ベルクレストボストンテリア ブログ



   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

luvluvbostons

Author:luvluvbostons
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:


Vinny頑張りました

   
 昨夜(早朝?)ブリード戦でBest Of Breedに輝いたVinnyパパですが、今日はグループ戦(Non-Sporting Group)で健闘しました。

グループ戦の模様
IMG_5086_convert_20170214201846.jpg

IMG_5080_convert_20170214201925.jpg

IMG_5081_convert_20170214201956.jpg

IMG_5084_convert_20170214202032.jpg

お友達がテレビの画像ですがビデオを撮って送って下さいました。 

余談ですが、今年のナショナル展から自分の犬以外のビデオを撮ってSNSに載せることが禁止になりました

 結果はグループ2nd(2席)。惜しい!!1stはプードルということで相変わらずこのグループでは不動の強さのプードルです。
IMG_5085_convert_20170214202105.jpg
皆が今年こそはと願っていたグループ戦突破ならず残念でしたが、去年のグループ4th(4席)から2ndに昇格しただけでも素晴らしいものです。 Huge Congratulations to Team Vinny!!

 さて次は悲願のナショナル展での優勝です。頑張ってね、パパ by みそっかす娘のミカンより

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると励みになります
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
| comments(0) | - | page top |

Boston Terrier Club of New Yorkの結果 & そしてなんとビックリ!

   
 ボストンテリアにとってウェストミンスターケネルクラブ展の前哨戦とも言える二日間に亘るBoston Terrier Club of New York Specialty Show(ボストンテリアクラブ・オブ・ニューヨークの単独展)が終わりました。

 結果は両日ともVinnyBest In Specialty Show(BISS、一席)に輝きました。

IMG_5065_convert_20170214012225.jpg
先っぽが切れてしまっていて残念ですがゴージャスなBISSのロゼット。大き過ぎてフレームに収まらなかったのかしら?笑

お友達が何枚か写真をシェアしてくれたのでショーの模様を少しご紹介しますね
16711685_1345866625470424_2158495986045630313_n_convert_20170214012337.jpg
ロゼットと賞品が乗ったクラブのテーブル

16681943_1345866548803765_4684316585082557536_n_convert_20170214024729.jpg
リングに入る前にステイの練習
16684146_1345866708803749_6805057958482970052_n_convert_20170214012823.jpg

16684115_1345866798803740_2012473892054023469_n_convert_20170214012930.jpg

16708754_1345867242137029_2530186910906462110_n_convert_20170214012416.jpg

Vinny
16508501_1345867168803703_5602960900664572887_n_convert_20170214013040.jpg

16729497_1345867132137040_6850517563278077840_n_convert_20170214012711.jpg
玩具下さい

 さて、次はウェストミンスターケネルクラブ展です。我らがボストンテリアの期待の星、Vinnyは今年はどこまで行ってくれるのでしょうか?結果が楽しみです!!頑張って、Vinny

IMG_5064_convert_20170214024833.jpg


 と、この記事を書いていたら早くもウェストミンスターケネルクラブ展の結果が飛び込んできました

linecamer_convert_20170214032702.jpg
今年もVinnyの圧勝!!そしてなんとBest Opposite Sex(二席)はVinnyの娘でもあり、我が家のミカンの同胎の姉妹のDorisでした。ポニョ姫、ミカン、益々肩身が狭いかも・・・何はともあれCongratulations!! 次のグループ戦も頑張れ~!!

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると励みになります
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村






| comments(0) | - | page top |

Let's Talk BOSTONSマガジン & ウェストミンスター展が始まりますね

   
Let's Talk BOSTONSマガジンの2月号がアップされました。

IMG_4970_convert_20170209201051.jpg
ご興味のある方はこちらからどうぞ。

 そして今週末からは前哨戦とも言えるBoston Terrier Club of New Yorkの単独展の後、今年のウェストミンスターケネルクラブ展(13日-14日)が始まります。さて、我らが期待の星Vinnyはどこまで勝ち進んでくれるでしょうか?それとも次々と現れている対抗馬の誰かでしょうか?楽しみです

15267701_1590692137613421_3751972062037592341_n_convert_20170209202523.jpg
先日(2月5日)68回目のBest In Show(BIS)を獲得したVinnyさん(写真は66回目時)
頑張ってね、パパ

