Bellecrest Bostons News & Topics

ベルクレストボストンテリア ブログ
2018年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2018年03月

MERRY CHRISTMAS!! 2017

今日はクリスマス 

可愛いサンタ服で
IMG_2791_convert_20171225134842.jpg

サックスブルーのマントを着て可愛らしい妖精(小人さん?)にもなりきり?
IMG_2792_convert_20171225134909.jpg

そして一番大事なとこ。僕もプレゼントをもらったよ
IMG_E2821_(2)_convert_20171225135857.jpg

皆様、良いクリスマスをお過ごし下さいね。

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると励みになります
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

グッバイ淡路島、そしてお友達に会いに(トラットリア・ダ・ナオシ & ばーでぃ’ずcafe)

IMG_9812_convert_20171222205729.jpg
爽やかな朝、窓から大鳴門橋が見えます。

本館にあるレストランからも美味しい朝食を頂きながら大鳴門橋を眺めることが出来ます。
IMG_9829_convert_20171222205828.jpg

チェックアウト後に再度ランで遊ばせて頂きました。今日もご機嫌さんの二匹。
DSC0E6459_convert_20171222210423.jpg

DSC0E6547_convert_20171222210606.jpg

DSC0E6576_convert_20171222210746.jpg

DSC0E6597_convert_20171222210852.jpg

ホテルアナガのエントランスで記念写真を撮り、次の目的地へ。
IMG_9837_convert_20171222205950.jpg

途中、明石海峡大橋(パールブリッジ)が望める淡路サービスエリアの展望台でも記念写真をパチリ(橋、写ってないジャン
IMG_9878_convert_20171222211211.jpg
恋人いないけど、サービスエリアにあった『恋人の聖地』のシンボルモニュメント(ハートライトゲート)で一人(匹)淋しく💛のシャワーを浴びるヤンチさん
IMG_9875_convert_20171222211120.jpg

 そして向かった先は去年もお邪魔した『トラットリア・ダ・ナオシ』。大阪方面に来たら、絶対寄りたい場所。インスタでお友達になったハリロン君のパパとママが経営するイタリアンレストランテです。
IMG_9881_convert_20171222211437.jpg
こちらでは(ランチ、ディナー毎に)一日一組のみワンちゃん同伴でお食事が出来ます。
IMG_9886_convert_20171222211608.jpg
来る度に期待の眼差しを送ってくる二匹。ゴメンね~、あなた達の分はありません。今回も美味しい料理を堪能させて頂きました

玄関先にあるハリロン君のポスターの周りには今までレストランテを訪れたワンちゃん達の写真が。前回のヤンチとラファの写真も貼ってあります。
IMG_9894_convert_20171222211823.jpg

そしてヤンちゃん、ハリロンママのご好意でかの有名な『食い倒れ太郎』に変身させて頂きました。似合ってますか?
IMG_9924_convert_20171222212003.jpg

ラファママによる『トラットリア・ダ・ナオシ』のレポはこちら。お店の雰囲気やお料理がバッチリです

 美味しいランチの後はこれまたずっと行きたかった尼崎にある『ばーでぃ’ずcafe』さんへラファママにお願いして連れて行ってもらいました。
IMG_9895_convert_20171222211915.jpg
こちらではボストンテリアのシャンク君が店長を務めています。カフェだけでなく、可愛いグッズも一杯。お店の横にはウッドチップが敷き詰められたミニドッグランもあります。お店の中にはシャンク君のお部屋もあり、シャンクパパの愛情を感じました。

シャンクパパのインスタグラムはこちら

 ハリロンママも忙しい中、ハリー君とロン君を連れて駆けつけて下さいました。今はもう時季外れになってしまいましたが、皆で素敵なハロウィンのフォトスペースで記念撮影。みんな、思い々のポーズだね
IMG_9909_convert_20171222212241.jpg

ラファママによる『ばーでぃ’ずcafe』レポはこちら。お写真一杯。

 C恵ちゃん、ハリロンママ、シャンクパパ、皆さんのおかげで素敵な旅の思い出がまた一つ増えました。有難うございました。

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると励みになります
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村






パピー | Comments(0) | Trackbacks(-)

どうぶつ眼科専門クリニックの後は淡路島へGO !!

 どうぶつ眼科専門クリニックで診断を受けた後はお楽しみの淡路島へ。といってもいつも長距離を頑張って運転してくれるのはヤンチの盟友ラファのママ、C恵ちゃん。いつも本当に有難うございます。

 明石海峡大橋をビュンっと渡ってまず訪れたのは『渦の道』。大鳴門橋の下に作られた遊歩道で渦上45mからうずしおを見ることが出来ます。但し、うずしおのベストタイムに行かないとうずがあまり出来ていないので「うずしおを見た!」という気にはなれないかもしれません。ワンコはカート内なら一緒に遊歩道を楽しめます。

