25日23時少し過ぎに我が家の甘ったれ娘、ウィニーが虹の橋の橋に旅立ちました・・・享年9歳と7か月の短い一生でした。

 ウィニーはジョイスの二匹生まれた娘のうちの一匹です。我がままで勝ち気なママジョイスと違い、本当に穏やかで可愛い子でした。
 真っ白な頭(完璧なミスマーク)に目は突き出るように大きくロンパリちゃんだったウィニー、素敵なブリンドル&ホワイトの毛色にとてもしっかりとした四肢をした子でした。丸々とした抱きがいのあるボディもですが、何より性格が可愛くて々・・・本当に愛すべき子でした。
fa6f5a616d553aa5e09054eafe0f0373 - コピーお友達が写してくれた在りし日のウィニー

 昔から心臓が弱く、気管も狭かったのかチョッと暑いとすぐにゼィゼィと苦しそうに息を吐いて、そんな時は胸が異常に熱くなっていたりで、夏は誰よりも注意が必要でした。
 最終的には心肥大が進み、毎日心臓の薬(利尿剤を含む)を飲ませてきましたが、肺に水が溜まるのも、体中に浮腫が出るのも薬で止めることが出来なくなり、掛かり付けの先生の「いずれは」といういずれが来てしまいました。最期の二日間の様子と私達の精神的葛藤は今思い出しても辛くなるのでここでは書きませんが、多頭飼いで飼っていてもその子はその子でしかなく、やはりどの子も居なくなるとその穴を埋めることは他の子には出来ないな~と・・・そして常に残る悔いの気持ち・・・これからも誰かを見送る度に耐えていかなくてはならないんだなと思います。

 ウィちゃんとのお別れに際し、綺麗なお花を届けて下さったり、温かいお心遣い、慰めの言葉をかけて下さったお友達には本当に感謝しています。有難うございました。

IMG_5922_convert_20130409000745.jpg

 またいつか会える日までイギーやボギーと一緒に待っててね、ウィちゃん・・・

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| comments(2) | - | page top |

テーマ:  We Love★ボストンテリア
ジャンル:  ペット

有難うございます
もとさん

有難うございます。
何度経験してもダメですね。朝食のフルーツを食べていると「リンゴちょ~だい」、誰かがウ○チをすると「●●ちゃんがウ○チしたよ」と私の膝をカリカリしにきた子はもう居ません・・・ママより先に逝ってしまうなんて本当に親不孝な子です。
遅く成りましたが
心より御冥福をお祈り致します
合掌


<< NEW | TOP | OLD>>