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると励みになります
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村



| comments(0) | - | page top |

新年初のフォローアップ検査、節目の心機能検査、そして検査の意義(備忘録2)

   
 前回の検査から約一ヶ月経った18日に新年初のフォローアップ検査に行ってきました。

 その時のお話をする前に・・・このブログに目を留め、読んで下さる皆様には私が検査のお話をさせて頂く際、是非下記の言葉を念頭に置いて読んで頂けたら幸いです。
 
『検査をすることで問題をあぶり出すのではなく、検査をしないことで起こる不幸を防ぐことです。』

 この言葉は日本で私が尊敬する数少ないブリーダーさん(残念ながらボストンテリアではなく他犬種のブリーダーさん)が仰った検査の意義についての言葉ですが、私にとっては七歳という節目の歳を迎えたヤンキーとこれからも元気に楽しく過ごして行く上での指標でもあります。

 問題が起きてから慌てるのではなく『早期発見、早期治療』を心掛けることで起こる不幸を防いだり、例え防ぐことが出来なくてもその不幸を先延ばしにすることは可能だと思います。なので是非皆様にも「お誕生日健診」、「節目健診」、どんな機会でも呼び方でも構いません、一年に最低一度は血液検査を含む総合的な健診(健康診断)や、専門医による眼科、循環器、整形等の検診特定の病気の早期発見・早期治療を目的とする検査診断)を愛犬に受けさせ、健康維持に役立てて頂きたいなと切に願っています。

 と、また前置きが長くなってしまいましたが、今回はまず眼科のH先生によるフォローアップ検査を受け、院長先生による心機能検査をして頂きました。

眼科検査として行ったのはスリットランプ検査と眼圧測定。
IMG_4744_convert_20170120014843.jpg
左二枚が前回の右目の状態、右上が今回の右目の状態。右目に鎮座している結晶体の大きさにも変化なし。右下は左目。
IMG_4745_convert_20170120014927.jpg
上が右目、下が左目。

 右目の水晶体亜脱臼が治っている訳ではありませんが、状態が安定していること、眼圧も正常値内(右19、左13)にキープ出来ているということで、何か異変が起こらない限り、検査は二ヶ月毎でも大丈夫でしょうとなりましたヤッタ~!

 お薬は前回同様のものに加え、お願いして出して頂いたのがライトクリーン。
IMG_4735_convert_20170120015035.jpg
 初期の老年性白内障の進行防止剤として効果が認められている(イヌ老年性初発白内障73例についての臨床試験で65例に臨床効果が認められていると説明書には記載されています)お薬ということで試してみることに。しかしながらこのお薬、開封後三週間しかもたない上に初期に限り効果があるとか、全く効果がない白内障の治療には手術しかない、別の言い方をすれば白内障は手術で治るので防止剤は必要ないが人間でも通説)といった意見もあって、正直、飼い主の「ヤンチの為に頑張っている私」といった自己満足にしかならないかもしれませんが、効果があったら御の字でとりあえず一本使い切ってみます。

 そうそう、前回OFAに登録したヤンチのアイチェックの結果がデータベースに載りました。ヤンチのOFAページ➡こちら
当然ながら眼に関しては様々な問題が発生している為、クリアーのお墨付きであるOFAナンバーは頂けませんでしたが、データは半永久的に残っていきます。

 眼科検査の後は院長先生による心機能検査。一歳二ヶ月に行って以来、六年ぶりの検査です。今回は節目健診ということで、レントゲン、心電図、心臓超音波検査といったベーシックな検査をして頂くことに。体重8.72kg。触診では「筋肉もシッカリあって良い感じで歳を取ってますね」と先生に褒められ嬉しかった~これもランでランランしているおかげだと思うのでこれからもランに行けるよう頑張らなきゃね

IMG_4738_convert_20170120015140.jpg
心電図:多少不整脈が見られるものの正常の範囲

IMG_4746_convert_20170120015004.jpg
心臓超音波検査(心エコー検査):問題はこちら。血液の逆流(カラフルな部分)が見受けられます。これは加齢により、右心室と右心房の間にある三尖弁(二枚の薄い弁で心臓収縮時に心房と心室を閉鎖し、右心房への血流の逆流を防ぐ役割をしています)が変形し、心臓の収縮時に完全に閉鎖することが出来なくなって弁の隙間から血液が逆流している状態です。ヤンチの場合、左の僧帽弁にも多少変形が見られましたが、三尖弁ほどではなく今のところ問題はなさそうです。