DSC0E6130_convert_20171221132047.jpg

DSC0E6205_convert_20171221132451.jpg
渦ないじゃん、だね~的な二匹

IMG_9725_convert_20171221132833.jpg
鳴門金時ソフト。美味しかった

ラファママによる『渦の道』レポはこちら

DSC06253_convert_20171221132728.jpg

 今いま歩いてきた大鳴門橋を眺めながら、C恵ちゃんお勧めの徳島ラーメンを食べ、サンセットクルーズの時間が押していたので慌てて今日の宿泊地ホテルアナガへ

 ホテル到着後、ヤンチとラファにはお留守番をしてもらい、30分間のサンセットクルーズへ。天気が悪かったので夕陽は無理かなと思っていましたが、少しだけでも見れ、良かった~。流石晴れ女二人のパワーだわ

船の上でおっとっと、おっとっととフラフラ揺られ、iPhoneを落とすんじゃないかと心配しながらも頑張って渦を写した二人。
IMG_9740_convert_20171221134657.jpg

IMG_9766_convert_20171221134805.jpg
橋の上から眺めるのも面白いですが、やはり渦の迫力は間近で体験しないと分からないと思います。

うずのメカニズムはこちら👇を見てね
IMG_2685_convert_20171221145557.jpg

IMG_9777_convert_20171221134915.jpg
今回のクルーズでお世話になった「ヘリオス」号。元々はホテル所有のクルーザーでうずしお観光に行く予定でしたが直前に故障、急遽ホテルが手配して下さいました。本来26人乗りのクルーザーにたった二人で乗船させて頂き贅沢な時間を過ごさせて頂きました。

ラファママによる『サンセットクルージング』のレポはこちら

 クルージング後、ホテルに戻ったらまだ日があったので、お待ちかねの二匹をドッグランで遊ばせることに。今日一日で二匹が一番喜んだ時間。そりゃそうだよね~。
IMG_9781_convert_20171221141846.jpg
走る、走る
DSC0E6417_convert_20171221141759.jpg
ストレス発散出来てよかったね、ヤンチ

 某大企業の保養施設も兼ねているホテルアナガにはドギー・ヴィラが三棟あります。私たちは今回その中で一番広いスペースの317号室でお世話になりました。二部屋続きでお手洗いも二つあり、なかなか快適。ワンコ用アメニティも充実しています。外観は地味ですが、少し小高い場所にあるのでどの窓からも大鳴門橋を眺めることが出来ます。

IMG_9814_convert_20171221143321.jpg
外観、地味~

夕食はこの時期ならではの金鱧会席を頂きました。

ラファママによる『ホテルアナガ』レポはこちら

IMG_9802_convert_20171221143216.jpg
次の日に続きます。おやすみなさい。

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると励みになります
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村










パピー | Comments(0) | Trackbacks(-)

ViViのこと、そして毎年のアイチェックの勧め

IMG_3839_convert_20171217185411.jpg

 半年以上経ち、気持ちも落ち着いたのでViViさんのその後をお話したいと思います。我が家の初『自家繁殖犬』であり、アメリカチャンピオングランドチャンピオンを完成したViViさん。本来なら今年中に日本に来る予定でした。しかし残念なことに今年の四月に受けたアイチェックで白内障を発症していることが分かり(まだ三歳の若さですから若年性白内障です)、日本に連れて来ることを断念しました。

 彼女自身、そして彼女の両親犬も共に現時点で若年性白内障を引き起こす遺伝子として唯一特定されているHSF4変異遺伝子についてはクリアー(非保有犬)ですので、これは別の原因による若年性白内障です。去年までは全く問題なく検査にパスしていたのに。さぁ、これから我が家のファンデーションの一匹として次のステップへと期待していた分、ショックも大きく、本当に心が折れました。

 この白内障が一気に進むものなのか、長い年月をかけて緩やかに進んでいくものなのか今の時点では分かりません。一気に進むものでないのなら交配に使っても良いのではと思われる方もいらっしゃると思いますが、それを許してしまったら私が目指してきた『心身ともに健全な犬を作りたい』という目標が根底から崩れてしまいますし、負の連鎖を断ち切ることも不可能になります。「せっかくグランドチャンピオンまでしたのに勿体ない」という声もありましたが、グランドチャンピオンであろうが、チャンピオンであろうが、健全性に問題が見つかったら繁殖プログラムから外す。当たり前のことだと思います。そしてそれ以前に交配・繁殖させる予定の犬の健全性に問題がないかの検査をすることも繁殖にたずさわるものとして当たり前のことだと思います。この場合の「予定の犬」とは両親共という意味です。片方だけの健全性が保証されていても意味はありません。

 若年性白内障の遺伝子検査を一度され、クリアーだと、うちの子は若年性白内障を引き起こす遺伝子を持っていないから若年性白内障にはならないし、白内障の問題のある子犬も生み出さないと思われている方もいらっしゃると思いますが、もしそれが本当ならViViが若年性白内障を発症することはなかったはずです。前述したように今特定されているのは若年性白内障を引き起こす変異遺伝子の一つ、HSF4変異遺伝子のみです。それ以外の変異遺伝子は見つかっていませんし、原因も特定出来ていません。 
 ボストンテリアには若年性/老年性白内障以外にも様々な眼の疾患があります。『ボストンテリアは目で語る』と言われるくらい、まぁるく、大きな目が魅力の犬種です。その目を守るためにも是非ご愛犬の目を一年に一度眼科専門医で問題がないか検査してあげて下さい。今年大丈夫だったから来年も大丈夫という保証はありません。私自身今回のViVIの一件で改めて『一年で状況が変わることがある』と改めて実感させられましたし、OFAがアイチェックに関しては一年しか結果の有効性を承認しない意味も良く分かりました。