IMG_4737_convert_20170120015107.jpg
ということで病名としては『三尖弁の弁膜症による三尖弁逆流(軽度)』となりましたが、今はまだ治療の対象ではないということでホッとしました。今後は眼と一緒に二ヶ月毎にチェックして頂こうと思います。

IMG_4739_convert_20170120015211.jpg
帰りの車の中では流石に疲れたのか家までぐっすりでした。お疲れ様。

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると励みになります
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村






| comments(0) | - | page top |

ヤンキーの目のフォローアップ検査に行ってきました(備忘録)

   
 先日のアイチェック(その時の記事はこちら)で要観察になったヤンキーの眼圧と水晶体亜脱臼の状態を確認してもらいに先日隣の県まで頑張って連れて行ってきました。約一時間のドライブでしたが、初めての目的地に加え、久しぶりの遠距離走行でドキドキ、心身ともにかな~り疲れた私です(体力なさ過ぎ)。
 当のヤンキーはというと、ドッグラン用バッグを見て喜び勇んでで車に乗り込んだものの、途中でなんかおかしい、違うぞということに気がついたのか窓の外を凝視・・・不満のブヒブヒ音を高めつつ着いた先はこちら

IMG_4231_convert_20161216014944.jpg
東海地区では心臓病など循環器疾患に力を入れていることで有名な『千村どうぶつ病院』。こちらには循環器以外にも歯科・口腔外科、眼科を専門とされた先生がいらっしゃいます。ヤンキーも七歳になり、一度またきちんと心機能も確認して頂きたく本当は同日に心臓と眼球の検査をしたかったのですが日にちが合わずそれは次回に。今日は目の状態のフォローアップのみをお願いしました。

 今回お世話になった眼科専門医のH先生ですが、なんとヤンチが動物眼科専門クリニックで診察を受けていたその場にいらしたらしく(確かに後で写真を確認したらいらっしゃいました。覚えてなくてごめんなさ~い!笑)ビックリご縁があったんですね~また、前もって眼科専門クリニックの院長先生に今日のことをお伝えしておいたら、ヤンチのカルテや所見一式がファックスされていて、診察がスムーズに進みラッキーでした。T先生、有難うございました。

IMG_4236_convert_20161216023335.jpg
上が右目、下が左目です。真ん中の写真で見るとよく分かりますが、亜脱臼を起こしている右目では本来角膜と並行の位置にあるべき水晶体がズレているのが分かります

 水晶体亜脱臼を起こしている目を散瞳するのはあまり良くないということで、先生とご相談の上、フォローアップ検査では散瞳しないことに。代わりにいつものスリットランプによる眼底検査の他に眼超音波(眼エコー)検査をして頂きました。

IMG_4237_convert_20161216023415.jpg
左が右目、右が左目。こちらの画像で見ても右目ではズレが見受けられます。

 心配していた血圧は正常値でホッとしたものの、右目の眼圧が少し上がっていたのは気になります。また、水晶体亜脱臼が原因で眼圧が上昇し緑内障が悪化したり、白内障が進行しやすくなるのも要注意です。

IMG_4226_convert_20161216023456.jpg
図で示しながら素人の私にも分かり易く説明して頂け有難かったです。

今回追加で頂いたお薬
IMG_4227_convert_20161216023559.jpg
保湿を与えることで角膜上皮を乾燥から保護する眼軟膏。同種類でヒアルロン酸ナトリウム点眼液を使用していますが、水溶性の目薬の効果は15分くらいしか持続しないということで追加で使用することにしました。眼軟膏の正しい使用法も教えて頂き、今までいい加減にやっていたことを反省

 これで年内のフォローアップは終了。次は年明けですが、悪化しないことを願うのみです。頼むよ、ヤンチマン!

オマケ画像①
IMG_4209_convert_20161217023435.jpg
病院で会った可愛い子ちゃん達(上:ルナちゃん、下:ラムちゃん)。大人しくてとってもお利口さんでした

オマケ画像②
IMG_4219_convert_20161217023106.jpg
ランに行くのを裏切られ、ご機嫌斜めのヤンチを帰宅途中にある公園に連れて行きましたが、全く喜ばず

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると励みになります
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村






| comments(0) | - | page top |
前のページ 次のページ