『検査をすることで問題をあぶり出すのではなく、検査をしないことで起こる不幸を防ぐことです。』

 残念ながら日本に連れてくることが出来なかったViViですが、避妊後、優しい家族の一員として迎えられ、『マギー』という名前でカリフォルニアライフを満喫しています。
IMG_8423_convert_20171218023158.jpg

PART_1504_convert_20171218023127.jpeg
良かったね、マギー(ViVi)。幸せに。

ViViのOFA記録➡こちら

Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると励みになります
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

どうぶつ眼科専門クリニックに行ってきました

 既に二ヶ月も前の事ですが、10月の17日に大阪の『どうぶつ眼科専門クリニック』にOFA登録の為の検診を受けに行って来ました(OFAとは何か、何故私がOFA登録にこだわるのかはこちらの記事をご覧ください)。

IMG_9680_convert_20171216012604.jpg

チョッとドキドキ、ヤンキーさん
IMG_9682_convert_20171216012824.jpg

今回は再診ということで初めから院長先生による診察でした。
IMG_9684_-_繧ウ繝斐・_convert_20171216013357

涙の分泌量が気になっていたのですが正常値でした。
IMG_9686_convert_20171216013437.jpg

水晶体亜脱臼の状態も、以前から右目に鎮座している硝子体の状態も変わりなしでホッ 眼圧が右:16 mmHg左:14 mmHgで前回より上がっているのは気になりましたが、一応正常値の範囲ということでこちらも一安心でしたが、眼圧を抑える点眼液の影響でどうしても眼球の表面が荒れているそうです。
IMG_9687_convert_20171216013531.jpg
白くモヤッとしている部分が荒れている表面です。

その状態を緩和するために一日の最後に点して下さいと勧められたのがソフトサンティア。
IMG_9690_convert_20171217134159.jpg
これで一日の点眼薬を洗い流して下さいということのようです。

 一通りの検査後、先日の麦粒腫のことをお話したら、先生が赤外線を当てて、マイボーム腺の状態をチェックして下さいました。
IMG_9805_-_繧ウ繝斐・_(2)_convert_20171216013608

マイボーム腺
IMG_9808_convert_20171216013649.jpg
この写真を見た時にヒラメの縁側を思い浮かべたのは私だけでしょうか?笑

 マイボーム腺は瞼の縁にある腺で、涙液の油成分を分泌することで涙液の蒸発を防ぐ役割をしています。この腺が詰まったり、細菌に感染すると涙液の油成分が溜まり炎症を起こします。それが『マイボーム腺炎』で、マイボーム腺に細菌が感染して急性炎症を起こしたものが『麦粒腫(ものもらい)』、マイボーム腺が詰まって慢性的に炎症を起こしたものを『霰粒腫』というそうです。先生が差し示してらっしゃるところがマイボーム腺が機能低下を起こしかけている部分で、酷くなるとマイボーム腺が減少してマイボーム腺機能不全(Meibomian Gland Dysfunction, MGD)という診断名がつきます。
dab14ef9_convert_20171217030134.jpg
上の写真と比べるとマイボーム腺がぼやけているのが分かりますか?(写真はお友達からお借りしました)

 油成分の詰まりを防ぐ為に勧められたのが『温罨法』。目の周辺を温めることで油成分の詰まりを緩和し、血行を良くします。やり方は至って簡単。

あずきのチカラ』で目の周辺を5分程温めます(ホットタオルは冷えるのが速いのでお勧めしないそうです)。その後、両目の上下瞼を優しくマッサージします(15回~30回ほど瞼を開閉します。瞼を開閉することで油成分が分泌されるそうです。但し、ヤンチのように水晶体亜脱臼のある子は気をつけて行って下さい)。これを一日2セットやると良いそうです。

ということでサボり気味ですが、ヤンチさんもあずきのチカラで予防中
IMG_E2420_convert_20171216013756.jpg
ブゥブゥ文句を言いながらも乗せていてくれてます。

今回OFAに提出する診断結果がこちら。
IMG_2570_convert_20171216020852.jpg
ヤンキーの場合、水晶体亜脱臼を起こしていますし老年性白内障も始まっているので、OFAナンバーは頂けませんが記録は半永久的に残ります。OFAに残る記録は後々の繁殖計画にとってとても意義のあるものですから、ブリーダーと言われる方々や交配・繁殖を行っている方達には交配・繁殖前に愛犬にせめて必要最低限の検査を行い、結果を登録して頂きたいと思います。

ヤンキーのOFA記録➡こちら

『検査をすることで問題をあぶり出すのではなく、検査をしないことで起こる不幸を防ぐことです。』


Banner1.jpg
Bellecrest Boston Terriers

クリックして頂けると励みになります
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村






プロフィール

luvluvbostons

Author:luvluvbostons
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